« 3mの思いやり | トップページ | レースペーパー »

教育訓練給付制度

歯科治療にダイエット。目標を設定し達成することが面白くなっちゃっている今日この頃。さぁ次なる目標は何にしようと考えて、ここいらで「苦手分野」に挑戦してみるかなぁーなんて思ったりして。ワタシの苦手分野とは、ズバリ頭脳を使うこと。ひらたく言えば「アタマワルイ」のだ(エヘン!)

実は以前から、英語を話せるようになりたいなぁ~と、漠然と思ってはいたのです。
しかし、「何のために」と問われれば「話せたらかっこいいじゃん」くらいな理由なわけで、ちっとも必要に迫られてなくて、ましてや中学生の英語だってオボツカナイもんだから、そのうち・そのうち、と先延ばしにしてきた。

ところが、ほら、目標をもつって案外楽しいってコトに気づいちゃって、1年じゃムリでも10年やればなんとかなるかもと、まずは英語を教えている知り合いに相談してみたら、こんな言葉が返ってきた。

「英語は簡単に上達するもんじゃありません。私はたくさんお金をかけて、たくさん恥をかいて今の語学力を身につけました」

うん。数ある語学学校の魅力溢れるキャッチコピーよりも、ずっとずっとココロに響いたよ。そのとおりだと思います。
私はさらにその何倍もの時間とお金がかかるかもしれませんが、まずは始めてみようと、先日某語学学校の体験レッスンへ。

どこから来たのかとか、何の仕事か等の質問に続き、やはり聞かれた「ナゼ英語を習うのか」には、「びこーず あいうぉんと ごうとぅ海外旅行…えーと、おーばぁしぃずとらべる あろーん」と答え、きっとこんなふうに答える初心者はめずらしくないのだろう、さらに「Do you want to go to overseas where?」みたいな質問(に聞こえた)には、「Paris…Italy…Bulgaria…Sweden…」
英語圏ひとつもないじゃん!って言ってる最中に気がついていたのだけどね、、、、(笑)

さて、習うにあたり、かかった費用の40%が戻ってくる教育訓練給付制度を利用しようと思います。
せっかく長いこと働いてきたんだもん。こういう制度使わない手はナイよね?ってことで、しっかり該当することを確認済み。
なんたって頭脳労働が苦手なワタシ。この制度を1年目に使ったところで、その先の自己投資額は莫大なものになりそうだもの(汗)

教育訓練給付制度とは
働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。 一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に相当する額(上限あり)をハローワーク(公共職業安定所)から支給します。

|

« 3mの思いやり | トップページ | レースペーパー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育訓練給付制度:

« 3mの思いやり | トップページ | レースペーパー »