« あかり | トップページ | バレンタイン »

情報過多・栄養過多

「まだまだあるある捏造大発見」なんてコピーも落ち着いた頃?
アタシ、例の納豆の放送は見ていなくて、納豆が売り切れ状態になり始めて知ったのですよ。

ちょうどその頃、初体験であるダイエットに取り組んで2ヶ月目くらいかな。
アタシがやっていることは「1日の消費カロリーより多くカロリーをとらない」という、まったくもってアタリマエで、なおかつ地道なこと。

常々「単品に頼るダイエットは胡散臭いゾ」と思っていたので、がら空きの納豆売り場を前に「うっそ…納豆で痩せたら苦労ナイじゃん…つか、ホントだったら2週間後には日本人みな痩せ組みかよ」って思ったけれど、番組をみていたら本気にしてたかも。データを見せつけられたらねぇ、信じちゃっていたかもしれない(笑)

今回の騒動は、データ神話を覆す出来事だったけれど、そもそも数字で表すデータって信頼できるもんなんだろうかしらね?
数字そのものはゆるぎないモノと思うのよ。だけれど、その数字を使って統計とったり分析したりは人間がやること。間違いもあるし操作もできるし、それこそ見当違いの分析しちゃってる場合もあるよね。

あと、数字のデータ改ざんだけでなく、科学者への取材を字幕で捏造したりしてたんだよね。
当の科学者さんが「番組スタッフは、納豆で痩せるというコメントを言わせたがっていた」って言ってる。
そう。あるんだよね。取材といっても「はじめに企画在りき」で、「その企画を成立させるための取材」だったりってこと。

私ごときの例を挙げるのもなんなんですが、サイトを立ち上げ毎月いくつもの取材申込をいただき、舞い上がっていた時期もあったのだけれど、そのうち、すごく違和感を覚えるようになったのね。
お察しの通り私への取材内容は、ほぼ100円ショップ関連で「100円グッズだけで生活しているお家訪問」とか「100円グッズで節約する賢い主婦」といったもの。
取材する側は、アタシを取材したいのではなく、「はい!100円ショップ大好きですぅ~!」「ウチには100円以外のものなんてありませ~ん♪」と応えてくれるヒトが欲しいのよね。
そういう記事、私的にはとんと興味がわかないのだけれど、きっと高視聴率の前例があったのでしょう。

作品製作依頼においても「人気のある作家さん風」と実名を挙げて依頼してくるヒトもいるぐらいだから(←コレ、堪えてないふりするのが大変だからやめてほしいなぁ。。)、そういう仕事をする方々も「前例というデータ(視聴率だったり売上部数だったり)」に振り回されているのかもしれないね。

ちょっと愚痴めいてきたかぁ?
ま、つくづく、情報過多の現代社会では必要な情報は本能で嗅ぎわけていくしかないんじゃないかしらんと思う今日この頃。

さて、納豆ダイエットはやらなかったけれど、ダイエットに取り組んでいるって書いたでしょう?
うふふの経過報告を♪

2ヶ月と20日が経過した現在、体重マイナス5kg・体脂肪マイナス4.5%(身長158㎝・体重46.4kg体脂肪20.9%が今朝の測定値です)
一月前に買ったスキニージーンズはユルユルになるは、数年前の36号のスカートがはけるようになるわと、コチラの数字は捏造報告じゃございません(笑)
先月、年1回受診している成人病検診の結果通知がきて、健康的にも問題ない痩せ方ができました。むしろ食生活に気をつけた分だけ健康になってるし(笑)

ほーんと地味なダイエット方法だよ。
「1日の消費カロリーより多くカロリーをとらない」「低カロリー高たんぱくで三食きちんと食べる」「ウォーキングする」「今日とったカロリーは翌日の朝までに消費する」だもん(笑)
でもさ、きちんと痩せたのは本当。「1週間で3kg減!・1ヶ月で10㎏減!」とか「○▲だけ食べて痩せる!」と言うのに比べインパクトはないけどね。つか、自分が痩せてみて、短期間で痩せたり単品ダイエットで痩せたりはアリエナイと思っちゃう(笑)
ゆっくりダイエットだからね、体重が一月くらいほとんど動きがないと心が折れそうになるんだけど、地道にやってきた。

そうそう、昨日のほぼ日で糸井さんが書いていたこと、えっと「ウォーキングをダイエットということではなくて、日常に取り入れてみようか」みたいなこと。
糸井さんとは同じじゃないかもしれないけれど、このところ、食生活と運動ってすごく重要なことだと実感しているの。
あのね、「そんなに食べていないよぉ~」って言っていた3ヶ月前のあたし。摂取カロリーと消費カロリーを計算したら、エラク食べてたよ(笑)いや、ほんと、少食と言われるアタシでさえカロリーオーバーだったんだから。

現代人に太るなってほうが難しいとは思うよ。豊かな食生活で得る過剰なカロリー摂取と便利な生活で得た運動不足。それを解消するためにお金を払ってジムにいったりするのが珍しくない現代。お金だけじゃない。時間だって捻出するんだよね。なんかヘンだよ、って思った。
だから、日常に運動を取り入れるって、すごく真っ当なことだと思うの。

あたしがダイエットのため参考にした本には「夕食後の30分のウォーキングが効果的」とあるのね。その日の摂取カロリーを翌朝に持ち越さないためには確かに効果的な方法と思うけれど、夜は時間が作りにくい。
で、できない理由を挙げてもしかたないから、できる方法で取り入れようと思った。

昼休みの20分や通勤の一駅区間の30分をウォーキングの時間としてみた。
よく、体脂肪を燃焼させるのには20分以上(30分以上と言う説も)継続して運動しないと、とあるのだけれど、10分でも15分でもやらないよりはマシでしょ?
ここでも、できない理由を挙げるより、できることをやってみた。

つまり、最初は意識して体を動かすことを日常に取り入れる。
それがやがて無意識にエレベーターより階段をつかうようになる。歯をみがくのと同じ感覚みたくなるの。

ダイエットって、現代人にとっては一時的ではなく、ずっと継続していくものだと思う。
ずっとつき合っていくものだから、無理なく、むしろ無意識でできるようになったらしめたもんだと思うのですよん♪

以上、あたしの実体験に基づいた「あるある情報」でした!

|

« あかり | トップページ | バレンタイン »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報過多・栄養過多:

« あかり | トップページ | バレンタイン »