« ウエッジソール | トップページ | あかり »

チャンプのセーター

070130
写真をみてへんなカタチのニットだと思ったアナタ。ヒト科のものではありません。
犬のセーターです。お正月に編んだこのセーター、編み方を教えて欲しいとのメールをいただいているのですが、いやぁ、、、説明できまっしぇ~ん。。。編んではほどき、立体裁断ならぬ、仮縫い…じゃなくて仮編み?で制作したのですもの。

実はアタシ、編めるのですが、はぐことが出来ない。なのでマフラーのように繋がなくていいモノか、輪編みしかデキナイ。。。
さらに言うならば、何を作ってもオリジナル。
編み物に限らず、お手本どおりにナニカを作れたことがナイっ!!…って、偉そうにいえないコトですね。いうなれば、教えがいのない教えづらいコ、いわゆる「大人にとって扱い難いコが大人になった」ということです。

ああ、なんだか子供時代から現在に至るまでの「ズレっぷり」を自ら告白しているようなものですね。
気を取り直して、一応説明を試みてみます。

このセーターは最初後身頃の下側を編み始め、そこから前身頃の目を足し輪編みをしながら編み続け、同じく輪編みで作った両袖を編み棒に足し数段編み、今度は目を適当に減らしていき襟のゴム編みへ突入。最後に裾周りの目を拾い、やはり輪編みでゴム編みしました…ね?読んでもわからない説明でしょ?。。。。すみません。説明したアタシも読んだアナタもまさに無駄骨かもしれません。

ところで、仮縫い編みの末作ったわりにはナカナカ思ったとおりには行きませんでした。
「意図した折り返したっぷりのタートル」は着ているうちに「申し訳程度の衿」になってるし、「意図しなかったのに流行りのパフスリーブ」。。。ただでさえ服を着せると違和感のある日本犬チャンプに王子様のようなパフスリーブとは…ま、いいかぁ♪
070130champ_1

|

« ウエッジソール | トップページ | あかり »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャンプのセーター:

« ウエッジソール | トップページ | あかり »