« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

山手資料館

08siryokan

ペパーミントグリーン木造の壁に赤いアクセント。お伽噺の挿絵のような山手資料館。1・2階に各一部屋という、こじんまりしたオウチ。
建物に比べ庭は広く、花の咲く季節だったらどんなに可愛らしいことかと思いました。

08siryokan2

*中澤邸として本牧に建てられ、 1929年(昭和4年)に横浜・諏訪町の園田邸に移された後、 1977年(昭和52年)に現在地に移築。横浜に現存する明治時代の唯一の木造西洋館だそうで、現在は横浜開港当時の資料等が展示される資料館として公開。入場料は200円。

| | トラックバック (0)

使えなくなるまで使うんだ。

0802kyusu2
朝は必ずコーヒー、職場でもドリップコーヒーを毎日2.3杯は飲むワタシは間違いなくコーヒー党。ですが、夕食後に自分のためだけにお茶を淹れるひとときが至極の喜びとなった今日この頃。
実は、なんとはなしに1年ほど前から、三食きちんと食べ、20時以降は食べないように生活習慣を変えてみたのがきっかけ。習慣とは変えられるものだとつくづく実感。

写真の急須とお茶碗は昔いただいたもの。ほぼ10年は、来客時以外使った事がありませんでしたが、この1年は自分のために毎日使用。
五客あった湯のみ茶碗は三客になり、急須もヒビが入ってしまったのだけれど、毎日眺めても飽きることのないフォルムの美しさ、絵柄の愛らしさに愛着がわき捨てらない…捨てフェチのワタシには実に珍しいこと。
ヒビが入ってからは、何度となく新しいお茶セットを探しに行っているのだけれど、まだ出会えておらず。たぶん、本当に使えなくなるまで使うんだろうと予感しています。

| | トラックバック (0)

ブラフ18番館

0802braf18

横浜の西洋館シリーズはまだまだ続く予定。
ここは山手イタリア山庭園にある「ブラフ18番館」。
大正末期に建てられた外国人住宅でカトリック山手教会の司祭館として1991年まで使われていたこともあるそう。室内のペパーミントグリーンが印象的。
外観は赤い屋根に緑の鎧戸が可愛らしく、おとなりは外交官の家。

0802braf18b

| | トラックバック (0)

国際子ども図書館

先日、東京都美術館ルーブル美術展へ行ってみた。かなりの混雑ぶりのため集中力が持続せず、マイペースのチラ見コースでスピード観覧。その後、歴史的建造物が多い上野周辺を散策することにした。

広大な敷地の上野公園。大噴水を取り巻くようにゆったりと建つ西洋美術館に科学博物館に国立博物館などの外観を眺めながら歩いていると「チェコへの扉-子ども本の世界」というポスターが目にとまった。
少し先の国際子ども図書館で無料開催中のイベントとのこと、行ってみる事に。

整備された広い通り沿いにもかかわらず交通量も人通りも少ないそこは、上野駅周辺の喧騒とはうってかわった静かな場所。そして建物の美しさに驚いた。
建物の内部は、高い天井と落ち着きのある佇まい。近年増築されたと思われるガラス張りのエントランスとの調和も見事。
事前情報をまったく持たずに行ったのだけど、パンフレットを読むと、1906年に創建された帝国図書館の建物を再生したのだそう。
またひとつ東京の素敵を発見できて嬉しかった♪

0802kodomo

さて目的の展示「チェコへの扉-子ども本の世界」は、チェコと日本の絵本が展示され、歴史的背景の解説も、とても興味深いものでした。
無料開催で9/7までやっているそうです。機会がありました行ってみるのもよろしいかと思いますよん♪

Kodomo

| | トラックバック (0)

SUNDAY BLUNCH

080224sunday
土曜日の春一番は凄かったですね!
午前中はポカポカ陽気の青空だったのに、午後になると空気感が何やら違う。ふと見上げた空は茶色く濁り…あんな空、初めて見たかも。
その後急に気温が下がり、日曜日も日差しはあるけど寒かったぁ。。。外に出る気がしなかったのでこんなオウチご飯。

パスタは冷凍のもの。最近の冷凍パスタは安くて美味しくて種類も豊富。これは青菜と海老に、うにのクリームソースを和えたもの。娘と半分コし、パンを添えました。
なーんて書くと小食っぽいですが、実は私たち母娘は野菜好き。サラダの量がハンパじゃないのです。写真をみればおわかりかと思いますが、ふつうパスタを盛り付ける器にサラダを、小ぶりの器にパスタを盛り付けています。
ちなみにサラダを美味しく食べるワタシ流のコツは「スライスした玉葱を塩胡椒で揉む」です。これをたくさんの野菜にざっくり和え、オリーブオイルやビネガーを適当にふりかけていただきます。

そして、めずらしくスイーツ作りに挑戦。
スライスしたりんごをフライパンで焼きカスタードクリームを添えるという、漠然と頭に浮かんだ構想をもとに滅多に作らないくせにレシピも見ずに作り出し…案の定、カスタードクリームがクリームにならず…卵と牛乳とお砂糖を混ぜたものを火にかけたの…そしたらスクランブルエッグになってしまいました(笑)

娘が料理本を見てくれて、コーンスターチや小麦粉も入れるんだと気がつきました(遅っ)。ところがコーンスターチがなかったので、目分量で片栗粉と小麦粉を投入。アバウトもほどが過ぎると言われそうですが、なんとかソレらしきものができました^^

で、カスタードクリームになれなかった甘めスクランブルエッグは、サラダのほうに投入。お砂糖は控えめでしたので、まぁなんとか違和感なく食しましたよん^^

| | トラックバック (0)

FIREPLACE

080221

横浜山手には洋館がいっぱい。各洋館には部屋がたくさん。当然、各部屋には様々な趣向を凝らした暖炉の数々。
故にどれがどこの洋館の暖炉だったか記憶が混乱中ですが…暖炉・暖炉・暖炉がいっぱい。どれも素晴しいものたちでした。

080221more

| | トラックバック (0)

sweet*tool

0802193
滅多にお菓子作りをしないワタシですが、ごくごくたま~に、ホントに稀に、お菓子を作りたくなることがあります。ところが、しまいこんだ道具を出すのが億劫で、けっきょく作れなかった…なんてこともありました。

でね、お菓子作りの道具は可愛いものも多いから、焼き網にひもを結んで吊るせるようしに、アイアンのフックなどプラスして…こんなのできました。
0802194
スクエアな焼き網は焦げ茶色のアクリル絵の具で塗りました。丸いアイアンの鍋敷きだとこんなかんじ(コチラはもともとアンティーク調の塗装が施されていました)。
どちらも100円グッズです。ひもは細いワイヤをからめたほうがしっかりしますヨ。

| | トラックバック (0)

地上5センチの恋心

08025cm
地上5センチの恋心」の試写会へ行ってきました。
日本語タイトルと柔らかな色彩の写真から、それこそフワフワしたラブコメディかと思いきや…ロマンチックな可愛らしい女性なのは間違いないけれど、実に地に足のついた女性でしたよオデットは。
それにくらべて恋する相手の男ときたら…軟弱です(笑)
オデットの息子と娘のキャラもね、なさそうでありそうな設定。家族や職場の描写のリアリティがあるからこそ、生きた映画だと思いました。
一緒に行った友達と、若い子はこの映画にどんな印象をもつのかしらね?なんて話したのですが、ちょうどワタシたちぐらいの年齢の女性同士で観るのにピッタリの映画でした。
上映会場はすくなさそうだけれど、機会があればぜひ♪3月1日より公開だそうです。

| | トラックバック (0)

旧ベーリック邸-bule

Berrickbule1

旧ベーリック邸の子供部屋。青い壁が印象的。

Berrickbule2

なによりも、花のようなカタチの窓が可愛い。

Berrickbule3

| | トラックバック (0)

PHPスペシャル3月号

20080215「PHPスペシャル3月号」が発売されました。
今月は着れなくなった服からふくろを作りました。
72.73ページに掲載されています。よろしかったらご覧ください。

小ぶりなサイズのPHPスペシャル
今朝も届いたばかりの3月号を電車で読みながらの通勤。小さいだけでなく、「軽い」というのも、電車で読むには嬉しい条件と気づきました^^

| | トラックバック (0)

旧ベーリック邸-White&black

080211berrck

横浜の西洋館の中でも見所たっぷりだったのが旧ベーリック邸(ベーリックホール)。
イギリス人貿易商ベリック氏の邸宅としてJ.H.モーガン設計で1930年(昭和5年)建てられたスパニッシュスタイルの洋館だそうです。
ブルーやピンクの部屋などもステキでしたが、まずはWhite&blackが印象的な写真からご紹介。

080211berrck2

三連のアーチと壁面の色タイルに煙突の外観が特徴的。

080211berrck3

| | トラックバック (0)

sweet*sweet

080214

2008valentine

0802142

今日はヴァレンタイン。甘~い甘~い絵を描いた。

| | トラックバック (0)

外交官の家-青いバスタブ

0802131

先日行った横浜の山手西洋館。
たくさん写真を撮ったのだけど、印象的だったのが「外交官の家」の青いバスタブ。
以前ワードで描いた絵に似てる…などと思ってしまい、なんだか嬉しくなっちゃった。

0802132

| | トラックバック (0)

外交官の家

080213ga

横浜には西洋館がそりゃぁもうたくさんあって、撮った写真がどの洋館だったかわからなくなるくらい。外観はともかく、室内になると、もうドレがドコだか、かなり混乱。
なので、たぶん外交官の家で撮ったと思われる写真・・・自信がナイノダ!(笑)

0802133

| | トラックバック (0)

コルク&ワイヤトレイ

080212_2

アイボリーのアクリル絵の具で塗装した焼き編みに、コルクをとおしたアルミワイヤの持ち手をつけて、出来上がり~

0802122

| | トラックバック (0)

バレンタイン

2008valentine3

来週はヴァレンタイン。雪同様、ときめいたのは遥か昔。
そういえば、職場の義理チョコも数年前に自ら廃止しました。
最初はけっこう勇気がいりましたが、一度止めちゃば案外平気でした。はははは。。。

| | トラックバック (0)

カトラリーいれ

080205
こんなカトラリー入れはどう?
材料は焼き網と透明な容器。どちらも100円グッズです。
↓写真のように焼き網をなんとなくコの字に曲げ、中にガラスの容器を入れただけ♪
0802052

| | トラックバック (0)

長靴

080204boot_2

昨日1日中降った雪。今朝は凍った道を恐る恐る歩いての出勤。
こんな長靴があったら、ちっとは楽しく雪道を通勤できたかも。

ところで、雪も寒いのも苦手なワタシは冬生まれで、本名は「ふゆこ」です。だけど「冬子」じゃありません。
今は亡き父は、冬生まれのワタシに、読みはふゆこで、芙蓉の花のようにと「芙蓉子」とつけてくれたそうです。

ところが、当時「芙蓉」という漢字は人名に使っちゃいけなかったそうで、急遽、役所の人と相談(…したらしいと聞いています)違う漢字をあてたそうです。

でも、その漢字、まず「ふゆこ」と読んでくれる人はいません。
けっこう長いこと生きてきましたが、最初から正しく読めた人はひとりもいません。

さて、ワタシのふゆこの漢字はどう書くのでしょう。
暇があったら考えてみる?・・・商品はありませんケド^^

| | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »