« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

「SAYURI」と「かおり」

sayuri通勤に文庫本が欠かせない。一冊を読み終えると喪失感を埋めるかのように次の本を探すワタシは立派な活字中毒かもしれない。

正月明け。次に読みたい本にめぐりあえぬまま仕事始め。
そんなとき、VIVID MEMORIESというブログで、映画化された「SAYURI」の話題を読み、その日の帰りに文春文庫の「さゆり」上下2巻を購入。

日本人ではない作家アーサー・ゴールデンが、日本の花街を舞台に書いた小説「Memoirs of a Geisha」は、日本語に訳され「さゆり」というタイトルで出版された。
ハリウッドで映画化されたのは有名。公開中の「SAYURI」は、日本が舞台ではあるが、主役はチャン・ツィイー、台詞は英語というのも話題になった。
貧しい家に生まれた少女が置屋に売られ芸者として生きてゆくストーリーにはすぐに引き込まれ、ほぼ三日で読破(片道1時間の通勤時間なんだもの)

そうなると映画の「SAYURI」も観たくなる。
チャン・ツィイーや渡辺謙の演技や、ハリウッドが描く芸者や日本人に興味は募る。
なにより、とある病院の待合室にあった雑誌で仕入れた「桃井かおりさんのエピソード」のおかげで「観たい度数」は一気に上昇。
しかし、忙しい日が続き、先週26日でほとんどの映画館は上映終了。今週3日まで上映している映画館もあるが、かなり少なくなってしまった。

おといの土曜日。休日は一週間分の汚れが蓄積された部屋の掃除を終えないことには出かける気になれない。
それでも「今日こそ絶対観に行く!」と決めれば、掃除・洗濯・お布団干し・夕食の下ごしらえも軽やかだから不思議。ネットで調べた近所の映画館の上映時間に間に合うよう、無駄な動きは一切なし(いつもこのくらいテキパキできるといいんだけど・笑)
2時間ほど干した布団を取り込み(それでも陽だまりの匂いがしてたわよん)、自転車に飛び乗り10分弱で映画館に到着。先週の大雪とはうってかわった晴天に感謝。

午前中のあわただしさとは別世界のスクリーンの世界にひたりきった146分。小説を読んでから映画を観ると、がっかりすることも少なくないが、今回は大満足。むしろ、小説と映画と違った感動をもつことができ得した気分。

さて、前出の「桃井かおりさんエピソード」とは。
出演した日本人俳優は、渡辺謙さん、役所広司さん、工藤夕貴さん、さゆりの子供時代を演じた大後寿々花ちゃんなどですが、なんと、置屋のおかあさん役の桃井かおりさんだけはオーディションで、その役を勝ち得たそう。
で、ハリウッドって、ランク付けがはっきりしているそうで、主役と端役ではエライ待遇が違うんだそうな。
ある日、桃井さんが、渡辺謙さんだか役所広司さんだかの楽屋であるトレーラーハウスにお邪魔したら、大きさから設備までスゴイ差があるということがわかっちゃったんですって。
でも、桃井さんの演技は、日に日に監督やスタッフに認められることなり、ある日、監督に「カオリ!いい仕事をしているね。お礼にプレゼントを贈るから欲しいものをいってごらん」と、聞かれたそうな。
桃井さん、すかさず「ビッグ・トレーラー!」と答えたら、翌日彼女の楽屋は広さも設備もランクが上のトレーラーハウスになっていたんですと!

ワタシ、このエピソードがものすごく爽快で「何が何でも劇場で桃井かおりを観る!」と思ったのです。
小説では、お金に汚くずる賢い「置屋のおかあさん」の役。桃井さん、彼女にしか出来ない「容貌も性格も最悪の女性」を見事に演じていました。嫌な人間の役なのに魅力を感じちゃったのは、監督の思う壺だったのでしょうかね?(笑)

「SAYURI」で「かおり」の魅力を堪能した今日この頃。
そうそう。工藤さん演じる「おカボちゃん」。スクリーンで「パンプキン」と呼ばれていたのが面白かったです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

多目的。

mat「こんなのできた・大作編」に多目的マットとダンボールで作った「キッズボックス」を更新しました。

←こちらの画像のボックスは、多目的マットだけで作り、表からステッチをかけました(ミシンがない場合は透明接着剤で張り合わせても)
この多目的マットってね、とっても分厚くて以前は縫うのはムリと思っておりました。が、ちょっと薄でのモノもありまして、試しにミシンで縫ったら縫えちゃった。
ちなみにワタシのミシンは、ごくごく普通のことしかできない地味なコなんですが、やれば出来るコだったようですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

color

lulu-cath綺麗な色使いのCATH KIDSTON(キャス キッドソン)とLULU GUINNESS(ルルギネス)、のイメージをコラージュ。

キャスキッドソンは、花柄やドット、水色のギンガムチェックのテキスタイルといったらすぐに思い当たるでしょう♪
カントリーなのに洗練されている(この言い方、カントリーファンのかたにはゴメンナサイですか?)
ピンクにグリーンに赤に水色に、世界のキレイ色を集めちゃいましたっ♪というかんじなのに、決してうるさくない。嬉しい!楽しい!遊びたい!と気持ちがはずむ色合いです。

ルルギネスのイラストのファンの方も多いのではないかしら?
キュート!の一言。ワタシはなぜかオードリーヘップバーンの若い頃を連想します。
そうそう、大好きなANTHROPOLOGEIのオンラインショップでルルギネスのステーショナリーがあったときは、近くのデパートでも買えるのに、むしょうに嬉しくなりました(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

こんなのかいたし こんなのできた

060120chinoひさびさ「こんなのかいた」更新しました。
最初にね、このにぎやかな壁紙を描いたのね。いやぁ、ワードのお絵描きは楽しいっす♪これでもかこれでもか、ってコピーの連続ができるんだもん(笑)
「こんなのできた・その他編」にも「ニットクッションカバー」を更新。毛玉がついてくたくたのニット、処分する前に遊んでみてはいかがかしらん?

| | コメント (13) | トラックバック (2)

シアワセな記憶は宝物となる

hidamari唐突ですが、ワタシのシアワセな瞬間を言葉で表すと、「陽だまりが心にほっこり浮かぶ状態」
もう少し描写すると「陽だまりには葉陰がゆらゆら映りこみ、蜜蜂の羽音とユーモレスクが遠くに聞こえる昼下がり」。こういう情景が見えてきます。

不思議なことに、シアワセな瞬間の実際の時間が夜であっても、陽だまりのある昼下がりが見えます。
陽だまりの温度が感じられるし、季節的に蜜蜂の時期じゃなくても、心がほっこりするとき、あのブーンという音が静かに聞こえてくるのです。
ユーモレスクにいたっては、その曲名がユーモレスクだと知らなかった小さな頃から、あの曲だった気がする。
抽象的だか具体的だか自分でも判断しかねるのですが、この情景はデジャヴのように現れ、それを心で見るとき、シアワセだなぁって思います。いえ、シアワセだなぁって思うときに、これが見えてくる、というべきなのかな。

「情景」と言う言葉を辞書で調べると「人の心を動かす風景や場面」「心にある感じを起こさせる光景や場面」とあります。
ワタシのこのシアワセの情景は、小さいときの実体験なのかなぁ?
それが「心にある感じを起こさせる光景や場面」となり、シアワセな瞬間に出てくるようになったのかなぁ?
脳の構造や心理学的なことはわからないけれど、ちょっとそんなこと考えました。

ちなみに、何故そのような思考回路になったかというとね、「博士の愛した数式」を読んだから。
今週末より映画公開もあり、本屋さんでもTVコマーシャルでも大宣伝中ですが、読んでいる最中も、読み終えても、陽だまりが浮かびましたし、ユーモレスクも聞こえてきました(笑)

映画のキャッチコピーには「僕の記憶は80分しか持たない」とあるので物語の大方の内容は想像できることでしょう。
逆に、ストーリーの大筋とも言える内容をキャッチコピーにしたのは、作り手側に絶対の自信があってのことでしょう。

また、「博士の愛した数式」というタイトルですから、数学を苦手とする方はそれだけでヒク要因にもなりかねませんが、大丈夫。(ワタシも数学、いえ、算数の頃から大・大・大の苦手分野で、「先生はアタシに何を理解させたいのかがわからない教科」でした)

難しい公式がわからなくても、博士の言う「美しい数式」を理解できた自分にびっくり(笑)
美しさやシアワセを表現する方法っていろいろあるんだな。

陽だまりが浮かんだ分だけ心の中に宝物が増える。
良い本や映画、人との出会いは宝物だと、さらにさらに実感する今日この頃。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

あみぐるみボタン

060114champ←あかずきんちゃんに出てくる「おばあさんに扮装した狼」ってこんなかんじだったのかな?などと思う今日この頃。
今日の更新は「こんなのできた・その他編」に「編みぐるみボタンと縁取りレース」。
おもいのほかガーリッシュに仕上がっちゃったけど、レースやリボンに異素材や辛口テイストの組み合わせが主流の昨今ですから、ま、いいかぁ♪と思い直す今日この頃。

そういえば、ちょいガーリーな「sm2」の綿レースつきカットソーを買ったのね。
娘に「みてみて!エスエムツーのセールで買ったの!」と言ったら「サマンサ モスモスっていうの」と訂正がはいりました。
「sm2」→「サマンサ モスモス」
これ読めるアタシと同世代がいたら拍手を贈ります。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

新年早々。。。

bear1
チャンプです。
戌年なのに
熊になれと言われました。。。

元日のブログに
「チャンプの服は封印」
と書いたじゃないですか。

え・・・?
3日に行った某ファッションビルで
ワンコ服バーゲンセールに遭遇?

どれでも1着1200円均一で
3着まとめ買い?ゆえに封印は撤回?

bear2
正月早々大嘘つきじゃないですかっ!!

だいたい、コレ…Honey bearって…
くまのプーさんのパクリですかっ?
あまりにもセンスなさすぎ、
しかも耳だけ白い…

え?ワニのかぶりもんもあったから
今度買ってこようかって?

柴犬にコスプレさせて
なにが楽しいんですか?!!!!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

カトラリー入れ

3-b「こんなのできた 雑貨編」に「カトラリー入れ」を更新しました。
これはね、ただ今発売中の「主婦の友2月号」の「100均グッズdeステキ収納&インテリア」の中のひとつで、ぜひぜひ誌面と比べて欲しいモノなんです。
というのはね、誌面の撮影場所は都内某所のハウススタジオで、ここが、まぁなんともイイカンジのオウチなのですよ。
噂では、かつて外国人一家がお住まいだったそうで、壁紙・窓枠・ドア・照明などなどの可愛らしいことといったら!
といっても洋館ではなくてね、昭和の香りがする日本家屋。きっと、お住まいだった外人さんが改装をしたんでしょうね。
でね、この「カトラリー入れ」の写真。ワタシが自宅で撮ったのはご覧のとおり。
誌面のほうは、いいかんじにそのハウススタジオの壁紙が背景に写りこんでいます(もちろんプロノカメラマンさん撮影)
雑誌を見るとき、そんなとこもちょっと意識してみると、また面白い発見があるやもしれません♪

ところで、つい数年前までワタシ、「カトラリー」を「カラトリー」と思っていました。
そういえば「シュミレーション」は間違いで「シミュレーション」が正解というのは、このブログで指摘いただき学習したっけ。「マリメッコ」も頭ではわかっていても口からでるのは「マメリッコ」だったり。
間違いやすい言葉って誰にでもあるのでしょうが、まだまだ発見(発覚)しそうな、けっこうな年齢の今日この頃。


| | コメント (12) | トラックバック (0)

おめでとうございます

2006champ
年の初めの更新は、戌年にちなみチャンプのニットのつもりでしたが、作り方のページを作成する時間がなくコチラで画像だけご紹介。
毛糸はね、去年(もう去年なのね)100円グッズの毛糸で毛糸玉ツリーやらクリスマスグッズに使ったあまりです。
チャンプが腫瘍摘出手術をし、術後に傷をいじってしまうのを防ぐために初のワンコ服デビューを果たしました。とはいえ、1枚じゃぁ。。。ということで、あり合せの毛糸でなんとなく編み始めたもの。

ところで、世の中には、服を着せて似合うワンコと似合わないワンコというのが存在します。
どんなに親ばか目線で見てもチャンプは。。。。。。服を着たチャンプをみたご近所さんは、「どおしちゃったの?!」と驚かれちゃったからな。
知らない人も、一瞬釘付けになるからね。その表情はやはり「この飼い主と犬、どおしちゃったの」
傷も治ってきたことだし、チャンプの服はこれにて封印だな。

今年もどうぞヨロシクお願いいたします♪

| | コメント (19) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »