« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

いちごミルフィーユパフェ

090330ministop
ふらりと入ったコンビニで瞬間お買上げ。
298円というお値段も嬉しいけど、197カロリーというのも嬉しい。
ミニストップ いちごミルフィーユパフェ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トワイライト

Gallery_ph03

転校先の美しい男子は実はヴァンパイヤだった・・・人間とヴァンパイヤの禁断のラブストーリ・・・という映画の試写会「トワイライト 初恋」が当たりまして(尾骨を骨折してるとも知らずに)行ってきました。

美少年がワタシ的に好みではなかった。となると、もう致命的でしょ。こういうストーリーの場合は・・・というか、オトナになってから観るには辛いくらいの突っ込みどころ満載ストーリーに、笑っちゃってもいいですか?という気分になってしまった。
せっかくの試写会なのにイイコト書けなくてすみません。。
好きな人には、はまる映画だと思います。なんか終り方からして、続編もアリそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもアリガトウ

090329e2
セールでたくさんの靴やバッグを買ってきた娘が、「はい。ママにもプレゼント~」と、ラルフのエプロンをプレゼントしてくれた。
記念日でもなんでもなくても、ときどき、こういうことをしてくれる。

090329e1
嬉しいから着用して写真を撮った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

でも心は折れていない

090327
月曜日の朝、自宅の階段ですべってね、お尻で2段ほどバウンド。
そりゃー痛かったのだけど、打撲だろうと自己診断。
年度末で仕事を休みづらいということもあったのよ。
歩けるしね。階段や坂を上るとき、椅子から立ち上がるとき、ものすごく痛いんだけど、2.3日すれば治まるだろうと思っていたの。
ほら、あたし、けっこう痛みに強いほうだから。。

でも数日たっても痛みは消えない。よくなった気もしない。
5日目の今日、やっと、お医者に行き、レントゲン。
そしたらね、尾骨骨折だった。尾骨の先っぽがしっかり折れていてズレている。
レントゲン写真を見ながら、こりゃー痛いはずだよなーと、お医者さんも看護士さんも私もなっとくの同意。

場所的にほおっておくしかないんだって。
ひと月しても痛みがひかなければ手術の場合もあるけど、ま、たいていは自然治癒だそうで。

骨折初体験。でも心は折れていないからね★

| | コメント (6) | トラックバック (0)

レボリューションには程遠い

090326
10年以上ぶりの内視鏡検査…胃カメラをしてきました。
昔のソレと比較したら、どんだけ小さくなってラクになっただろうと期待し、何の不安も抱かずに余裕で検診場所へ到着。
が、しかし。その余裕が見事にふっとぶ体験となってしまったのでした。

まず、喉の麻酔からしてダメだった。
一口サイズの凍っているアイスキャンディタイプを舐めて溶かすんだけどね、ものすごく苦ーーーい!この時点で、早くも「おぇっ!!!」、苦さでえづいちゃうだもん。
で、麻酔が効いてくると、唾液が飲み込みづらくなるもんだから、さらに、ぐぇ!!!ぐ・・・ぅえ!!!…まだ胃カメラ前だっていうのに、もう目から涙がぼとぼと。。。

そして、マウスピースを噛まされ、ついに胃カメラ挿入。されたとたん、ぐ・・・ぅえ!!!…えっ?!えっ!!!ぐぇぇえええええーーーー!!!
看護士さんに「一番狭いところを通過したらラクになるからね」「はい、鼻で呼吸して!口から吐いてぇ」と言われ、試みるも、まったくダメ。
ぐぅえっ!!!ぐぇぇえええええーーーとえづき過ぎ、マウスピースが飛んじゃったら、顔にテープで固定されちゃったよ。
身体を身動きできないよう押さえこまれ、背中をさすられ、「がんばって、もう少し」、とか言われると、なんだか分娩台にいるかのように錯覚しちゃった。
出産と痛みの種類はまったく違うのだけど、苦しくて息が出来ず、頭が真っ白になっちゃうあたりがお産の辛さに似ていて。。。終ってからもしばしぼーゼン。「大丈夫ですか?」の声が、ほんとに遠くから聞こえてくるアノ感じ。しばらく返事も出来なかった。

医療行為においての自分を客観的にみて、ワタシ、そんなに弱いほうじゃないと思うのですよ。痛い治療とか、けっこう我慢できるほうかと思っていたのですけどねー。。。
胃カメラはダメでした。痛いというより苦しいのが辛い。先端技術を駆使したはずの胃カメラなんですけどねぇ。。。レボリューションには程遠いと思った出来事でした。
もしかしたら、いくら胃カメラが進化しても、ワタシのカラダは進化できないからなのかな?ともかく、二度と胃カメラをしないよう胃を鍛えよう!(いったいどうやって?)

さて、なんだか予想外のショッキング体験だったせいか、またも当たった試写会(何度目だ?)に行って来たこととか、英会話設定し直し計画とか、階段から落ちたこととか、書きたいことはいっぱいあるのだけど、うまくまとまらないので今日はこれにて☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

相撲モチーフ

090324

相撲モチーフのこのお皿、いまだ健在。以前、サイトのほうで書いたことがあるのですが、ずいぶん昔に近所の教会のバザーで手に入れものです。
裏には「井筒」とあるので、井筒部屋関連のお皿?…といっても、お相撲にまったく詳しくないので、ネットで「相撲」「井筒」と検索した末の結論ですが。
由来はともかく、教会で相撲モチーフを見つけたことが可笑しくて、なんと10円で購入したのでした。

090324c
それからは、頻繁に普段使い。
お煮しめはもちろんのこと、焼きそばやいなり寿司、サラダや唐揚げなどなど、あらゆる料理に対応してもらい、かれこれ20年近くになります。

090324b
さすがは相撲柄。丈夫です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

けっきょく究極ナルシスト

090319
放置中の「100materials」のカウンターが5999***。もうすぐ600万だ。
ピーク時は1日に2500から3000アクセスだったと記憶しているが、今は、その何分の一だろう。といっても、アクセス解析がないので、正確なところは把握できていないけど。

ちなみに、ブログ「このごろ。」のほうは、今現在、1日のアクセス数は1300ちょっと。サイトのピーク時の約半分。
ココログは、解析機能が標準装備されているので、自然と目に入るため把握しているのだけど、正直、なくてもいいのにと思う機能なのよ、実は。
だって、ほら、アクセス数やBBSやコメントって、励みになるのは間違いないけど、振り回されやすいのも事実。
その昔は、サイトやブログを持たない人には想像できない感情だったろうけど、今なら、mixiやプロフなどで、この不思議な心理状態は、案外多くの人が経験済みかもね。

お天気に気持ちを左右されるがごとく、振り回されてしまう、あの感情。
なんかさ、今になれば、昔好きだった人のことを、なんで?どこがそんなに好きだったんだろう?と、本気で不思議がるのと似ている気がする…こういうのって、通過してみないことには、乗り越えられないんじゃないかな。器用の人ならともかく(笑)

さて、久しぶりに「こんなのできた」を見たんだけど、なんかすごく面白い!
いえ、あのね。書籍「100materials」出版の話が具体化された頃から、自分の中では完結しちゃったサイトだったので、あまり行かなくなっていたのですよ。
100円・100円っていう評価もほとほと嫌になっていたし。(って、どんな評価だ・笑)

で、かれこれ半年以上ぶりに見たんだけど、すっごい楽しんじゃった(笑)
面白い!面白いよ、このサイト!って、もう賞賛の嵐というか、自画自賛の洪水というか(笑)

以前ね、100materialsの一番のファンは自分だって、本気で思ってやっていたんだけど、今でもその気持ちは変わってなかった。
このナルシスト女と、ののしられようと、いやぁ、自分で楽しめるサイトを作った自分、一番のファンと言い切れるサイトがあるって、やっぱ嬉しいことですもん!(笑)

さてさて。冒頭に「放置中」と書いたけど、訂正。
もうアップロードの仕方を忘れちゃったのは事実だけど、やっぱ、あそこは「完結したサイト」なのです。
そして、100materialsに来て下さったたくさんの方々、サンキュです

| | コメント (12) | トラックバック (0)

これもオトナ買い?

090317a
今月になって買ったコレは、ミックスツイードのノーカラージャケット…ではなくて、ニットです。カーディガン感覚で、コートの下にも着れるので大変重宝しております。

実はすでに去年、色違いで同じタイプのものを買ってまして、この冬、かなりのヘビーローテーションでした。そして暖かくなってきた今日この頃、別のジャケットを捜していたのですが、結局また同じのを色違いで購入。

090317b
これまたヘビーローテーションアイテムのカーゴと週に3回は着ております。

090317c
ところで、色違いで同じカタチのものを一時に買うのはオトナ買いと言いますが、数ヶ月あけて買う場合はなんと言うのでしょうね?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

フロスト×ニクソン

0903015fn

先週末、観てきた「フロスト×ニクソン」の試写。
伝説のインタビュー番組の映画化。お金を払っても観ようと思っていた映画でしたが、期待通り素晴しかったです。

フロストというのは、コメディアン出身のワイドショーの司会者で陽気で社交的な愛され体質。しかし、その軽やかさ(というか軽薄さ)故に、ニュースや報道といったイメージはもたれていない。
が、彼のテレビ的嗅覚は天才的!圧倒的な視聴率がとれると、畑違いの政治家(ニクソン)へのインタビュー番組を企画する。
一方、ウォーターゲート事件で失脚した元大統領ニクソンは、政治の世界へ戻るため、フロストが企画してきたインタビューを利用しようとする。
フロストが相手なら主導権を握れる、クリーンなイメージをテレビを通して伝えようと、もくろむわけです。

そのインタビュー番組は、4日間におよび、資金繰りやら、質問内容の制約がある中で、狡猾ともいえる熟練者のニクソンに、甘いマスクだけが撮り得と思われているフロストが、切り込んでいくさまは、見ごたえあり、もう、ほんとドキドキしちゃいましたよ!

フロストとニクソンのバックグラウンドや、両者のチームのキャラクターも丁寧に描かれているし、なによりも主役のふたり、フロスト役のマイケル・シーン、ニクソン役のフランク・ランジェラ の演技が見事!3/28より公開だそうです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春色メニュー

090316a
わりとよく作るパンプキンサラダ。
最初の頃は、裏ごししたかぼちゃとクリームチーズというレシピだったのだけど、頻繁に作るようになると、家にあるものだけで作る自己流レシピになる。

週末に作ったのは、皮ごと茹でたかぼちゃを、熱いうちに粉チーズとスキムミルクを加え、まぜまぜしただけ。皮の緑が残るくらいのほうが春色っぽいかなーと、あえてクリーム状にはせず。

その日の他のメニューは、ゆでて冷水にさらした菜の花と炒めたハム(ホントはベーコンのほうがグッド)の和え物と、しょうが焼き。
しょうが焼きにはレタスより千切りキャベツだよね☆と、キャベツをきざみ、しょうがをおろす。ここまで準備し、おでかけ。帰ってきたらしょうが焼きを作るだけ。

090316d

余裕で食事の用意ができる休日だけは、料理が好きになれる。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

090121
またも試写会が当たってしまった!
「チェンジリング」が2月のはじめ、その後「ワルキューレ」「アンダーワールド ビギンズ」と当たり続け、そして、今朝、またも当選メール。
このひと月ちょっとの間に、4本も当選だよ!?
それも、お金払っても観に行きたい映画のひとつと、ちょっと前のブログに書いたやつ。

あたしって、こんなに強運だったっけ?いや、そんなことなかったから驚いてるんだけど(笑)。今まで当たったモノといったら年賀状の切手くらいだもん。
そもそも、熱心に応募するほうでもないだけに、こんだけ当たると、「もしや強運の持ち主?」とか思っちゃうのだよね。

人生「モテ期」があるように、今は「試写期」なのかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アンダーワールド ビギンズ

090307uw

先週、行ってきた試写会は「アンダーワールド ビギンズ
吸血鬼族(ヴァンパイヤ)と狼男族(ライカン)の時代を超えた戦いがテーマで、本作の前に「アンダーワールド」「アンダーワールド エボリューション」があるんですって。
「ですって」と書くくらいだから、アンダーワールドを観たのはコレが始めて。ホントは私の好きなタイプの映画ではないのだけれど、マイケル・シーンがライカン側のルシアンを演じるているということで興味を持ちました。
前の2作を知らなくとも楽しめましたよ☆(もっともR15、残虐なシーンもございます)

さて、何故、マイケル・シーンに興味をもったかといいますと、映画館でもうすぐ公開の「フロスト/ニクソン」の予告編を観てたからなのです。
マイケル・シーンはフロストを演じるのですが、「クイーン」では本物と見間違うほどのトニーブレアだったり、アマデウスも彼なんですね。
役者が役を演じるというのは当り前なのですが、演じる振り幅が大きい役者さんってスゴイなと思っちゃいます。

この「フロスト/ニクソン」と「スラムドッグ$ミリオネア」は、お金を払っても観に行きたいと思っているのです☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ワルキューレ

090305

昨晩行ってきた試写会は「ワルキューレ

第二次世界大戦下のドイツ。トム・クルーズ演じる将校・シュタウフェンベルク大佐は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。
ヒトラーが、この暗殺計画によって死ななかったことを、私たちは歴史的に知っているわけですが、同じドイツ国民でありながら、ヒトラーやナチに反発し、自分の信念を貫こうとした人々の側から描かれています。

はじめは、ドイツが舞台なのに英語っていうのが正直違和感ありましたが、ま、ラストサムライやさゆりも英語だもんね。
すぐに違和感はなくなりました。そんなことを吹き飛ばす役者陣の演技力が本当に素晴しかった!

また、その素晴しい役者陣・ほぼ男子ばかりの出演者の中で、シュタウフェンベルク大佐の妻を演じた女優さんの演技も素晴しい。目や腕や指を失った夫を愛しく抱擁する様や、危険が及ぶのを承知で夫を信じ、夫が信じた道を歩ませるときの苦悩。ほんと、心をうたれました。

そして何よりもトムクルーズ。
トップガンやレインマンにミッション・イン・ポッシブルで見せたチャーミングな笑顔、アイドル的なスターといった印象とは打って変わった渋い演技にびっくり!
トム、大人になったねー。本当にいい役者になったねー。と思いましたもん!(笑)

ちなみにタイトルの「ワルキューレ」は作戦名で、劇中、ワーグナーの楽曲ワルキューレを聞き、作戦を思いつくシーンもあります。有名な曲ですが、タイトルと曲名が一致しない方ははコチラをどうぞ

3月20日より公開だそうです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い替え

090301a
何度も書いておりますが、ウチの食器を入れるスペースはものすごく小さい。
60×60×30㎝位とサイズを書けばどんだけ小さいかおわかりになるでしょうか。
故に当然、必要最低限度の食器で暮らしているのだけど、そんな少ない食器でも、頻繁に使うもの使わないものと差が出てくるのが面白い。
ちなみに、ウチにはお客様用はなく、すべて、普段使い対応なのだから、使用頻度の低い食器というのは、使いづらいというか、ウチの食生活に合っていないモノだと判断できる。

なので、使わないものを処分し、使えそうな食器を買い足し。
もともと、少ない食器でのやりくりのため、意識的に白で揃えていたのだけど、今回は黒をチョイス。
大きいお皿はIKEAで。小さいほうは100円ショップで。

09030ba
冷凍たこやきだって美味しそうに見えると満足中です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確率

090304
去年、足を運んで観た映画13本(テレビやDVDは除く)のうち、当選した試写会なんと5本。
今年もすでに2本の試写会が当たっている(明日も試写会なのです☆)
試写会への応募は、ネットで応募のお知らせがあると申し込む。それも観たいと思うものだけだから、せいぜい月に1回とか2回だから、当選確率は高いほうかも☆

先週の大雨の日、職場へ向かう途中でヴィッキーさんをみかけた。
ズームイン30周年の特別記念番組中で流す、なつかしいワンポイント英会話の収録らしい。足を止めたかったけど、遅刻したらタイヘンと思い通り過ぎた。
生ヴィッキーさんに遭遇する確率はどのくらいなんだろう。

その数日前、職場の目の前のビルで殺人事件があった。
帰り支度をしているとき、ふと隣のビルの屋上を見ると報道陣がびっしり。
ヘリコプターが飛び交い、付近一帯は黄色いテープが張りめぐらされている中、歯医者に予約がはいっていたためダッシュで帰った。

後日、職場に刑事2人が聞き込みにきた。ドラマのように警察手帳をチラリとみせ、この人物を見たことあるかと写真も見せられた。
ドラマをお手本にするとしたら、心当たりがなければ「いいえ」と答えエンドだと思うのだけど、ウチの上司、喜々としちゃって刑事2人を招きいれた。顔に「大歓迎」ってかいてあるかんじだ(笑)
そのうえ、あたしに「お茶を出してさし上げて」と頼みにくるから、思わず、「え!聞き込みにお茶必要ですか?!」と言ってしまった。

事件に遭遇する確立より、刑事にお茶を出す確率のほうがたぶん低いと思う。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ひなまつり

090303w
娘が小さい頃は楽しんだ雛祭りも、ここ何年かはスルー。
「雛祭りが終ったらすぐに片付けなければいけない」という言い伝えがプレッシャー。
そんな言い伝えこそスルーしちゃえばいいのに、なぜかそのへんは小心者の自分が現れる(笑)

とはいえ、季節の行事を楽しむのは素敵なこと。
時間や心に余裕のないときこそ季節感を味わうアクションをおこす。
これがけっこう、ゆとりを見出すきっかけになってくれたりする。
桜餅を買って美味しいお茶を淹れるとか…私は特に春物の服を見るのがとても良い処方箋^^

写真は、丸い木に着色した人形。お雛様ではないけれど、気軽に飾ることができるので、今年はこれで雛祭り気分を演出。
片付けがラクチンなのもいいところ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口癖

090227
先週は腰痛週間かと思うほど腰が痛かった。
腰痛とは20代からのお付き合い。ここ数年はけっこう上手く付き合えるようになっていたのだけど、仕事の忙しさと風邪っぴきで、ちょっと痛さが強く出たみたい。

なんだか根がへタレのようで、腰が痛いとき、自分では意識していないのだけど「イタイ、イタイ」と言っちゃうらしい。
「大丈夫?」と言われてはじめて、自分が言ったことに気がつくから始末が悪い。
痛いと声に出して痛みが軽減するわけじゃなし、ましてや同情をかおうとしてるわけでもないのになぁ(ホントなのよ!)
なぜ言ってしまうんだろう?聞かされたほうは心配するしかないのだから困った口癖。

だから、たまに「イタ・・・いかなぁ~と思ったけど、そうでもない☆」と打ち消してみたり、「イタ・・・リアにいきたいなぁ」と出来の悪いオヤジギャクにしてみたり。

どうせなら、ポジテブな口癖を身につけたい今日この頃。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »