« 買い替え | トップページ | アンダーワールド ビギンズ »

ワルキューレ

090305

昨晩行ってきた試写会は「ワルキューレ

第二次世界大戦下のドイツ。トム・クルーズ演じる将校・シュタウフェンベルク大佐は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。
ヒトラーが、この暗殺計画によって死ななかったことを、私たちは歴史的に知っているわけですが、同じドイツ国民でありながら、ヒトラーやナチに反発し、自分の信念を貫こうとした人々の側から描かれています。

はじめは、ドイツが舞台なのに英語っていうのが正直違和感ありましたが、ま、ラストサムライやさゆりも英語だもんね。
すぐに違和感はなくなりました。そんなことを吹き飛ばす役者陣の演技力が本当に素晴しかった!

また、その素晴しい役者陣・ほぼ男子ばかりの出演者の中で、シュタウフェンベルク大佐の妻を演じた女優さんの演技も素晴しい。目や腕や指を失った夫を愛しく抱擁する様や、危険が及ぶのを承知で夫を信じ、夫が信じた道を歩ませるときの苦悩。ほんと、心をうたれました。

そして何よりもトムクルーズ。
トップガンやレインマンにミッション・イン・ポッシブルで見せたチャーミングな笑顔、アイドル的なスターといった印象とは打って変わった渋い演技にびっくり!
トム、大人になったねー。本当にいい役者になったねー。と思いましたもん!(笑)

ちなみにタイトルの「ワルキューレ」は作戦名で、劇中、ワーグナーの楽曲ワルキューレを聞き、作戦を思いつくシーンもあります。有名な曲ですが、タイトルと曲名が一致しない方ははコチラをどうぞ

3月20日より公開だそうです☆

|

« 買い替え | トップページ | アンダーワールド ビギンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワルキューレ:

« 買い替え | トップページ | アンダーワールド ビギンズ »