« 被写体とお日様と撮影技術と | トップページ | てこずるネーミング »

携帯のカメラで

Kitijojiカメラがついていない携帯のほうが珍しいであろう今日この頃。
しかしワタシは携帯のカメラはほとんど使ったことがナイ。
出かけた先で入った雰囲気のよいお店や、美味しそうなランチなど、ホントは撮影したいのだけど、なんだか恥ずかしい。
店内撮影お断りの張り紙があるトコロはハナから撮る気はないけれど、お断りの張り紙がなければ撮っていいのかどうなのか…判断がつかないから結局撮らない。
お店の人にひとこと聞いてみればよいのだろうが、忙しそうにしてたりすると、それも気がひける。

だからこの写真はある意味貴重な1枚。
向かい側の鏡に映しだされた店内をドキドキしながら撮りました(笑)
よく行く吉祥寺のお店で、店内にはアンティークなポスターやレコード。古きよき時代というのかな?JAZZ全盛の頃のアメリカという雰囲気。
撮りたかったのは写真中央にあるペンダントライト(わかるかな?)
このお店、テーブルの頭上のライトはすべて違うもので、ひとつひとつどれも好き。

ドキドキしながら撮るよりは、コソコソ鉛筆でスケッチのほうが性分にあっているようで、写真は1枚だけ。このスケッチじゃぁ、雰囲気伝わらないだろうか?(笑)
Kitijoji1

|

« 被写体とお日様と撮影技術と | トップページ | てこずるネーミング »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯のカメラで:

« 被写体とお日様と撮影技術と | トップページ | てこずるネーミング »