« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

そろそろGW

050429

GWですね。
9連休なんて方もいらっしゃるのかな?
ワタシはカレンダーどおり。
カレンダーを見て気づいたのですが、今年は土曜日が祭日というのが多い気がします。
コレ土日が休日のワタシとしては「もったいない!」の心境です。
今日も土曜日とみどりの日が重なった。コレが日曜日だったらハッピーマンデイという有難い制度適用になるのになぁ。ああ本当にもったいない。。。休みは1日でも多いほうがいい。。。土曜日お休みじゃない方は、この発言読み流してくださいな。

さて今日の更新はカレンダーを利用したラベル。
手書きでささっと文字を添えられちゃう人に、ただただ羨望するワタシ。フリーハンドじゃ数字ひとつ満足にかけないもん。
そんな自分の弱点から生まれた発想です。

このカレンダーのラベルの空き瓶はね、4月2日に発売された「主婦の友」5月号の連載(77ページ)のもの。
(すっかり5月号の宣伝するのを忘れてたよ。あさってには6月号発売だ。わすれないうちに書いておこう。「主婦の友6月号は5/1発売予定です♪)
えっと、話を戻します。
その5月号連載ページのスタイリングで↑画像に写っている金属製のモノを使ったのですが、コレなんだかわかります?
答えはメジャースプーン。去年の夏NYへ行った時、案内してくれたSさんオススメのもの。スタイリッシュなデザインでしょ?
ゴム部分がスライドする、つまり、すりきりの機能がさりげなく付加されたところが優れモノです。Crate&Barrelで、5.95㌦でした。

それにしても、次はいつ海外旅行できるのかな…
このGWは国内。つか自宅とそこから1時間圏内で過ごす予定です。

| | トラックバック (0)

踏んだり蹴ったり笑ったり

Kasa山手線が長時間ストップしていた4月24日のこと。
夕方から復旧したとはいえ、ホームにあふれかえる人の多さに、遠回りだけれど帰りは地下鉄にした。
とある制作依頼の材料がなくなり、それを調達する目的もあったし。
しかし、乗換のたびに探すも入手できず、どっと疲れが増しつつ、自宅のある最寄り駅に着く。
すると、なんだか怪しい空模様。
「あれ?今日、降水確率低かったはずじゃ?」と思いながら駅を出て、目的の材料探しと夕飯の買物をする。

お店を出るとポツンと大きな雨粒が。本降りにならないうちに帰ろうと、急いで地下道に入った。
この地下道は線路をはさんで駅の反対側に出れるようになっていて、30秒もあれば出口に着くのだけど、そのわずかの間に雨はスゴイコトになっていた!
目の前の駅ビルで傘を買おうとも思ったけれど、傘を持っている人も雨宿りにこの地下道に入ってくるぐらいの豪雨。実際、傘など役に立ちそうもなく、しばらく雨宿りをするも、雨足は弱まる気配なし。

今日は動かない山手線と急な豪雨で踏んだり蹴ったりの人がたくさんいるんだろうな。
そのうえ上司に怒れたとか、得意先と上手くいかないとかなんて人もいるんだろうな…こういう思考回路になってるのは、無駄足になった材料探し(今日だけで5件も店を回ったのに!)や、納得できないもろもろのことで、精神的疲労モードに入っているから。

半ばヤケクソで「ええぃ!走っちまえ!」と、買物した二つのレジ袋の中身をひとつにまとめ(雨対策にしようという目論見)、地下道を飛び出した。
駐輪ビル前にも雨宿りをしている人がいて、走り抜けようとしたそのとき「あ!これ貸してあげる!」と声がかかった。
足を止めると、娘と同級生のMちゃんの母Kさん。
「すごい降りだわね。娘に傘を持ってきたのだけど携帯が繋がらないし、よかったらどうぞ」と、傘を差し出してくれた。

気持ちがね、ファ~とした。暖かいお風呂で、かたくなったカラダがほぐれていくカンジ。
気にかけてもらったことも嬉しかったけど、それだけじゃない。
大雨の中、家族のために傘をもって迎えにくる彼女の行為に暖かさを感じたの。
彼女だって昼間は仕事をしている。きっと夕食の支度を終え、ほっとしたときの大雨だったんじゃないかしら。

アタシだったら、迎えに行くかな?
アタシ自身、迎えに来てと言わない(言えない)性格だし、家族にしても「傘を持ってきて」と、ワタシに気軽にいえないかもしれない。
ジブンノコトハジブンデ…で築いてきた家族関係。裏を返せば、甘えて拒否されるのが怖いから。

でも、傘を差し出されたときの安堵感。嬉しいモンなんだね。
小学1年の頃、一度だけ母が迎えに来てくれたことを思い出した。それからすぐ母は亡くなっちゃって、2回目以降がなかっただけに忘れていたよ。その嬉しさを。

Kさんに会ったことで、思わず笑みがこぼれてね、つい余計なことを言っちゃった。
「人通りの少ない道になったらコレかぶって帰ろうと思ってたの」と、中身を除いたレジ袋を見せちゃった(笑)

傘を借り、家に着くと、夫が「たいへんだったね。迎えに行ってあげればよかったね」と。
ちょっとキマヅイ日々が続いていただけに、いえいえその気持ちだけで、その一言だけで嬉しいよ。
「Kさんと偶然会ってね、傘を貸してくれたの。Kさんが女神に見えたよ!」「そうそう!美味しそうなお刺身買ってきたから、すぐご飯にするね」
昨日までのギクシャクした空気がウソのよう。きっと土砂降りの雨で悪意も流れていったんだね。

さて後日談。
Kさんの娘Mちゃんとは、駅へ向かう道でよく会うの。
今朝も遭遇したので「ホント、いいお母さんだね~あの雨の中、傘をもって迎えにきてくれるなんて。おかげでオバサン助かっちゃった」「いえ、そんなコト」などと道すがら微笑ましい会話。ところが…

「オバさん、レジ袋かぶって帰るつもりだったんだって?」

なんだよ。伝わってんじゃん。オモシロ話、忘れないとは、さすがKさん。
でも、電車の中でお嬢さんから、お宅のオモシロ情報たくさん仕入れましたよん!
つか、朝の満員電車の中ですから、アタシだけじゃなく・・・かなりの人に知れ渡ったかも!(笑)

| | トラックバック (0)

アイロンがけの時間。

「忙しいという字は心を亡くすと書く」とはよく知られた言い回し。
ここでもよく「忙しいを言い訳にしたくない」と書いてきた。ってことは、何度も忙しさに負けちゃってるようですね、アタシ(笑)

今現在の忙しさは、子育て真っ最中の頃とは比べ物にならないほどで、肉体的にも精神的にもどんなにラクか。
なのに、そのことを忘れ、新たな忙しさに不平を募らせ心を忘れる。
そして凝りもせず、何度も「忙しいを言い訳にしない」と自分に言い聞かせる…学習能力低い…(笑)

忙ししくって、いっぱいっぱいしだすと、感情が怒りに変換されることもある。
「なんでアタシばかりなのっ!」ってヤツ。実にキケンな思考回路に入り込んじゃう。
その上、自分のせいにしても誰かのせいにしてもココロは晴れないってことは学習してるだけに、解決方法がなかなかみつからない。周りはモチロン、自分だって傷つけていく。。。

でね、週末にアイロンがけをすることにした。って、話の流れからすると唐突だけど(笑)

あのね、物理的に忙しいと、優先事項を順位付けるじゃないですか。
そして手抜きできそうなものをピックアップ。それが「アイロンがけ」だったの、ワタシの場合。
だからお恥ずかしいハナシですが、気に入って買ったのにシワがあるためずっと着ていない服があったり。
そのうえ捨てフェチ。着る回数の少ない服はシーズンが終ると処分しちゃうタチなので、1回しか着ていないのに、アイロンがけをしなかったという理由で処分の対象になったり。
だから、購入時にノーアイロンですみそうなものばかり選んできたり。

でもね、これって寂しくない?
合理的なことは、自分を忙しさから開放するための手段なんだけど、ソレばかりだと気持ちがすさむ。

なんかふと思ったの。
「出勤前にアイロンがけはムリだけど、週末にアイロンがけのための時間を1時間つくるのは可能じゃないか?」って。

決して得意じゃないアイロンがけ。それでも、そのためだけに時間をつくるのは贅沢な気分になれるから不思議。
この服、また着れるって思うと嬉しくもなる。
忙しいなら忙しいなりに出来ることはある、と思う今日この頃。

| | トラックバック (0)

ラップをラップ。

0604022
サランラップのCMはオダギリジョー。カッコイイです。今一番好きな役者さんかも♪
クレラップのCMのくるりちゃんたちも超キュート♪
でも、残念ながら商品のデザインはあまり好きではありません。

ラップやホイル類の指定場所って、すぐ取り出せるところが理想。なので、もうちょっとデザインを考慮していただけると嬉しいなぁ。。などとチラリと思っておりました。

以前、通販雑誌だったかしらん?ラップをラップする(包む)商品があったと記憶しています。
ただそれ、ガーリーなナチュラルテイスト路線で、購買意欲をそそりませんでした。

というわけで・・・イヤ、そういうわけでもないんだけど・・・普段は特別気にしちゃいないんだけど・・・ま、ちょっとしたきっかけがありまして、今日の更新は「こんなのできた・その他編」に「ラップとホイル」。箱を裏返して組み立て直したアルミホイルは、うん、実に簡単!(笑)

| | トラックバック (0)

瞬間お買い上げ品10

060414
「物欲、少ないと思います」「衝動買いもあまりしないんです」

なーんて書いても「瞬間お買い上げ品10」をアップしたあとじゃ矛盾しているよう?
だけど、これらのモノ、一度に買ったわけではなく数ヶ月にわたって入手したモノ。
「瞬間お買い上げ品=迷うことなく秒殺で購入」とはいえ、衝動買いとはチト違うと自分では思ってます。
いや、迷うものは、たぶん不必要なモノと思っているから、迷いが生じたら買わない。迷った時点でアタシの心を掴みきれない証拠だもん(笑)
ほぼ毎日、どこぞのショップをのぞくわりには、購買率はかなり低い(って、店員さんゴメンナサイ)

これ、経済的な問題もあるのですが、なにより、自宅にモノがあふれた状態がものすごくストレスになるから。

ん?じゃぁ、お金持ちで広い家に住んでいたら、ばんばん購入するのかなアタシ?
そういう環境になったことがナイのでわからないけど、やっぱいらんもんはいらないと思う性格だろうな。
なにしろ、片付けなくちゃいけないモノが多いとストレスになるんだもん。
え?自分で片付けるという発想がお金持ちから程遠いって?・・・だわねぇ(笑)

さて。
画像は娘が瞬間お買い上げしプレゼントしてくれたANYA HINDMARCHの手帳にかいたスケッチと、それを元にワードでお絵描きの「こんなのかいた」にアップ済のBATHROOMの絵・・・ぜいぜいぜい・・・JTのCMみたいだわね。

| | トラックバック (0)

このごろのこと

なんだか、近頃のこのごろ(このブログのこと)ときたら、すっかり100materialsの更新履歴ばかり。
いやぁ、書きたいことはたくさんあるのです。
ただ、文章は完全なる不得意分野なもので、時間はかかるわ・表現しきれないわで、忙しい時期(只今年度末処理真っ最中)は、自主規制するのです。
でも、ヘタクソながらも書くことの快感は知っているので、アレも書きたいコレも書きたいと煮詰まってきているのも事実。
きちんと文にはならないけれど、覚書程度に書いてしまおう。

「かもめ食堂」
なにやらスゴイ人気なんですって?
北欧人気の今、全編フィンランドロケ。出演者も小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんと個性派揃いで、原作は群ようこさん書き下ろし。

これだけでも見る価値ありそうと、先月、公開間もない頃に観に行ったけど、うーん。。。。。。
混んではいたわよ(なにしろ上映場所が少ないんだから)

面白くないわけじゃナイけど、見終わった後、「誰も誘わなくてよかった」と正直思う。
舞台は北欧、味のある役者さん。なのに、あえて人に薦める気になれない不思議な映画でございました。辛口ですみません。

「表参道ヒルズ」
って2月にオープンしたのよね?
隔週くらいで青山・原宿方面に行くのだけど、いつ行っても表参道は混んでいる。
表参道ヒルズ一帯なんて、さらに人ごみ倍増地帯だから、いまだ未踏。
なんだか一生外観しか見ない気がするなぁ、なんて何度も前を通り過ぎた頃、はたと思った。
表参道ヒルズ内に、どうしても行きたいショップがないんだナ。

「昇給」
基本給はウッソォ!と言いたくなるほど低いけれど、一時金(ボーナス)は、これまたウッソォ!と言いたくなるほど率が高い現在の職場。
しばらくなかった昇給が今年度はありまして、その額4桁。
わずか4桁の昇給も年収にすると反映率は大きいのですよん。雇ってくれてアリガトウな職場です。
ところで、この職場、基本的に残業はナイ。
残業する人=就業時間内に仕事が出来ないという図式がハッキリしているのです。
もちろん、職場環境・職種によって残業の必要性はイロイロですが、残業しづらい環境はワタシにとってものすごく有難い。ホントに雇ってくれてアリガトウですわん♪
あ、でも、税金にも反映するのよね。。。

再読
毎日往復2時間の通勤に文庫本が欠かせないと以前書きましたっけ。
なので、新刊の文庫本をハイペースで買ってしまっていたのね。
で、面白くないと読み終わったら駅のゴミ箱に廃棄、なんて、プチバブリーなことやってました。
なんたって、必要ないものはすぐ処分したくなる捨てフェチですから。
でもね、捨てられない本というのもあって。
捨てフェチの魔の手から逃れた本、再度読み直してみようと思った今日この頃。

ケン・フォレット 「大聖堂 上中下巻」「ピラスター銀行の精算 上下巻」
ステーヴィン・キング 「刑務所のリタヘイワ-ズ」(ショーシャンクの空にの原作)

何度読み返しても面白かった。
だいたい、何年も前に読んだ本や映画のストーリーって忘れちゃうのよワタシ。
すんごい新鮮に読んじゃった!(笑)

| | トラックバック (0)

このチープ感がたまらない

04084月です。
今日の更新は「こんなのできた・雑貨編」にビニールクロスを使ったモノ。
数年前だったら、見向きもしなかった素材。レースをかたどった安っぽさがナンダカナだったのです。なのに、いまや、このチープ感がたまらない(笑)
自分の感性の変化に少々とまどう今日このごろ。
そういえば「色」についても、似たような感覚を覚えることがあります。
基本的に嫌いな色はないけれど、身につけたくない色、インテリアに取り入れたくない色というのが、そのときどきにあります。
が、ある年には妙に気になる色になっていたり。不思議なものです。
そそ、去年だったら選ばなかったであろう色を使った着せ替えの絵。ポストカードにしてみましたよん♪

| | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »