« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

ダイエットレシピ

070330
ダイエット開始から早4ヶ月。
ここ2ヶ月は大幅な増減はなく、体重47kg・体脂肪率20%(つまり約-4.5kg、-5.4%)をウロウロ中。
はじめてのダイエット、そろそろ成功といってもイイかな?と思っています。
というのも、ワタシの身長だと体重47kgは、これ以上減らしちゃダメダメというボーダーラインらしく、生命維持機能のせいなのか、体重はホント動きがない。
けれど体脂肪率は確実に減り、19%台から20%台をキープ。これは性別・年令からみて、かなり低い。
目標だったスキニーも細身のジャージワンピも着れるようになり、15分歩くのも嫌がっていたワタシが、いまや1時間歩ける機会に遭遇すると嬉しくなっちゃうという変わりよう(笑)

消費カロリーより多くカロリーを取らない、筋肉量を増やす運動を取り入れるという地味ぃなダイエットは、即効性はないけれど確実性はあり、「ダイエットとは今までの生活習慣の見直し」なんだと、あらためて実感しています。
「スキニーがはきたい」で始めたダイエットですが、肌の調子が良くなったり、食事を作るのが楽しくなったりという副産物まで得ちゃいましたよ!(笑)

でね。ワタシが美味しいと思ったダイエットメニューのレシピを少し。写真があるといいのだけれど、帰宅後の夕食事は一番忙しい時間なので画像なし。出来上がりイメージは想像してください。また、分量は各自調節してください…とまで書くと、もうレシピとは呼べませんなぁ。。
ま、ご興味ある方だけご覧くださいませ(笑)

ノンご飯・いなり寿司
材料:油揚げ・高野豆腐・乾燥椎茸・しらたき(こんにゃくでも)・にんじん(あれば、ハスも♪)
1.油揚げは油抜き(お湯に浸し、軽く絞り油分をとる)し、二等分し開いておく
2.戻した高野豆腐は5㎜~1㎝のサイコロ状、椎茸は水で戻し、その他の材料と細かく刻んでおく
3.椎茸の戻し汁に、顆粒だし・醤油・砂糖を足し、1と2を一緒に煮る
4.煮汁がなくなる直前で火を止め、少し冷ましてから、油揚げに高野豆腐・椎茸・しらたき・にんじんなどを詰め出来上がり。

*コレはね、ワタシが読んだ本のダイエットメニューでは、高野豆腐のかわりに「水切りした豆腐」を使っていたんだけど、時間がたつと水分が出やすいのが難点。
高野豆腐が苦手な人以外はおいしく召し上がれると思います~
あ、酢飯を少し混ぜても美味しいです。五目いなりの「ご飯より具が多いバージョン」ですね(笑)
だからダイエットしていない家族には、ご飯を普通量の五目いなりも作りやすいというメニューです。

お豆のサラダ
材料:サラダ豆水煮・ブロッコリー・きゅうり・玉葱・1/3ドレッシング(フレンチorアイランド)
1.水切りしたサラダ豆水煮、ゆでたブロッコリー、スライスし水にさらした玉葱、適当に切ったきゅうりをドレッシングで合えるだけ。でもドレッシングは1/3といっても控えめに。チョイ時間をおけば少な目ドレッシングでも、味がしみ美味しいですよん。

*もともと生野菜のサラダは大好物なのですが、満腹感があるのは温野菜やお豆のサラダ。このサラダ豆水煮は袋から出し、さっと水切りするだけで美味しくいただけるスグレものです♪
あとドレッシングはね、ダイエットする前はお酢とサラダオイルどばどば入れたのがベースの自家製ドレッシングが大好物でしたが、えらい高カロリーと知ってからは、自家製もオイルはものすごく控えるようになりました。

カレースープor低カロリーカレー
材料:市販のカレールウ少々・コンソメ・ハムまたはささみ・玉葱・にんじん・じゃがいもなど
1.ざく切りにした野菜とハム(またはささみ)をコンソメを入れたひたひたの水でゆでる。野菜はね、あり合せのモノでいいのです。きのこやキャベツの芯やブロッコリーの芯なんかも美味しいです(ホントよっ!笑)。あと上記の煮豆も合います~
2.材料が煮えたら市販のカレールウを1/3から1/4割りいれ、よく混ぜる
3.お水を足し、塩胡椒で味を整えればカレースープ
4.水溶き片栗粉でとろみをだし、ご飯をそえてカレーライスにも。

*カレールウって高カロリーなんですって。これはね、コンソメで味を濃くし、カレールウの使用量を抑えたメニューです。
そうそう!このカレーを少しだけよそい、暖めた豆乳で伸ばすと、まろやかな美味しいスープになります。

とろーり豆腐
材料(3~4人前):とりひき肉100~150g・絹ごし豆腐2~3丁・青梗菜・しめじ・しょうが少々・片栗粉
1.みじん切りのしょうが・とりひき肉・サイの目に切った豆腐・しめじ・めんつゆで味付けした1/2カップの水をフライパンで熱する
2.火がとおり、豆腐の水がでてきたら、根本を切った青梗菜を加え、しなっとしたら水溶き片栗粉をいれ、とろみがでたら火を止め出来上がり

*青梗菜は小さく切らずに、根本を切った葉っぱの状態で盛り付けるとキレイ。
とりひき肉は少なめ、お豆腐は多めにし、片栗粉のとろみでちょっとコッテリ感が出ます。
野菜は小松菜やほうれん草、きのこも椎茸やえのきなどに、えびなど魚介類を入れたりと応用しやすいメニューです。
味付けもめんつゆの他に、中華風味に胡麻油やラー油を少し加える、みたいな応用も。
ダイエットメニューにお豆腐はよく登場しますが、こってり感が欲しいときなど、この片栗粉をプラスしたメニューは重宝しました。

その他いろいろあるのですが、今日はこのくらいで♪

| | トラックバック (0)

トレンチコート

070328_2
3月も残りわずかとなったコチラ(東京)の今日は暑い。
ぽかぽか陽気を通り越している。
桜も咲き出している。
職場近くの上野公園はものすごいことになってるだろーなぁ。

こんな陽気だと、先日またもオトナ買いしたベージュとブッラックのトレンチコートが活躍中(写真のやつよん♪)
「またもオトナ買い」などと書くとエラク金持ちっぽいけれど、さにあらず。
ワタシのオトナ買いは「安いから色ちがいで買える=つまり、想定していた一着分の値段で二着買える」というときに限っているのだわん。

さて、こんだけ暖かいと通勤電車の中でもトレンチコトート多々みかける今日この頃。
今年はとくに女優風ドレス型トレンチ(ウエストがキュっとなっていてワンピースのようなボリューム感ある裾)がヒットしてますね~って、ワタシがオトナ買いしたのもこのタイプ。
でね、スタンダードなトレンチも持っていて、えっと、キャメルのロング丈・黒のハーフ丈・ベージュのハーフ丈、、、合わせて5着もあるんだ!

でもアレよ。
トレンチコートって、なんとなく長く着られそうでいて、実際は毎年モデルチェンジしているアイテムだから、ちょっと前のカタチがすごく古臭く見えたりする。
ちょっと前どころか、こりゃバブルの頃の?というような肩パット入りのトレンチも見かけたりするもの。

かといって、先日オトナ買いしたドレス型トレンチね、これも一歩間違えるとイタイ。
いくつか試着したのだけどね、いかにも若作りになっちゃうラブリーなデザインもあったりしてね…って、これ、デザインじゃなくて、アタシ側の問題でしたね。。。(笑)

| | トラックバック (0)

いろいろ・さまざま

070323green
色々な色。様々な模様。
今日の更新は「こんなの」に「いろいろ・さまざま」です。


| | トラックバック (0)

石と花

070323seibu先日、娘から招待券をもらったので姉と行って来ました。

ヴァン クリーフ&アーペル100年 永遠の煌めき展

お招きの花展


どちらも池袋西武デパート。デパートの催事場で行なわれる展覧会は美術館ほど規模が大きくないので気軽に立ち寄るカンジで行けちゃいます。
ワタシ的にはヴァン クリーフのほうをかなり楽しんじゃいました。
宝石そのものへの興味というより、その芸術性、人の手の技の奥深さに心打たれました。また、年代モノのポスターや宝石を身につけたセレブの写真などから時代背景などを読み取るのも面白かったです。

| | トラックバック (0)

フランシスコの2人の息子

070322_1

今年見た映画の中で一番よかった。

「フランシスコの2人の息子」の公式サイトはコチラ

でも…息子は2人だけじゃないんだよね。

| | トラックバック (0)

すっきり収納アイデア500

070319gakken
3/17発売の「すっきり収納アイデア500」(学習研究社)P62から69で「1000円以下でできるハンドメイド収納」を掲載していただいております。
撮影場所は自宅。なのでスタイリングには日常つかっているモノやサイトで知り合った方々から購入した小物なんぞもちらりと使わせていただいてます♪

| | トラックバック (0)

ふくろもの

今日の更新は「こんなのできた・その他編」に「ふくろもの」です。
これは去年ゼクシィという結婚情報誌に掲載していただいたうちの2作品です。
雑誌など掲載していただいた作品は、その雑誌発売から何ヶ月かたったら、サイトでもご紹介しようと思っているのですが、けっこう忘れるんだなコレが。

さて今夜は夜更かしです。有難いことに複数の制作依頼をいただいてまして、せっせと制作に励み中。
でも明日・・あ、もう今日か(・・・ただいま午前2時になるところ)
えっとね、今日から公開の「フランシスコの2人の息子」を観に行きたいので、そろそろ寝ますわ。映画館で睡魔に襲われたらタイヘンですもの。

襲われる心配は睡魔しかない今日この頃。。。

| | トラックバック (0)

ほぼ「ほぼ日」。

ひどい人間だと言われたら、いい人間だと弁明しない。
すまないことをしたら、いいことをして埋めあわせない。
胸にぽっかり穴が開いたら、代わりの何かで埋めない。
不安になったら、人から証(あかし)を求めない。
反作用をいったんこらえる。

上記は「ほぼ日刊イトイ新聞」の「おとなの小論文教室 Lesson340反作用をこらえる」より抜粋したもの。
なんだかとっても胸に響いたので、どうぞリンクをたどって全文を読んでみてくださいな。

もう何年も、月曜から金曜は、ほぼ「ほぼ日」を見ています。
「今日のダーリン」「気まぐれカメら」「ブタフィーヌさん」に「言いまつがい」…その他のコーナーも「くすっとさせられる選手権」てなもんがあったら、間違いなくそれらコンテンツが上位を独占しそうなものばかり。
ほっとできる場所。心から信じることができる場所っていうのかな。ほぼ日の存在はワタシにとってとても大きい♪

| | トラックバック (0)

ボビー

朝から雨の日曜日。雑誌をみていたら、あら!ボビー上映中なんだ!と気がついた。
ネットで会場を調べると、都内では4箇所だけ。これまで確率的に上映場所の少ない映画はアタリが多かったので「よしっ!行こう」と最初の上映時間に間に合うよう急ピッチで支度を始める。
映画館は六本木ヒルズの中。駅についたときは上映時間2分前。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、大江戸線の六本木駅は地上へ出るまでものすごーーーーく時間がかかる。最初の回はムリだなとあきらめつつTOHOシネマズ六本木ヒルズに着くと、すでにコマーシャルは始まっているが入場できるとのコト。ラッキー♪

326233view008さて「ボビー」とは、1963年に暗殺されたJFK(ジョン・F・ケネディ)の弟ロバート・フランシス・ケネディ。彼もまた政治家であり、1968年の大統領候補指名のキャンペーン中に暗殺…ケネディ家の悲劇は有名だけれど、正直この映画を観るまで、弟も素晴しい政治家になり得たであろう存在だったことは知らなかった。
映画は、彼が打たれたアンバサダーホテルでの宿泊客や従業員の「その瞬間までの1日」で構成され、「グランドホテル」や「有頂天ホテル」のような手法。
ボビー本人の映像は当時の映像を使い、彼を演じる俳優はいない。
運命の日に居合わせるそれぞれの物語から時代背景を読み取ることができ、人々にとって「ボビー」がどれだけ待望されていたのかが伝わってくる。

326233view006_4ハイクラスな人々、貧しく人種差別を受ける人々、徴兵におびえる若者、人生の終わりにさしかかった老人。それぞれがその時代を象徴し、中でも厨房で働く不法労働者のメキシカンと深みのある黒人のやりとりは素晴しかった。
流れる音楽も1960年代のものだろう。個人的には当時の女の子のヘアスタイルやファッションも楽しんじゃったのでこの写真も。
終盤、知らず知らずに涙が溢れたものの、すんごくイイ映画だったのかと問われれば、うーん。。。。あれだけの俳優総出演なのに、なにか、もひとつ足りないカンジがするのは何故だろう?

