« SATC | トップページ | 姉の家。私のお手本。 »

夏野菜

080819summervegetables1
オレンジのかぼちゃはハローウィンと深まる秋を連想させるけれど、私の中ではかぼちゃは深い緑で夏野菜との想いが強い。

小学生の頃、毎夏、泊まりに行っていた年の離れた姉の嫁いだ家の広い庭には、たくさんの樹木や植物があり、蝶が舞う。探検したり、絵を描いたりと、一日中あきることなく過せる場所だった。
中でも私の目をひいたのは、西側の窓の外に伸びる、たくましく美しい蔓と大きな葉。
日除けのために植えられたのであろうそれは、かぼちゃだった。
夏の日差しで、あっという間に大きな実が育ち、ますますその力強さを美しいと思った。

今では、その家も建て替えられ、その頃とはだいぶ違ってしまったけれど、先日久しぶりに遊びに行ったら、小母さん(姉の姑)が、裏庭で育てたというカボチャがあった。
「持って行くかい?重くてイヤだよね?」と気遣う小母さんは昔のまんまだ。

懐かしさがそのまま重さになったような、深い緑のずっしりした姿を写真におさめたら、ああ、やっぱし、日本の夏の野菜だなぁと思った。

080819summervegetables2

ところで、私の野菜好きは、子供の頃の夏の過し方で決まったのだと思う。
小母さんと小父さんが作ったとりたての野菜を姉が料理する。

今回も、とれたての野菜をふんだんに使ったたくさんの料理を姉が作ってくれた。といっても、食べるのに夢中で写真を撮ったのはこの二品だけ。

左は焼き茄子かと思いきや、ピューラーで皮をむいた茄子を電子レンジでチンしてから冷蔵庫で冷やしただけなんだって。
姉の作る焼き茄子が大好きで、暑い思いをし、一時間近くかけてじっくり焼き、熱いうちに皮をむくという、けっこう手間のかかる工程をずっと倣ってきたのに、姉はとっくに進化していた(笑)

右は骨付き鳥肉とトマトとパイナップルをお醤油ベースで煮たもの。この素材の組み合わも斬新。また新しい思い出が加わった今年の夏。

|

« SATC | トップページ | 姉の家。私のお手本。 »

コメント

お姉さまのお宅の食卓、器もステキですね~。
ワタシも、母の作る「ホントの」焼きナスが好きで、
でも、暑い上にコドモたちは食べないので作る機会が減っていたら、
最近は実家の母も「皮むいてレンジでチン式焼きナス」になっていました^^;。

投稿: つー | 2008.08.20 20:12

「姉はとっくに進化していた(笑)」

おもわず、吹き出してしまいました。
明日の晩御飯に、この技を使ってみます♪

投稿: matu | 2008.08.21 09:20

■つーさん、こんにちは♪
姉のうちの食器を褒めていただきありがとうございます。自分のことのように嬉しいです(笑)

うんうん、地味な料理なのに、手間隙かかる「ホントの」焼きナス、美味しいですよね!
あら!つーさんのおかあさんもレンジで?
ほほう、メジャーな調理法なのかもしれませんね(笑)

■matu さん、こんにちは♪
ふふふふ、まさに進化でしょ?
おいてきぼりにされた心境のワタシでした(笑)

なすは、新鮮なものだと、レンジ方式でも甘くて美味しかったですよん♪^^

投稿: whoko | 2008.08.22 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏野菜:

« SATC | トップページ | 姉の家。私のお手本。 »