« 嬉しくもくすぐったい。 | トップページ | 贅沢な緑 »

つぐない

0804tugunai

少女であるがゆえの潔癖さ。そして嫉妬。
少女のついた嘘はとりかえしのつかない不幸へとつながる。
一生背負い続けた罪の意識。タイトルのつぐないは、ラストで納得。
前半の美しい、お伽噺のような映像から、戦争の悲惨な映像へ変わる様も見事。
映画館で観てよかったと思える作品です。
原作であるイアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」を読んでみたいと思う。


|

« 嬉しくもくすぐったい。 | トップページ | 贅沢な緑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つぐない:

« 嬉しくもくすぐったい。 | トップページ | 贅沢な緑 »