« IN THE ROOM | トップページ | お城 »

ミラノ

080121

今日(1/21)の東京は寒い。雪の予報が外れほっとしています。
さて問題です。寒さに弱いワタシが、一体何故ミラノに行ったのでしょう?
答えは、「弱いのは寒さだけではなく頭もだった」から。

実は、年始の休みがいつもより二日多いと気づいたのが、年末に突入する頃。急遽、海外に行こうと格安ツアーをあたったところ、ほぼ満杯か予約待ち。なんとかとれたのが、このミラノ・ローマツアーだったのです。
意気揚々と予約し、娘に言うと、「ミラノって東京より寒いんじゃない?」と。
ええ!!そうなの?ミラノって寒いの?ぎょえーー!!と心で叫んでも後の祭り。
すでに出発日の1ヶ月前。キャンセル料が発生中…また格安ツアーを探すのもなんだか面倒くさいということもあり、南極へ行くわけじゃないし、とムリヤリ寒さに対する不安をねじ伏せたのでした。

そして…やはりミラノは寒かった。
ホテルから数10メートルのチェントラレーレ駅に向かうときにすでに凍え、ドゥオモ駅で下車。
地下鉄を上ると、すぐ目に飛び込む荘厳なドゥオモと優美なヴィットリア・エマヌエール2世のガッレリア…感動よりも寒さで震えていたかもしれない。

下の写真はスピガー通り。こじんまりとした路地のようなとおりに、センスのあふれるショップが並ぶ。が、しかし。雪が強くなり、寒さのため、いくつかの予定は中止。トラムが走るモンテ・ナポレオーネ通りのカフェで休憩後地下鉄に乗りホテルへ戻りました。

0801212

夜になっても雪は降り続くき、ホテルから歩いていけるブエノスアイレス通りに。
ここは、ミラノの中心地にあるブランドストリートよりもカジュアルなショップが立ち並ぶ。

イタリア、もしかしたらヨーロッパ全般にかもしれないけど、1月だというのに、すべてのストリートでクリスマスのイルミネーションが健在。クリスマスグッズも堂々と売られているし。
日本はお正月というビッグイベントがあるから12/25過ぎたらクリスマス色は一掃しちゃうのだけど、コチラはクリスマスをかなりひっぱる様子。もしかしたらイースターまでクリスマスムードなのかしらん、と思ったほどでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ですが。
プラダ本店などでショッピングを楽しんだ娘とは対照的に、私は海外でのお買物にあまり興味がない。
1月はちょうどセールが始まった時期で、50%70%の張り紙にちょびっとは目が奪われたのだけれど、それよりも、スーパーマーケットや本屋さんのほうが楽しいと思う。
さらに、イタリア土産は、カルディあたりで売ってるのと同じだし、気の利いた雑貨などは、東京のほうが手に入りやすいような気がして結局買物はほとんどしなかった。

がしかし。旅の1日目に予定外の生理が始まる。
フロントは男性ばかりで聞く気になれず、部屋をお掃除してくれる移民系の女性に、ホテルにナプキンが置いていないか、もしくは、ドラッグストアが近くにないか、などと聞くも、しばらく通じない。。。「サニタリーナプキン」を幾度となく連発しやっと通じる。恥ずかしいんだからもう。。。
なんとか、駅に向かって右側の店で買えるという情報を得、雪の中、ナプキンを求め彷徨いましたよ。
しかし、中央駅付近はオフィス街のようで、そういうお店がなかなか見当たらないまま、駅に着いてしまう。
氷の城のような冷たい印象の駅で、さぁどうしようと、あたりを見渡すと、なんと、十字のマーク発見!やったぁ!絶対、薬屋だよ。十字のマークは世界共通ね!
ちなみに、そこの店のガラスのドアにはFarmacia(ファルマキオと発音するらしい)と書いてありました。私はファーマシーとローマ字読みし、納得しました。ドラッグストアでは通じなかったわけね^^(さらに、ちなみに、英語ではPharmacyという綴りです)
というわけで、私のイタリアでの最初のお買物は生理用ナプキンでございました(笑)

|

« IN THE ROOM | トップページ | お城 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラノ:

« IN THE ROOM | トップページ | お城 »