« 武相荘(ぶあいそう)#4 | トップページ | 本のなかみ »

私の部屋は汚かった

090827

今でこそ「ふーこさんちみたくキレイにしたいんです」なんて、メールをいただいただいちゃったりしてるのだけど、実はティーンエイジャーの頃の私の部屋は、足の踏み場もなかった。ズバリ「汚い部屋」。
あの頃の私の友人なら口をそろえてそう言うだろう(って、自慢できる話じゃないか)

昔ほどではないけれど、女子の部屋が汚いのは重罪、男子の部屋が汚いぶんには軽犯罪みたいな感が世間にはあるような気がする。
とはいえ、女子だって、10代の頃は学校に部活に遊びに毛抜きに忙しくって、なかなか部屋の掃除まで出来ない(←自己体験にもとづく)
働き出したらさらに忙しい。化粧してヘアスタイリングして残業して習い事してデートして毛抜きして…(←20代の頃はすでに結婚していたので想像)

だからといって、開き直れというコトでも、あきらめろというコトでもなくってね、彼氏がくるなんてときに、あわてて部屋にあふれたモノをなんとか押し込み、その場を取り繕うとする気持ちは大事(彼氏じゃなくても姑が急にくるというシチュエーションで想像していただいても可)

「部屋、片付けたーい!」というアセリや、「片付けなくちゃなぁ…」という後ろめたさって、すごく大事です。
そう思い続けていれば、あるとき、すべきことの優先順位の上位に「部屋をきれいにする」がはいってくると思うのですよ。なんたって私がそうだったもん(←経験者談に勝るものはないはず)

掃除や片づけは技術。感性ではなく技術。
訓練とか要領とかで、改善される余地のある分野だと私は思ってます。

それにしても、それらのノウハウこそがあふれんばかりの情報量で、収納本買いすぎて部屋に積んどいて片付かないなんてこと、ありえないコトじゃない。
なによりも、あふれたモノを片づけるために収納ボックスや家具を増やすことこそが、片付かない最大の原因だと思うんだけどなー

さて、現在の私。
「モノが増やせない=ちらかってみえない」というだけで、決して、掃除が行き届いているわけじゃないのだけれど、かつて、ゴミ溜のような部屋で生活していたとは誰も想像していなようなので、書いてみたくなちゃった★

|

« 武相荘(ぶあいそう)#4 | トップページ | 本のなかみ »

コメント

またくすくす笑いながら読んでました♪
(どんだけ毛〜抜いてるのってね)

whokoさんて「捨てフェチ」っておっしゃってましたよね?
それについての記述ってありますか?
なかったら記述して〜!(笑)

投稿: てんこ | 2009.08.27 19:49

再びWHOKOさんには似つかわしくない話題
どんだけ毛抜いてたの~?ではなく
WHOKOさんが汚部屋だったとは想像出来ません。
捨てる技術買わない技術片付ける技術
見習いたい次第です。是非御伝授下さい。

投稿: こうぷ | 2009.08.27 21:38

同じくwhokoさんの汚部屋・・・想像つきません~(@_@;)
片付けなきゃっていう後ろめたさは常に持ち続けているんだけど、キモチだけで(-_-;)
是非、whokoさんの技術を伝授していただきたいっ!!
捨てフェチの技術?もしくは、転機となったきっかけみたいなものってありますか???

投稿: KEY | 2009.08.27 23:18

* !!!!!「捨てフェチ」
確かに「おっしゃって」おられました(≧∇≦)
実は捨てられない症候群だった私は、ふうこさんのその一言で『あ!そうか』と、憑き物が落ちたようにバンバン捨てさせていただきました~(単純)ヽ(´▽`)/
今では家の中も結構スッキリ!
そんでもって頭の中は次に処分するものを物色中で~す(深謝)

追伸:「私のこのごろ」出版おめでとうございます*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・
もうそろそろこちらの本屋さんの店頭にも並ぶ頃なので、行ってきま~す(楽しみ楽しみルンルン)

投稿: ドラの母momo | 2009.08.28 08:31

ほんと、毛抜きって時間かかりますよね(笑)
わたしはそれから解放されたくて今は脱毛サロンに
通い中ですw
みなさん片付けが苦手な中、私は育った環境が
良かったのか片付け魔でしたw
姉と同じ部屋だったのですが、あんまり片付けないので
姉の物を一式ゴミ袋に入れて部屋の隅に放置しておいた
そのゴミ袋から使うものだけ出していた姉・・・
そんな環境です(笑)

投稿: みきにゃ | 2009.08.28 13:45

■てんこさん!
はい。どんだけ抜いてたんでしょう私(笑)

>捨てフェチの記述

過去に書いたのですが、きっと大したこと書いてないと思います(笑)
ただ、捨てる爽快感というか、もたない開放感が「捨てフェチズム」の真髄です。なんちって(笑)

■こうぷさん!
「ふうこの汚部屋」…想像つきません?(笑)

>捨てる技術買わない技術片付ける技術

↑本のタイトルになりそうですね(笑)
伝授するような素晴らしいものは持ち合わせていないんですが、なくても生活できるんだなー的なゆるさでやっているように思います^^

■KEYさん!

>捨てフェチの技術

「モノに執着しないワタシってカッコイイ」と自分を酔わせることです(笑)

>転機となったきっかけみたいなものってありますか???

海外旅行から帰ってきたとき、留守番の夫が、リビングの塗り替えをしていたのです。
ペンキがつかないよう、こまごましたものはすべて別室に追いやられた様子は、すっきりして、滞在していたホテルより気持ちよかったんですよ。
たぶん、そのあたりから、モノはないぐらいのほうが落ち着くと思い、そのほうが掃除も楽ということに気づいたのがきっかけだったと思います。

■momoさん!

>頭の中は次に処分するものを物色中で~す

ふふふ~次に処分されるは「夫」ってことはないですよね?(笑)

本、書店でみかけたら、ぜひぜひ手にとって紙の質感やら印刷の雰囲気などお楽しみください!

■みきにゃさん!

脱毛サロンにいかなかったのに、いつのまにかムダ毛がなくなった私です。なんか、夏場は毎晩毛抜きで寝不足だった青春時代でした(笑)

>そのゴミ袋から使うものだけ出していた姉・・・

素晴らしい!そういう手があったのですね。
ちなみにゴミ袋はひとつで間に合ったのでしょうか?^^

投稿: whoko | 2009.08.28 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の部屋は汚かった:

« 武相荘(ぶあいそう)#4 | トップページ | 本のなかみ »