でも。JFKもボビーも、生きていてほしかった。彼らの理念が実現する歴史を知りたかったと強く思った。

| | トラックバック (0)

MEGMILK

070312今年度、メグミルクのフリーペーパー「おはよう!みるくクラブ」の連載をさせていただくことになりました。
「気軽につくれる季節のおしゃれ雑貨」というコーナーです。
機会がございましたら、どうぞご覧くださいな♪

| | トラックバック (0)

椅子

20070309anthropologe
この椅子たちを見て年甲斐もなく「きゃぁ♪」なんて言っちゃったアナタは、是非ワタシの大好きなANTHROPOLOGIEのHOME DECORで詳細をご覧ください。
なんだか妙にこの椅子たちの虜となった今日この頃、今週の更新は「こんなのかいた」に椅子の絵です!

| | トラックバック (0)

@ばる-LUV 3回目

@ばる-LUVという女性の応援サイトへの3回目のコンテンツ提供をさせていただきました。「BEAUTY STYLE ちょっとの工夫で素敵な生活を手に入れよう」というコーナーです。

今回ここのサイトのワーキングミューズ企画に登場しているのはネイリストさん。
ネイリストという職業はワタシの若い頃はなかったと思いますが今や花形職業ですね。
娘がやっているカルジェルに興味深々の今日この頃です。

| | トラックバック (0)

パフューム

観てきました「パフューム -ある人殺しの物語
うーん。。。。。いまひとつだ。すばらしい映像なのに、心が動かされない。
ラストにいたっては「有り得ない」とヒクばかり。
有り得ない物語でも、その物語の世界にはいっていけたり心揺す振られたりすることはいくらでもあるだけどな…それを期待し観に行ったわけだけど、なんとも。
「幸福のチカラ」か「ドリームガールズ」か、この「パフューム」か、迷った末に観たんだけど、うーん…ほかのを観ればよかった。辛口ですみません。

| | トラックバック (0)

新手の勧誘?

先月は風邪がなかなか治らず、おとなしくしていた反動か、はたまた20度近くまで上がった気温のせいか、この休日はかなりアクティブ。
土曜日は吉祥寺、日曜日は映画と予定があったのですが、青山でのとあるイベントの情報を聞きつけ、ちょうど大好きなIDEEが表参道の裏に移転したにもかかわらず、まだ行けていなかったので、その日の朝、急遽ハード&ハイペースな行動計画し実行(笑)

絵画館が見える有名な銀杏並木そばのギャラリーで開催中の写真展のあと、青山通りを進み表参道へ。
表参道は人が多くて嫌になっちゃうけど、少し裏手にはいると「アタシこういう東京が好き」といつも思ってしまう住宅地になる。近くのPAUL SMITH SPACEも立ち寄り・・・おっと、この話はまた後日にするとして、青山通りを歩いていたとき、すれ違いざまに「ちょっとすみません」と女性に言われたのよ。
道を聞かれるのだろうと振り返ると、その女性は唐突にこう言った。

「あなた、いい転換期を迎えています」

は?・・・ああ、新興宗教の勧誘かと、すぐに悟り「けっこうです」と歩き出したけれど「いい転換期」は新手だねぇ。そのうえ、悪いことを言われるより関心度が高まるねぇ。
もしかしてナニカにすがりたい気分の人が言われたら、足を止め耳を傾けちゃうような殺し文句じゃないだろか。

とりあえずその日のワタシの気分は、お天気良サイコー!大好きな場所サイコー!体脂肪20%キリソウー!と、一昔前のロックンローラー的ハイテンション。
この新手の勧誘(たぶん)が、さらに気分を良くしてくれました。
新興宗教の勧誘でいい気分になったなんて生まれて初めての出来事だよ、と考えると同時に、ああ、こんなんで気分を良くしてるなんて、アタシけっこう引っかかり易いのかもしれない、と思った今日この頃。
だいたいよく考えると、3月って時期は「転換期の人」がすんごいたくさんいるよねぇ…アブナイ・アブナイ(笑)


| | トラックバック (0)

ひな祭りだけれどもイースターエッグ

070303
タイトルどおり今日はひな祭りですが今日の更新は「こんなのできた・その他編」に「イースターエッグ」。
あぁすっかり春ですねぇ~♪梅どころか桜も咲き始めているし沈丁花も香っています。
温暖化が問題視されている今日この頃ですが、やっぱし春が早くやってくるのは嬉しいです。

| | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »