« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

P*P*P

0803311
タイトルのP*P*Pとはなんぞや?と思ったアナタ。
最初のPふたつはPINKとPURPLE。スイーツのようでしょ?だけどさにあらず。

0803312jpg
実はPINK・PURPLE・POTATO SALAD(ピンクでパープルなポテトサラダ)なのでした^^

080331jpg
いつもはサツマイモやかぼちゃで作るサラダ。
昨日もてっきりサツマイモかと思ったとある一本。切ってみたら「紫いも」だったの。
そのまま皮ごと2センチ角くらいに切りボイル。つぶせるくらい煮えたらお湯を切り、砂糖を少々いれマッシャーでつぶし、クリームチーズがなかったのでベビーチーズを1cm角くらいに切り、さらにまぜまぜ。
仕上げにレモンの絞り汁を数滴たらしたら、あらびっくり!紫いもがピンクになった!!
予想もしない展開に驚きながら味見をすると、うん。サツマイモやかぼちゃを使ったサラダよりしっとりしていて美味♪
ピンクとパープルなプリティサラダの出来上がりぃ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦手色が好きになる

0803281
この春は、ピンクやアップルグリ-ンのような弾む色に惹かれてます。
以前は夜のイメージだったパープルも今は新鮮。明るいイメージを持つようになったから不思議。

0803282
↑こんなブルー系の頃もありました。この頃はパープルやアップルグリーンなんて問題外だったかもしれない^^

流行色って、何年も前からソロリソロリとファッション業界とかにマインドコントロールされてるらしいけど、いつもまんまとその目論見にはまっているワタシ。
でも嫌じゃないんだなぁ^^嫌いな色が好きになったりすることが楽しいの。それに何故だか好きだった色を嫌いになるという逆パターンはナイし。

苦手色とうまくやれたときの達成感というのかな、おおげさかもしれないけれど、ちょっと世界観がかわるような高揚感を味わえちゃうんだわ(笑)

さて、上の2枚の写真。どちらもIKEAの紙製ラウンドボックスが挿し色効果を発揮しているのがおわかりでしょうか?色で遊ぶのに本当に便利なボックスです。使わないときはマトリョーシカのように、入れ子で収納できるのも楽しいし♪

080312boxes

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北欧通りで東欧グッズ

080327emaliaenamelmilkpan
先週某誌取材のとき編集者さんから聞いた吉祥寺の「北欧通り」。
週に1.2回は行く吉祥寺なのに初耳の北欧通りとは、大正通りの最近の呼び方だそうな。
あぁそういえばCinq plus(サンクプリュス)去年ができたし。そういやぁナチュラルテイスト&ガーリー路線の雑貨店が多い中で、その隣のカフェやその近辺のお店は違う匂いだったなぁと妙に納得し、あらためて大正通り…もとい、北欧通りへ行ってみた。

本当だ。すっかりそれテイストのお店が増えてる。へぇ北欧通りねぇ。裏手の空き地みたいな公園みたいな空間もいい雰囲気だねぇ♪ええと、UNICOCinq plus(サンクプリュス)、moiniki tiki…4ひきのねこ(あ、ここはずっと前からあったよね)。

ふらりと入ったcoeur de coeurで琺瑯のミルクパンを瞬間お買上げ。水色と青の配色がいい具合な「外した感」だったので。
なになに?ポーランドのホーローメーカーemalia社の製品なんだ。ふーん…ん?!ポーランドって北欧じゃないじゃん、東欧じゃん。

北欧通りで東欧グッズお買上げ。

| | トラックバック (0)

かっちょいいっ!

0803ktc
なめらかに磨かれた木目とつや消しのシルバーの見事な調和。
夫が大事そうに見せてくれたドライバーのにぎり部分には「KTC」の文字と型番を現すのであろう数字とアルファベット。それすらもデザインとなっている。かっちょいいっ!と思わず叫びたくなるほどだ。
ちなみに「KTC」は「京都機械工具」の略称。私は夫に見せてもらい、始めてその存在を知ったのだけれど、日本の技術って素晴しいんだね!

Tool。工具。道具。何かを成しえるためのツールでしかないはずのそれらは主役ではなく脇役のはず。なのに、この美しい存在感ときたら。

夫はこの美しいツールを離れて暮す息子にプレゼントするために入手したそうだ。だから使わずに今度息子に手渡すのを楽しみにし、引き出しの中にそっとしまっている。そんな夫の気持ちも…なんだかかっちょいい。
0803ktc2

| | トラックバック (0)

BLACK&WHITE*DAY

0803251
娘がホワイトディにもらってきたお菓子の空き箱。黒と白の配分が絶妙。底から伸びている2本のリボンをてっぺんでしゅっと結ぶことで、より完璧なフォルムとなっている。

ナニいれようかな?ナニ容れよ?
捨てフェチのワタシが捨てたくないから活用しようと躍起になっているんだけど、これといった活用法は思い浮かばず…悩ましてくれるBLACK&WHITE*DAYな空き箱。
0803252

| | トラックバック (0)

おもちゃみたいなアイロンだから。

080325ironn
なんでコレなんだろう。よりによってピンク。ふつうなら絶対チョイスしないはずの色カタチ。おもちゃみたいだよ。それも、イマドキのママゴトセットのほうが本物に見えるくらいチープときてる…
たぶん、20年位前にそのとき店にあった中で一番安いという理由で選んだアイロン。
「はやく壊れないかなー、そしたらシンプルでクールなヤツに買い換えるのになー」と、願い続けてきたのに壊れない。これがまた使わないときは目に入らない場所にあるだけに買い替えのタイミングは逃しっぱなし。

ところが最近この安っぽさもアリなんじゃない?と思えるようになってきた。
100円ショップで買った、これまたチープなアイロン台に、ギンガムのリネンでカバーを作ってみた。
なんか、気にいった。
おもちゃみたいなピンクのアイロンとノスタルジックな紫のギンガムがストンとワタシの中で落ち着いた。ピンクのアイロンに遅まきながら愛着を感じた今日この頃。

| | トラックバック (0)

だからサラダだってば。

080325nanohana2
サラダが好き。サラダにできそうなものならなんでもサラダにする。
昨日の日曜日のお昼ごはんは「シーフードリゾット」に「菜の花とベーコンのサラダ」。
080325nanohana
菜の花をさっとゆがいて冷水につけ食べ易い大きさにカット。ラップに包みレンジで数秒チンしたベーコンとオリーブオイルとビネガーと塩胡椒をまぜて出来上がり。

オイルとビネガーを使わなければ菜の花のとベーコンの和え物だね。
サラダと呼ぶかおひたしと呼ぶか和え物と呼ぶか…それはあなたの気分次第。

| | トラックバック (0)

花模様・雨模様

0803artificialflowers
小さい花柄はワタシには難易度が高いと前の記事に書きました。
コレって花柄に限らずたいていの柄に該当することで、大きな模様のほうが使いやすいと経験的にそう思う。
大きな花模様の小さなクッションとピンクのフェイクフラワーは瞬間お買上げ品です。

さて昨日の休日は1日中雨。雨、雨、雨の雨模様。
あんだけ雨だと何もしないことに罪悪感を抱かなくてすむのね。
一日中ごろごろな日。家族には勝手に食べてねと、いなり寿司だけ作り、パジャマのまま過す。なんかよく眠れるんだわ。お昼寝もしたのに夜も早くから眠たくなって、9時前にはベットへ。
先週まで風邪で処方された薬を飲みながら仕事を3つほどかけもちしてたからなぁ。カラダがいい加減ゆっくりさせてくれやと主張したもようです。

| | トラックバック (0)

カタログ

0803floralpatterns
懐かしさと優しさ感のある小花柄。可愛いくて心惹かれるのだけども、ファッションにもインテリアにも取り入れるのはワタシ的には難易度の高いアイテム。
ところが娘がもって帰ってきたSpick and spanのカタログは、そこにあるだけで春を呼ぶ小花柄の表紙。我が家にもこのくらいの小花柄なら取り入れられる。ちょこんと壁によりかからせております^^
無料で配布されるにもかかわらず完成度が高いカタログと遭遇できる機会はけっこう多い。嬉しいことですわん♪

| | トラックバック (0)

布・布(ふふっ!)

080317
「布・生地・ファブリック。呼び方はいろいろですが、布が好き。思わず「ふふっ」って顔がほころんじゃう♪」…というのは100materialsのコンテンツのひとつ。
HPをリニューアルしようと決意してから軽く1年はたっているのですが、取り掛かりもしないうちに投げてしまいました。なのでコチラで「布・布(ふふっ!)」久々アップです。

--------------------------------

バイヤステープを手作り。この生地はかつてパネルだったもの

080317a

ふふっ!こんなのできちゃいました。ずらりと並んだスリッパ3足。

080317b

大柄の生地をいろんな方向から裁断して作ったスリッパはなかなか面白い柄を見せてくれてます。布の端っこの文字も主役扱いで使いました^^
080317c

| | トラックバック (0)

ランドセル

080313

いろんな色のランドセルもすっかり定着したようね。
ナンバーワンよりオンリーワンの時代背景によるものだとしたらヨイことですね^^

だけど、ファッション的な観点からすると、服に合わせづらい色はどうなんだろう?
ランドセルに合わせて服を選ぶのかな?などと素朴な疑問もわく今日この頃。


| | トラックバック (0)

夫の本音

昨晩「おネエ★MANS」を見ていた夫が大きな声でワタシを呼んだ。

「コレすごいヨ!絶対スゴイ!!!買いなさい!買うべきだ。買ってあげるから買いなさい!」

画面を見れば泰葉さんがIKKOさんにメイクの手ほどき中。新商品のファンデーションで毛穴が消えてしまったことに心底驚いての発言。夫はメイクの知識も興味もまったくない普通の日本男子なんだけど、見る見るうちに消えていく毛穴にすっかり驚嘆した様子。
娘は「パパって可愛いぃ~♪」とウケていたし、ワタシも微笑ましく感じたけれど、たぶん娘とは違う意味で。

080312m_2ワタシは自分への買物を夫に相談したことがないし、買ってもらってるという意識はまったくナイのだけれど、もしかして夫は、ワタシに何か買いたいと思っているのだろうか?もしかして、そういうことに喜びを見出すタイプだったの?
あらあら…それならワタシもっとうまくやったのに。ときには甘えた声で「アレが欲しぃのぉ★」と言える妻になっていたかもしれないのになぁ(笑)
ちなみに、夫がびっくらこいた商品は「イヴ・サンローラン」 マット タッチ ファンデーション 全8色 6,615円(税込み) 4月4日(金)発売だそうです~


しかし、それにしても。ワタシの毛穴そんなに目立つんですかね?^^

| | トラックバック (0)

MARCH

080312_2
3月はライオンのごとく来たり子羊のごとく去る
(March comes in like a lion and goes out like a lamb)
3月前半の寒さ、後半の穏やかな天候を現した外国の諺なんだそうですが、ホントに春らしくなって来ましたね!

画像はPHPスペシャル3月号掲載の袋たち。着古したウールに棉レースの組合せはガーリーすぎたので、フエルトのアルファベットをプラス…けど、3月号だったからって「M」「A」「R」は安直すぎ?(笑)
フエルトの梅の花はコースターになります。

| | トラックバック (0)

PHPスペシャル4月号

080310php「PHPスペシャル4月号」が発売されました。
今月はゴミ箱カバーが掲載されています(72.73ページ)
ワタシはこのカバーとゴミ箱の隙間にたたんだレジ袋を収納。ここに入りきらないものは処分します。
今やエコバッグ持参も特別なことじゃないけれど、以前より使わないレジ袋がたくさんある状態が苦痛だったので、なるべくレジ袋はもらわないようにしてました。
地球に優しくというよりは、いらないものを持ち込みたくないというエゴな気持ちのほうが強いわけなんだけど…(汗)
さらに、それに近い感覚で、「スタンプカードお作りしますか?」に、毎回「いいえ」と応えるワタシ。スタンプ集める気がないのですもの。正直いうと、お財布にスタンプカードぎっしり、というのも苦痛な体質なのです。
って書くと、スンゴイ神経質な印象?
はははは。管理すべきものが増えるのが心底苦痛なエゴ体質。というか、管理能力が劣っているのかもしれないね^^

さて、手に馴染むサイズと質感のPHPスペシャル。表紙のイラストも毎号楽しみ^^

| | トラックバック (0)

確定申告終了。

080307
毎年コレが終らないと落ち着かないという確定申告。
各出版社から支払調書が届く2月初旬には用意を始め、申告開始日数日前には国税庁のHPの確定申告書作成コーナーで必要事項を入力、開始日早々に書類送付するワタシ。小っちゃいヤツに思えてしまうのはナゼだ?(笑)
ともあれ、今年は珍しくノープロブレムで還付金の案内通知が届いた。一安心。

本職である某団体のほうは年度末。次年度よりシステムがいろいろと変更になり、前倒しで処理を進めるものが増え、コレがちょっと落ち着かない。

そんな時期であるにもかかわらず、副業関連や新分野に手を出す今日この頃。
限りある時間と折り合いをつけるのはしんどいけれど、もし好きなだけ創作のための時間があったとしても、ワタシはそれを使いこなすことができるのだろうか?
たっぷりの時間をもてあましてしまう気がしないでもない。

なんにせよ、時間が足りないことは自分への言い訳にはなりそうもない今日この頃。

| | トラックバック (0)

花言葉

080303
チャンプが逝って3ヶ月半。写真のたくさんの水仙は、子犬だったチャンプがいた花屋のおじさんがくれました。
そう。チャンプはペットショップではなく近所の花屋さんで出会いました。
どうやって仕入れてくるのかわかりませんが、花と一緒にカゴに入った小鳥だったり犬だったりが、たまに店先並ぶ、何とも不思議なお店なのです^^

水仙の花言葉はギリシャ神話のナルシスから、「自己愛」とか「うぬぼれ」など。
そういえば、ワタシの名前になるはずだった「芙蓉」の花言葉には「繊細な美」「しとやか」の他に「微妙な優しさ」というのが…「微妙な優しさ」って、なんか迷惑っぽい響きだなぁ^^

| | トラックバック (0)

ウインクじゃないのです。

080302昨日、友達のコンサートに行くため支度をしていると右目に違和感。またクインケ浮腫だぁと思いつつ、どうかヒドク腫れませんようにと祈りながら電車に乗り込む。

が、しかし。願いは聞き入れなかったよう。
コンサート会場についた頃にはこのとおり。
片目、まったく開きませぇーん。そこにあるのは、目ではなく、まるで一本の傷のよう。。。

それにしても土偶に似ている。もしかしたら、大昔のクインケ浮腫の人が土偶のモデルかも、などと推測した今日この頃。

| | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »