« 花が舞い込み… | トップページ | ドラリオン »

Sumimasen。

娘との海外旅行も、パリ・NY・そして今回のミラノ・ローマで3度目となりました。
これまで、旅先での会話等、娘に頼りっぱなしで、たまには自分で話してみたら?と言われもした母の威厳ゼロのワタシ。

ちなみにウチの娘、特別英会話が得意ということはないのです。
ただ、臆することがない。むしろ異国の人と話すのを楽しんでいる様子。
決して多くはないボギャブラリーで必要なことを伝えます。中でも感心したのが、母娘ふたり初めてパリに行ったとき。娘はまだ10代でした。

ホテルでのチェックアウトの際、明細を見た娘が「コレ違う!」と言い出したのです。
ホテル近くのスーパーマーケットで購入し部屋に持ち込んだドリンクの空き瓶が、明細にカウントされているのを発見したのです。

正直、ワタシは横文字で書かれた明細をハナから解読する気がありません。提示されたとおりの金額にサインをすることしかできないし、しようとしないヤツです。
娘にすれば、そんな母は不安材料でしかないのでしょう。母との旅行で明細をチェックする10代の女の子なんて、まずいないですよね?(笑)
そして娘は、フロントに直接「コレとコレとコレは外から買ってきたものです」と英語で伝え、きちんと訂正させたのです。

さてさて、今回の旅。これ以上娘に呆れられたくないので、自分で話せそうなことは話すよう心がけました。
ま、「お湯が出ません」とか、「○○はこのあたりですか?」とか、「カードで支払いたいのですが」みたいな中学1年生程度の英語力しかないワタシ。
だもんで、通じないハナシはいたるところで発生しましたケド。

ホテルでタクシーを呼んでもらう時の事です。
最初のホテルでは、チェックアウト後、「Please call a taxi」だけで済んだのですが、次のホテルでは、事前に予約が必要とのこと。なので以下の会話を英語でしました。

私:「明日の朝9時に出発したいのでタクシーを呼んでいただけますか」
フロント:「かしこまりました。で、どちらまで?」
私:「マルペンサ空港までです」

すると、フロントの人、なにやら言い出すのです。
「what time」という単語だけが聞き取れたので、んー??最初に言ったじゃん…と思いつつ「at9:00」と答えると、「Wait here at 6:30 in the morning of tomorrow」みたいなことを。
はぁ?9時に出発すれば充分なのに何で早朝の6時半にここ(フロント)で待たなくちゃいけないの?!

その後、身振り手振り、筆談交えての結果、フロントの人は、飛行機の出発を9時だと思い込み、親切心から逆算してタクシーに乗る時刻を計算してくれたと判明。
いえいえ、飛行機は11時55分出発だから、ここを9時に出れば大丈夫、と、なんとか伝わりました。

あと、タクシーで空港に行くときは、空港のどこにつけてもらうかを事前にチェックし、international airline(国際線)・ domestic airline(国内線)かを伝えても、英語を得意としない運転手さんだったりすると、「sì(yes)」と応えたからといって、通じてなかったりしました。
これはワタシの発音のせいばかりじゃないぞ、と思いました(笑)

それから、残金が心細くなり、娘がローマで両替しようとしたときのことです。
「ママ、両替のときは何て言うの?」と問われ、コレは簡単!「Please change yen to euroだけだよん♪」と自信を持って答えました。

さて、街角の両替屋さんの窓口で娘が上記センテンスを言うと、ものすごい早口で「□△♪○♭×☆!!!!!」と。。。
わずかに聞き取れた単語から、パスポートを見せるよう言ってると判断しました。
あいにくホテルに置いてきているので、手帳に控えた№を伝えると、さらに「■○♭×и★Π▲☆♯■!!!!」
バースディという単語だけ聞き取れたので生年月日を伝え、ようやく両替が完了しました。

いやいや、旅行英会話集の両替の項目には、パスポートや生年月日のことなんか出てこなかったじゃんと思ったけれど、後で考えたら、両替にはパスポートが必須だったのかもしれない。パスポートを持参していれば yen to euroだけで済んだのかもしれないね。
何にしても、会話がマニュアルどおりにいかないのは当り前。なんとか通じたときのほうが楽しかったし…などと思えただけでも進歩かもしれない。

もっとも、娘には「ママ、なぜか最初の言葉は日本語なんだよね。Sumimasen、 Is the subway this neighborhood?みたいな」って言われちゃいましたけど^^
はははは。そいつはどうもSumimasenだね。

ちなみに、日本出発時のレートが168円。街角の両替屋では当然割高。
でもブランド品や雑誌は、日本よりイタリアのほうが安く買えたと思います。

080130


|

« 花が舞い込み… | トップページ | ドラリオン »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sumimasen。:

« 花が舞い込み… | トップページ | ドラリオン »