« チャンプ安らかに。 | トップページ | カレンダーとキッチン収納本 »

*御礼*

早いものでチャンプが逝って1週間たちました。
その間、たくさんの方からメールをいただき驚くと共に本当に感謝しております。お会いしたこともない方々からのメールで、どれだけ励まされたことか。本当に本当にありがとうございます。
おひとり、おひとりにお返事できずにいますこと、大変申し訳ありません。
いつか、この想いを言葉にすることができたらと思います。今はまだ、言葉にならない、というより、語彙が少なさ過ぎる自分が腹立たしいです。

チャンプがいなくなってから、私が泣きはらす日々は、案外短いものでした。
亡くなる前の数ヶ月間に、たくさん泣いたせいかもしれません。
今は、家族とチャンプのことを話しても、笑い泣き。笑うほうが多くって、涙は一瞬で乾いてしまいます。本当に。

もちろん、喪失感という哀しい感情はあるのですが、それこそ、生きている間にチャンプは、私たちに悔いをのこさぬよう、無理して生きていてくれたのかな、などとも思うのです。

いただいたメールの中に、子供が生まれ、昔から飼っている犬に手がかけられず申し訳ないと、ご自分を責めている方がいました。そして、チャンプをとおして、そのことに気がついたとも書いてきてくださいました。

私だってチャンプが元気なときは、手のかからない3番目くらいにしか思っていませんでした。
愛情はありましたが、その頃は、あえて伝えようとはしていなかったかもしれません。
チャンプが年をとり、様子がおかしくなってから…チャンプのことが気がかりになったのは、ここ1年弱。
チャンプ中心に家族が行動するようになったのは、ここ4.5ヶ月のことです。
手がかかったのは、一緒に暮らした14年のうちのほんの少しの期間です。
いえ、「手をかけたいと思った期間」というほうが正しいかもしれません。
そして、チャンプにとっては肉体的に辛い辛い時期だったでしょうが、そのおかげで私は、今まで抱っこもさせてくれなかったチャンプを抱くことができたり、ぬくもりを思う存分感じることができました。いつもチャンプのことが頭から離れない。チャンプの虜(笑)。なんだか初恋以来の気分になりましたもん。

ああ・・・これを読まれている方は、私が何が伝えたいのかわかりませんよね。。本当に表現力が不足している自分…
なんだか中途半端な文章ですが、元気な頃は、傍にいるのがアタリマエで、弱ってからやっと、本当に本当に大事な存在だと気づかされた私はたいした人間じゃありません。
だけど、そんな私の傍に最期までいてくれたチャンプから、とてつもなく大事なものをもらい、さらに、お会いしたことのない方々からも、たくさんの大事なものをいただきました。

本当に本当にいろんな人やいろんな出来事にありがとうです。

|

« チャンプ安らかに。 | トップページ | カレンダーとキッチン収納本 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: *御礼*:

« チャンプ安らかに。 | トップページ | カレンダーとキッチン収納本 »