« ハロウィン | トップページ | 数字とアルファベット »

ちょっと仕事について思うことを4

そろそろ正職員になった経緯を書こうと思っているんだけど、書けないんだわ。
あの頃って、今までの生きてきた中で一番辛いときなんだもん。
親が亡くなったときよりも、思春期に失恋したときよりも辛かったのは、上の子の心がまったく見えなくなっちゃったから。
あの子の思春期・反抗期の数年間は今思い返しても胸が痛い…一番幸せでいてほしい我が子が、私のせいで幸じゃない…母親としての自信どころか、人間としての自信が粉々にくだけちゃった。

あ、今はもう、そんなことないんだけどね。傷つけあうこともなくなったからね(笑)
ただ、傷は傷のままなんだねぇ。薄くなって近くでないと見えないくらいになっても完全に消えることはないんだねぇ。たぶん、あの子も。
いや、むしろ、あのときの痛みを忘れたりしちゃいけないよう気がしてるんだ。マゾじゃないんだけどね(笑)

さらっと書いちゃうけど、けっきょくそれまで築き上げた自信とか価値観が崩れたことで、へんなプライドを捨て去り、「本当にきちんとした立場で働きたい。お金を稼ぎたいんだ」ってことを伝えられ、受け入れてもらえた。その結果、正職員として採用されたということなんです。
なんてさ、詳しく書かないから説得力ないね。ゴメン(笑)

で、正職員になり、ひとつの職場で働けるようになり10年。
世の中の流れは、そこに属せば一生安泰という終身雇用制度は崩壊しつつある。
今の職場は今のところ終身雇用だけど、5年後10年後にどうなっているかはワカラナイということがわかるくらいの年齢になった。

ワタシが働き出した理由は生活のため。
それがいつのまにか、知らない世界を垣間見、知識を吸収する喜びを感じるようになり、やがて自分の存在価値を認識する手段となる。
もちろん、家事も育児も喜びを感じれますよ。
でも、世の中さ、何がおこるかわからない(無計画なワタシがいうのも何なんだけどね)
急にご主人の会社が倒産しちゃって無収入になるってことも多々ある世の中。
病気や事故で働けなくなる場合もあるよね。
いざというとき、何とかなる自分でいたいと思うのですよ。
それが仕事をしている一番の理由かな。

いやはや何だかまとめに入っている自分を発見。今日はこれまで!

|

« ハロウィン | トップページ | 数字とアルファベット »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと仕事について思うことを4:

« ハロウィン | トップページ | 数字とアルファベット »