« 販売状況追加情報 | トップページ | ありあわせ*HALLOWEEN »

ところかわれば

0809tukiage
鹿児島といえば「さつまあげ」。ところかわれば「てんぷら」や「つきあげ」と呼ばれたりもする。
写真は姉のお義母さんの手作りのつきあげ(姉の家ではつきあげと言っていた)。新鮮な魚のすり身にしょうがが効き、少し甘めに仕上げている。
飛行機の待ち時間に空港で試食したのも美味しかったが、お義母さんmadeのコチラのほうが断然美味しかった☆

ところで、先月の初の鹿児島上陸(姉の家、初訪問)にあたり、姉からきたメールには「鹿児島のお醤油は甘いから、お醤油持参でくるように。」とあった。
同じ日本でも、ところかわればお醤油が違うんだと初めて知った。もっとも、鹿児島の甘口の刺身醤油で食べる新鮮なお刺身も、たいへんおいしゅうございました^^

さて、食べ物の「ところかわれば」は、外国人との会話でも感じることの多い話題。先日は、日本とアメリカのセブンイレブンの話から、おでん→こんにゃくへと話題が進んだ。
アメリカ人青年は、こんにゃくの食感がダメだぁと言っていた。うん、こんにゃくはねぇ、私は好きだけど、ところかわれば食べ物の食感とは認めらづらいモノかもしれない。

でも、こんにゃくゼリーなら好きだというので、ああ、それもわかるなぁ。。。あ!でも最近、販売中止になっちゃったよと言うと、ああ、事件があったからねぇと、なかなか日本の事情に精通している青い目の青年。
その後、彼に「なぜ餅は販売中止にならないのか」と聞かれ、答えられなかった。英語での会話だったからではなく、日本語で同じ質問をされても答えられない。なんせ、質問されて初めて疑問に思っことですもん。
うーん。。。ほんとにそれはなんでなんだろうね?

|

« 販売状況追加情報 | トップページ | ありあわせ*HALLOWEEN »

コメント

こんにゃくゼリーは中止になって、餅はならない…それはきっと食の歴史の長さの差でしょうね~。 餅はこんにゃくゼリーの何倍も窒息死の事故が多発しているけど、やっぱりもう何世代も前から食べられているものだけに、これを中止したら、日本の食文化や伝統までも否定することになってしまうからなんだと思いますよ。 こんにゃくゼリーもそのくらいの地位を築ければなくならなかったんだろうなぁ~。

投稿: おんじりん♪ | 2008.10.20 07:01

■ おんじりん♪ さん

おお!なるほど!!
「日本の食文化や伝統までも否定することに・・・」など、うなづけました。
お餅が食べれなくなったら、なんか困る気がするけど、こんんにゃくゼリーは、困った気がしない。。。というのが、私の餅とこんにゃくゼリーに対する困惑度。
平均的日本人の想いも、ほぼコレに近いと想像します。

スッキリなご回答、サンキュです

投稿: whoko | 2008.10.20 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ところかわれば:

« 販売状況追加情報 | トップページ | ありあわせ*HALLOWEEN »