« 数字の終わりまで | トップページ | スター・トレック »

事の重大さが認識できない

090520
去年の今頃だったら知らなかったパンデミックという言葉。
インフルエンザってこんなに警戒が必要なんだ。
世界的にあんだけ重要視してる問題なのに、正直どうにもピンとこない。
警戒心を抱けない自分は社会人として失格?と感じてしまう空気のほうが、インフルエンザウィルスが飛散する可能性のある空気中より、今のところ怖さは上だ。

今は認知の時期なんだろうな。数年後には、インフルエンザ流行イコール外出も渡航も禁止が、一般常識になっているのかもしれない。

|

« 数字の終わりまで | トップページ | スター・トレック »

コメント

「かくして○○は蔓延した」っていう映画がありましたが、どこかでそういうことが起こったのでしょうね。なんかすごく怖いですね。家で待機していなくてはいけない若者たちが繁華街に大勢出て行ってるらしいですよ。とりあえず、どんな風になっていくのかよく見ておかなくちゃ、だわね!

投稿: てんこ | 2009.05.20 15:24

ごめんなさい。正直私も警戒心少ないです。
主人は関西に出張に行きましたし(コンピューター会社ですが、こちら地元のパナソニックの方は出張禁止命令が出て家族まで毎朝検温だそうです)マスクはしていきましたが・・
(ちなみにここ砺波市のドラッグストアでもマスク売り切れだそうで、ちょっと、ビックリ)

だけど、これだけ広がると、普通のインフルエンザになってしまうような気がします。

あら、また警戒心少なすぎ、危ない私ですね。

投稿: ひろりん | 2009.05.20 17:51

「感染列島」とかウイルス系のパニック映画がよぎります…主人が好きでそんなんばっかり見せられるからかな?
鹿児島ですらマスク売り切れですよ
親戚とかに送ってあげる方が大量に買われるみたいです…。私は、この騒動に持病があるのでちょっとドキドキです
PS:先日のお返事「いじらしい」との言葉が嬉しかったです。可哀相的に思われてたら母がそれこそ可哀相なんで…。
さすがwhokoさん心情を察してくれてサンキュ~です

投稿: つんちゃん | 2009.05.20 18:24

「良かった。」と言うのが、
今日のwhokoさんの日記を読んでの感想。

そうなんです。私も警戒心が湧きません。
むしろ、社会がざわめいているこの状況を
脇から、冷めて目で見ている自分が居ます。

日本の対応と、欧米の対応の違いなどを
新聞などで見るにつけ、果たしてどちらがいいのか・・・。
と思います。

とか、言ってる本人のところに敵はやって
来たりして・・・。

投稿: kotokoto | 2009.05.21 10:11

■てんこさん!

>とりあえず、どんな風になっていくのかよく見ておかなくちゃ、だわね!

はい。そうですね。
これを期に、今までとは違った価値観が一般化するのかもしれません。どんなふうになっていくのかしらね~

■ひろりんさん!

学校でも職場でも、対応に追われているようですね。
全部ではないけれど、後ろ指さされないための対応のように思えてしまいます。仕方ないことだとは思いますが。

個人的には、もし身近に感染者がいたら、もうちっと深刻にうけとめ、危機感ももてるようになるのかもしれませんが、実感がないときは難しいですね~

■つんちゃん!

うんうん。マスク、どこもかしこも品切れのようですね!
(私は顔がよく腫れるので、眼帯とマスクは常備品。。。)
持病のある方とかは、うんうん、重症になる確率が高いようですから心配ですね。

p.sコチラこそ、心に届くエピソードをありがとうございました

■kotokotoさん!

実感がなくとも、いや、ないからこそ、危機としてとらえなさいと警告しているのでしょうが、なかなか難しいですよね。

>とか、言ってる本人のところに敵はやって来たりたりして・・・。

うん。敵に侵入されて、やっと抱く危機感かもしれません。
とりあえず、予防だけは心がけましょう

投稿: whoko | 2009.05.21 16:14

whokoさま初めまして。

アメリカのサンディエゴ(メキシコのすぐ隣)に住んでますが、こっちはマスクしてる人は全然いません。
メキシコ人とも普通に話しますが、、、みんな(私を含めて)警戒心ゼロです。
一応手洗い、うがいはやってます。
インフルエンザは湿度や気温が低い状態で活動しやすいので、これからは南半球で流行するんじゃないかってニュースで読みましたが、、、。

早く終息するといいですね。

投稿: いもあん | 2009.05.24 00:53

■いもあんさん

はじめまして。サンディエゴにお住まいなんですか☆
東京はマスクしている人、少ないと思います。
先週末、人がたくさん集まる試写会開場に行きましたが、マスク率は低く、警戒心は感じられなかったです。
いや。たぶん、危機感がある方は、最初からこないですよね(笑)

投稿: whoko | 2009.05.25 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事の重大さが認識できない:

« 数字の終わりまで | トップページ | スター・トレック »