« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

あえて裏の顔

080430
誰もが認めるipodのデザイン性の素晴しさ。表はもちろんのことだけれども、裏面のミラー仕様にアップルも、ものすごく好き。なので、あえて裏側を撮影。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

INFOCUS AWARD 2008

本日よりINFOCUS AWARD 2008が始まりました。
たくさんのイラストが出展されたweb上のイラスト展、全作品を見るにはたくさんの時間を要しそうです。が、ご安心ください。会期は6月18日まで。私も少しずつ楽しませていただくつもりです。
とりあえず私の出展作3点を下記に紹介いたします。よろしければご覧ください。
また、Tシャツ購入につきましては「5%割引&送料無料の特別優待チケット」がございます。ご希望の方はメールにてご連絡ください。数に限りがございますので先着順に対応させていただきたいと存じます。

GOODY GREEN

PAPER DOLL

UNDER THE SKY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々積み重ね…ね?

080425tana
箱を積めば棚になる。
なんとも簡単すぎて「作る」という言葉すら躊躇してしまうけど、積み重ねるだけのこんなミニ棚はいかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不器用でも作りたい気持ちがフツフツしちゃうこともある。だから簡単に作れて、失敗しても惜しくないよう材料費は安くというのがコンセプトの100materials(活動休止の放置中だけど)。
だけどホントは「簡単・安い」よりも、ずーっとずっと、こだわったのは「作り方を公開する」ということだった。

それは私がHPを立ち上げようと思ったとき、すでにクラフト作品などを掲載・販売するサイトはたくさんあって、世の中にはなんて素晴しい作品を作る人がたくさんいるんだ!と、衝撃、というか、軽い敗北感を味わったことがきっかけだった。
いや、敗北感なんておこがましいものじゃない。レベル的に戦いの土俵に立てないことを痛感したんだもん(笑)

作品の完成度に自信がないけれど、不器用ながら作るのは楽しい。
これはね、コレとアレでね、こんなふうにできたんだよ!っていう、ワクワク感をWEBで伝えられたら…そうだ、作り方を公開してみたらいいかも!…これが原点だった。

いえね、このあいだ会った人が、「太っ腹・太っ腹」と連発するから、思わずお腹を押さえたんだけど、よくよく聞いたら、「作り方を公開する人って、なかなかいないよー。無料で公開なんて太っ腹だねーって友達と話してたんだ」ということだったの。(ほっ^^。。お腹まわりのことかとマジ思っちゃう年頃なんですぅ)

そっか、伝わっていたんだ。作り方を公開することで喜んでくれた人がいるんだ。
かつて日々積み重ねてやってきたこと(最近は活動休止放置中)…自分でも忘れていた原点がふとよみがえり、なんか嬉しかった。

あ、長くなっちゃったけど材料&作り方は↓に。(って、こんだけかよな作り方だ。ちなみに木箱は100円グッズ)

Tukurikata5

さて、お知らせです。
日々積み重ねてきた自覚はないのですが、日々描いてきたワードでお絵描き。
このたび、INFOCUS AWARD 2008というWEBのエキシビジョンに招待作家として参加することになりました。
初めてのことなので概要もあまり理解しておりませんが、出展イラストをTシャツとして購入できるシステムのようです。
根本的に自己評価の低い楽天家のワタシは、いいんだろうか?感が否めないまま出品しました。詳細はまた後ほどお伝えしたいと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします(って、なにがどうお願いなんだろうか自分でもわからん…)

| | コメント (8) | トラックバック (2)

コンタクトにメガネ

080424
最近のメガネの位置づけときたら、ものすごくメジャー。
昔はぶさいくの代名詞だったってこと忘れられているよね。
いや、そんな時代を知らない世代もいるかもしれない。
今やファッション性の高いアイテム。普及率というか浸透度もかなりのもん。(先日北海道から来た可愛い人もメガネスト♪)
ここまで価値観が変わったモノ、それも地位向上しちゃったモノって他にないんじゃないかしらん?
私なんぞ10代の頃にメガネをかけるのが嫌で嫌で…せっせとアルバイトをしてコンタクトにしちゃった経験がある。その後うん十年コンタクト愛用者。
が、いまや、コンタクトにプラスして度なしのメガネをすることもしばしば。
風の強い日に最適というコトもあるけれど、目の下の高齢化が気になる年頃、むしろメガネかけたほうが目の下のくぼみを隠せるという事実に直面したからなんですケド^^
だったらコンタクトやめてメガネにすればいいじゃんと自分でも思うのだけれど、度ナシのメガネは価格の安いものがいっぱいあるからねー。いろんなタイプのフレームで遊べる。
なので当面はコンタクトに度なしメガネだなぁ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お花が笑った

0804fufufuflowres

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑

0804gyoen3_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0804gyoen1_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0804gyoen2_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

贅沢な緑

木々の向こうに見える塔は中世の城の残骸で…
080421
というのは嘘です。ゴメンナサイ^^
実は新宿御苑から見たNTTドコモ代々木ビルなのです。友達と新宿で映画(つぐない)を観たあと、夜のワインまでの時間つぶしにとふらりと散策。

0804213
新宿御苑は高層ビルの立ち並ぶ新宿駅からすぐの場所というのに中に入ると別世界。
広い芝生に大きな木々がそれはもう伸び伸びと…植わっている一本一本の間隔が広いから、ホントに縦にも横にも伸び伸びと育っているのです。

0804212
「東京はあんがい緑が多いんだよね」と話しながら贅沢な緑を堪能。
前日に羽田空港へモノレールで行ったときも、東京駅周辺を歩いたときもそう思った。
(kさん先日はどうも。楽しかったです。また羽田へ行くの楽しみにしてます)

午後4時半が新宿御苑の閉園時間。早い閉園なぁと思ったけれど、入場制限をもうけることで、この贅沢な空間を維持しているのなら素晴しいこと。
御苑近くのイタリアンでハウスワインを飲みながら、東京しかしらないけど、東京っていいよね、といつにもまして強く思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぐない

0804tugunai

少女であるがゆえの潔癖さ。そして嫉妬。
少女のついた嘘はとりかえしのつかない不幸へとつながる。
一生背負い続けた罪の意識。タイトルのつぐないは、ラストで納得。
前半の美しい、お伽噺のような映像から、戦争の悲惨な映像へ変わる様も見事。
映画館で観てよかったと思える作品です。
原作であるイアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」を読んでみたいと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しくもくすぐったい。

「日刊ココログ・ガイド」では、オススメのココログを日替わりで紹介しているそうです。
で、本日のオススメはなんとウチ、このブログ「このごろ」だそうで、ええ?なんでここ?いいんですかぁ?でも嬉しいです。ありがとうございます!などと揺れる気持ちで4月21日のオススメを見に行くと、紹介文が嬉しくもくすぐったい。
「…多メディアから注目されている 」なんてことはナイのです。思い切り恥ずかしかったので、スルーするわけにもいかず自分で訂正いれ、今日も朝から小さい自分を再認識した今日この頃。来てくれた方サンキュです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンガー派

080417
洗濯物の干し方も人それぞれだと知ったのは、わりと最近。
私はハンガー派で…というか、ハンガー派と呼ぶってコトは、使わない派もいるんだぁとふと思ったのです。
(ちなみに、コレは洋服の干し方で、バスタオルなど大物は物干し竿、小物はピンチのついた洗濯物干しを使ってます)

ハンガーのサイズをそろえておくと型崩れもふせげるし、狭いベランダでも効率的だし、取り込んですぐにたためない共働き家族には最適な方法と思っているので、ずーっとハンガー派。
でも、ハンガーを使わない派がいるってことは、その利点というのもあるのだろうと、ふと思った今日この頃。

さて、あなたはハンガー派?それともノンハンガー派?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

リアル・レトロ

080415newjk
昨晩は息子の年齢に近いお友達とイーティングゥ&ドリンキングゥ&トーキングゥを楽しみ、えっとあれは何の話だったっけ、あ、吉祥寺のとあるカフェの話をしてたんだ。
そのカフェは、古い椅子だのソファだの寄せ集め、レトロな雰囲気を狙っているのだろうけど、センスがいまいちで…と私が説明したら彼女が一言「リアルレトロ?」
そうそう、それ!オシャレなレトロじゃなくって正真正銘古いだけ。まさにリアルレトロ!年下の友人から、適確な現代表現を学びました(笑)

さて、写真は棉素材のコンパクトなジャケット。袖口の折り返しのストライプが気に入り瞬間お買上げしました。
今年に入って、よく紺ブレをみかけます。あ、紺ブレとは言わないのかナ?ちなみに紺ブレとは、紺のブレザーの略で80年代に流行。W浅野や東京ラブストーリーの時代です。
しかし間違っても、流行は繰り返すのよねぇなどと言って、肩パットのはいった紺ブレを引っ張り出したりしないようにね。さらに、かつての着こなしを甦らすのも危険な行為。若い頃と変わらぬ着こなしやヘアスタイル、メイクというのは「かなりイタイ」という認識を持てるか否かは重要。
W浅野をほうふつさせないよう、このジャケットを着こなすのが今年の私の課題です。
すでにレトロなお年頃。リアルレトロになっちまうのは実に簡単なことですもの(苦笑)

さてさて、今週末はやはり、うんと年下のお友達と初めて会う予定です。覚えたばかりのリアルレトロを連発せぬよう気をつけなくちゃね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレンチネイル

080414
丈夫で一月近くは持つカルジェルも爪が伸びれば皮膚との境が目立つようになる。
もちろん、皮膚に近い色にしたり、境目をグラデーションやラメを施し、より長い期間持続させるデザインを選ぶのは経済的にも重要ポイント。
あと、鍋磨きなどハードな労働には耐えられるのだけれども、カラーリング剤に弱い。染まり易いので自分でカラーリングをするときは手袋必須です。
ワタシはこの掟(それほどのもんでもないか)を守らなかったために、少し早めに2回目の予約となりました。カラーリング剤で汚さなければあと1週間は持ったはず、と思われます。

さて、まずはカルジェルをとることから。コレ「お外し(おはずし)」というそうです。
専用の液体をしみこませたコットンを爪にのせ、アルミホイルで一本一本包み数分放置。その後、プラスチックのヤスリのようなものでスルリポロリと剥がしていきます。ちっとも痛くないですよん、念のため。

今回、お話好きなネイリストさんだったようで、OLから転職したけどお給料は会社勤め時代の半分になっちゃいました~とか、検定を受けるときのモデル探しは大変でという話をしてくれました。
カルジェルは資格がないとできないそうで、次々と新しくなるネイル業界、日々講習と検定が欠かせないそうです。
まず、検定に受かるためにはモデルとなる方の手、指の美しさが外せないそうです。
そして、モデル料、検定会場までの交通費などもネイリストさんの自己負担だそうで、当日モデルが体調を崩したりする可能性もあるわけで、聞いているとかなり大変そうです。

カルジェルのお外し、ちょちょいと爪のお手入れをし、新たなカルジェル完成まで1時間ちょっとの時間がかかります。
でも一月維持できるのは大変便利。費用的にはね、デザインにもよるけどお外し込みで1万円前後。
ネイルサロンによって料金体系はマチマチですし、初回来店者に限り割引価格でやってくれるところもあるようです。

さて。今回はフレンチネイルにしてみましたよん^^
ベースはラメが入った薄いピンク。フレンチ部は白。
それにしても自分の爪を自分で撮影するのって難しいですねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

0804bokutyu_4
怪物ブログの映画化「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」。
正直、ブログは読んでいなかったのですが、時効警察とココリコミラクルのスタッフが制作!ということで観に行きました。
1979年。80年代のちょっと手前。その時代のワルガキと空気感、オトナ気ないオトナたちの、でもやっぱり大人じゃんというところなど、すんなり受け止められる好い映画でした。
日本映画で面白いとなんだかものすごっく嬉しくなります。ハリウッドの超大作映画が面白かったときより嬉しくなります^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHPスペシャル5月号

0804phpPHPスペシャル5月号が発売されました。
今月は「キュートなケースで生活感にサヨナラ」(72.73ページ)です。
早いもので来月号でワタシの連載は最終回。
とても気持ちよくお仕事させていただき編集者さんやカメラマンさんに感謝です。
制作・撮影時はまだチャンプが生きていた頃。その頃のチャンプを思い出したり…チャンプは思い出になったのですね。とてもとても大切な思い出にね^^

さて、手に馴染む軽量サイズのPHPスペシャルとは対極のサイズの女性ファッション誌。光沢のある上質紙がびっしりと重なった重量感は決っして電車の中で立ち読みはできない重さです。さらに、付録ブーム?辞書並みの厚さになってたりしますよね。
で、昨日付けの@niftyデイリーポータルZにて、女性誌の付録を検証した面白い記事をみつけました。ご興味ある方はどうぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花金鳳花と椅子

080409tops2

花金鳳花(はなきんぽうげ=ラナンキュラス)があまりにも愛らしくワードでお絵描き。
100materialsのトップページの絵を差し替えました。
が、久々のHPのアップロード。すっかり勝手を忘れ、まごついてしまいました。
ますます100materialsの放置が進んでいきそうと予感した今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花金鳳花

080408ranunculas
「花金鳳花」。何と読むかご存知ですか?「はなきんぽうげ」と読むのだそうです。
「花金鳳花」は昨今流行の「ラナンキュラス」のこと。そう、ラナンキュラスという横文字の呼び方のほうが今は浸透しているかもしれませんが、どちらもこの愛らしさにぴったりです。
幾重にも重なる花びらをみていると、幼い頃作ったお花紙を重ねた花を思いだしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイルトップ

080408
天板をタイルにすると熱いやかんなどを乗せられ便利。
チープなカラーボックスだって可愛く簡単にリメイク!…の構想が、いとも簡単につまずいた。

というのはね、天板だけタイルをならべてもバランス悪いじゃない。
サイドもぐるりとタイルじゃぁなくちゃぁね!と小さいタイルも用意。
なのに、貼りたかった側面部分がことのほか狭く、サイズを無視しムリヤリ貼っても不安定。。
もっと細かいタイルにすべきだったと気づいたものの、買いなおすのも何だかナ…
で、ひらめいたのが、ならばいっそ段ボールで土台を作っちまえ作戦でした。

一応作り方を下記に。ご興味ある方はどうぞ♪
作りたい天板のサイズにダンボールをカットしタイルをはりつける。
★印同士を裏からテープでつなぎ立体的にしたら、かぶせ完成♪
0804083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オトナ可愛いなんて無理だから。

080407gingham
アイロン台のリメイクに使った麻のギンガム。まだ少し残っていたのでスカートを縫った。
難易度の高い洋裁はできないのでシンプルな台形スカートとしたが丈が足りない。
なので着なくなったスカートの裏地を活用し、足りない丈をカバー。
チラリとめくった裾からどのような活用法だかおわかりですね^^
ちなみにファスナーも、着なくなったスカートのものを活用したアタシってエコな人かしらん・・・え?貧乏症とか誰か言ってる?
080407gingham2
ハイウエスト気味にしたのは流行を意識して。
このギンガムでゴムのギャザースカートだとガーリー路線になっちゃいますから。
辛口の白シャツや今年流行のテーラードなどとあわせるつもり。

オトナ可愛いがすっかりイタイ今日この頃なんですもの。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カバーリングぅ~!!

080404
「3月25日の「BLACK&WHITEDAY」日記の写真の椅子。
とっても素敵ですね。あの生地はコクリコですか?
もし手作りで作られた物でしたら作り方を日記に書いていただけますか?」

というメールをいただきました。はい、素敵な柄でしょう?コクリコというところの生地なんですね。初めて知りました♪ひとつ知識が増えました^^サンキュです。
お問い合わせのほうは了解です。かなり大雑把な作り方ですが、以前100matelrialsのほうで紹介した作り方がありますのでご興味がある方はコチラをどうぞ♪(そうそう、実は作るたびに改良しており、今回のカバーはサイドにマチをつけました。ご案内した作り方にはマチはございませんが参考になさってください♪)

カバーリングは手軽で効果の大きいイメージチェンジ。
それにしても近頃ingがつく言葉はついついエドはるみさんになってしまう。
ぐぐっぐぅぐぅカバーリンぐぅ~…失礼いたしました。

ところで。ワンシーズン前に作ったクッションもコクリコの生地だったんですね^^
0804042

| | コメント (2) | トラックバック (0)

藝大の桜

080402ueno

仕事帰りに上野公園から谷中墓地を抜け日暮里まで歩くことがある。
上野公園の花見客の喧騒は毎年恒例。今日は暖かな日だけれど、昨日まではあいにくの天候。にもかかわらず今週の上野公園はたくさんの人出だった。

たくさんの桜と、その下に集う人々を見ながらほんの数分歩くと藝大。
上野公園に隣接した場所だというのに、ひっそりと静まり返りタイムスリップしたような感覚になる。
古風な建物。煉瓦壁と水色の鉄柵。通るたびに美しいと思う場所。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

サラダ用じゃなくてもよろしくてよ。

Chickenandhoney1
「よろしくてよ」という山手言葉、最近じゃ叶恭子さんとオネエ系の方しか使っていないようだけど、なんか私も1回くらい使ってみたいと、タイトルに使いました(笑)。
「よろしくてよ」…肯定しつつ、否定部分はさらりと主張するニュアンスが、実にしなやかな言い回しだと思いません?

さて、何がサラダ用じゃなくてもよろしいのかというと、上の写真のサラダは木製トレイに盛り付けました。食器の数が極端に少ない我が家のモノたちは明確な役割分担がございません。なのでこの場合は「食器じゃなくてもよろしくてよ」になりますね。

Spinachsalad
そして↑コチラは「サラダ用ほうれん草じゃなくてもよろしくてよ」になります。

サラダに使われるほうれん草は一般的にサラダ用ほうれんそうとして売られていますが、ワタシは柔らかそうな葉っぱだったら、サラダ用となっていなくともサラダにします。
食べ易い大きさにカットしたほうれん草に、炒めた熱いベーコンをジュっ。塩胡椒とビネガーを加えまぜまぜすれば出来上がりです。写真のは豆の水煮も入ってますが、なくても充分おいしいです♪

ちなみに今回はベーコンはレンジでチンし、油はキッチンタオルでふきとりました。なぜかというと、左に写っているビンの中身で代用したから。
これはイタリアで買ってきた「なすのオリーブオイル漬け」でした。「でした」と書くからには、すでに茄子はなくなり漬け汁のみ(油とビネガーも少々の混ざったものと推測)がたっぷり残っていたので、サラダを作るときにこの残りモンを使っていたのです。たぶん、サラダ10回分くらいは活用したと思います。

野菜でも調味料でも、最後まで美味しく使いきったときの爽快感て、よろしくてよ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女子なら好きだと思う。

Lapinagile
先日友達と行った吉祥寺は大正通り、もとい、北欧通りのレストラン。
外観も内装もメニューも、いかにも女子好み。
いつも賑わっているけれど、男子はほとんど見た事がない。かろうじてカップルの片割れで見るくらい。率でいったら女子95%男子5%ってとこかしらん。
ブルーの窓枠。すりガラスの向こうのグリーン。黄色い椅子のコントラストが気に入った1枚。あ、店名は「LAPIN AGILE」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カルジェル

Nailcare
昔から手がコンプレックス。
短くて小さいので、ひょろ長い顔とギャップがあるのだろう。「なんか手と顔(の印象)が違う~」と、訳のわからない驚き方をされたことは1回や2回じゃない。

なんて愚痴を書きたい訳じゃなくて、実は始めてカルジェルをしたのです^^
一応主婦。ごはんを作りながら鍋を洗える有能な主婦です(有能ってのはウソだけど鍋とは毎晩格闘)。いわばマニュキアとは相性の良くない生活環境です。

ところがカルジェルというのはエラク丈夫だそうで、カルジェル歴の長い娘は月に一度しかネイルサロンにいかなくてよいのをこの目で見ていたこともあり、私もカルジェルデビューとなったわけです。
コンプレックスな手が、ほんの少し堂々と見せられるようになりました^^

そろそろ2週間を過ぎようとしてますが、まったく問題ゴザイマセン。
毎晩、ナイロンたわしでお鍋をがりがりやっても、分厚い書類ファイルをぎっしり詰まった書庫から取り出しても爪は無事です。
もう少し伸びたら次はフレンチネイルにしてみようかな、などと思います。

さて、ナゼだか急にコメント欄が表示されるようになりました。
設定を変えた記憶はないのですが、先週ブログのタイトル文字の色を変えたときに、もしかしたら設定のチェックをつけたのかもしれません(だけど、その後すぐに反映されたわけじゃないようで、気がついたのはずっと後だったという第二の謎も)
そもそも、コメント欄を外した理由はなく(たぶんちょっと弱っていた時期だったかもしれません)、いい機会だからこのままにしておこうと思います。
もし書き残したいことなどございましたら、どうぞお使いください^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »