« ちらり。 | トップページ | 武相荘(ぶあいそう)#2 »

武相荘(ぶあいそう)#1

080918s1

旧白洲邸 武相荘(ぶあいそう)は白洲次郎氏が武蔵と相模の境にあるということで名付けたそうだ。もちろん「無愛想」という音の響きにもかけているのだろう。
白洲次郎・正子夫妻をご存じの方は少なくないと思うので、おふたりの説明は省かせていただくとして、夏季休暇中に訪ねたそこは、期待を裏切らない場所だった。
新宿から小田急線に乗り30分程の鶴川駅から徒歩15分程度。
大きな道路からユニクロの角を曲がり、今風の住居が立ち並ぶ坂を上がると、私がまだ生まれる前の時代の写真で見たような風景に。

受付と休憩所の向こうの長屋門わきで目についたのが、上の写真の「しんぶん」「〒」と書かれた板。近づいてみるとなんと「うす」をポストに!
センスと愛嬌が共存したこのポストを見たときから、ああ、ここへ来てよかった!と心から思った。

080918s2
磨かれた美意識、数々の生活を楽しんだ形跡。撮ってきた写真で少しづつご紹介していたいと思います☆

|

« ちらり。 | トップページ | 武相荘(ぶあいそう)#2 »

コメント

まーとにかく本を見てからコメントします。

待ちに待ったZARDのグッズが届いて上機嫌です。

また、箱から開けてませんが、、、

嫌ってほど本を作っているので本と聞くと「取材、撮影」かとはらはらします。僕たちの会社は、取材から撮影まで全てこなし、製本と印刷だけは他社に頼んでます。
画像が投稿出来ればお見せしたいのですが・・・

でわでわ

投稿: koizumi | 2009.08.18 20:02

ここで一句!

◆ 親愛込めて送るメールに返信来ない

  そんなあなたは 無愛想

投稿: koizumi | 2009.08.18 20:57

お写真みると期待感が高まります。
WHOKOさんのブログをみて武相荘にいってみようと
おもったのですが、今月末まで夏休みにはいっていて
ちょっと残念です。
9月なったら行ってみるつもりです。
あとNHKでも2回でとぎれていた白州次郎のドラマを
9月下旬に放送するのでそちらもちょっと楽しみです。

投稿: SARAN | 2009.08.18 21:06

■koizumiさん
本を作る仕事はたいへんでしょうがやりがいもあるのでしょうね。

■SARANさん
17日から今月いっぱいはお休みのようですね。
初秋の武相荘も素敵かと思います☆

>あとNHKでも2回でとぎれていた白州次郎のドラマを
9月下旬に放送するのでそちらもちょっと楽しみです

はい!私も楽しみなんです~!
2回目で延期になったときはビックリ&がっかりしただけに期待が高まります^^

投稿: whoko | 2009.08.19 10:06

うすのポストに付けた看板は白須次郎さんがお作りになったとか?私なんにも知らなくてだめですね!
でもwikiでちょっとだけお勉強してきました(;^_^A
whokoさんのPhoto&Reportを楽しみにしていますね♪

投稿: てんこ | 2009.08.19 14:10

■てんこさん!
ああよかった。ポスト(郵便受け・新聞受け)で間違ってなかったんですね。
実は、見たとき、ポストだと直感したものの、記事にしてから、もしかしたら私の思いこみかも…と思っちゃって(笑)
私も遅ればせながらwikipediaで再確認。次郎氏手作りの新聞受けとの記述をみつけ、ほっとしました(笑)

投稿: whoko | 2009.08.19 14:46

>次郎氏手作りの新聞受けとの記述、、、
あら@@; 読み落としましたm(__)m
ところで文章も「敲く」のですよね〜!面白いね♪

投稿: てんこ | 2009.08.19 15:14

■てんこさん
この敲く(たたく)は初めて知りました。
推敲ということですかね?文を練ったりするのは、たしかに、たたくと表現できそうだわ。うん。

投稿: whoko | 2009.08.20 10:38

友達と3人で来た事があります◎
予約制のお弁当を食べて幸せでした。

素敵な場所ですよね。
色々な感覚を刺激してくれる場所だったので
また行きたいです。

投稿: メグミ | 2009.08.20 18:33

■メグミさん こんにちは~

予約制のお弁当召し上がったのですね!
献立や味はもちろん、器なども素敵だったんだろうな~
私も次回はお食事も楽しみたいです♪
 

投稿: whoko | 2009.08.21 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武相荘(ぶあいそう)#1:

« ちらり。 | トップページ | 武相荘(ぶあいそう)#2 »