« 掛け軸風パネル | トップページ | ペーパー照明カバー »

IN NEW YORK-4

【ANTHROPOLOGIE】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像は自分へのNYのおみやげ。
ANTHROPOLOGIE(アンソロポロジーと読むと思う)というショップのカタログ。ゆえに無料ですが、すでに「タック入りクッション」の撮影小道具として使用しちゃったほど気にいってる(笑)
このANTHROPOLOGIEとの出会いは、今回の旅でお世話になったNY在住のSさんとの出会いでもありまして。

anthropologie

Sさんからメールをいただいたのはカレコレ数年前のこと。
ワタシのサイトをみた雰囲気から、「こういうカンジのお店、もしかしたらお好きではないですか?」と推測?していただき(笑)、上記ANTHROPOLOGIEのWEBサイトのアドレスを知ったわけです。

さっそくサイトを見に行くと、完成度の高い芸術的ともいえる写真。背景は古い建物内部であったり、田舎の風景であったりするが、そのスタイリングは洗練されていて、ものの見事に魅了された。
もちろん、商品アイテムの色・柄・カタチには、くすぐられっぱなし。細かいディテールの主張はうるさすぎず、心ときめかせてくれる。トップページの更新もハイペースでね、1週間くらいでチェンジされてるのではないかしら?もうもう楽しみで、当時は毎日眺めていたくらい。以来、すっかりANTHROPOLOGIEのファンになりました。

その後、ちゃっかり、自分が探したかのようにリンクページにもリンクしていたのだけれど、実はその頃、PC入替え作業で以前いただいたメールとアドレスを紛失してしまい、Sさんにお礼できないことが気にかかっていたのね。

それから月日は流れ、娘とのNY行きをブログで読んでくれたSさんから再び連絡があったのが、出発の10日ほど前だったかしら。彼女、たまたま仕事や学校が一段落した時期とのことで、この偶然に感謝しつつ、NYでリアル初対面を果たすこととなったのでした。

もちろん、リアルショップのANTHROPOLOGIEにもSさん案内で行きました。
もうね、ワタシったら、店内に足を踏み入れたとたん年甲斐も無く「きゃぁ♪」ですから(笑)
さらに事前情報のまったくナイ娘も「きゃぁ♪」(笑)

目に映るもの、手に取るもの、すべてが小粋で小洒落ててね。色・柄・素材の組み合わせ方、細かいディテール、ディスプレイにも抜かりなく。
そうだな、アメリカというよりヨーロッパの匂いがする。(裏のシールは、メイド・イン トルコだったりチャイニーズだったりするけれど・笑)
「きゃぁ♪きゃぁ♪」連呼のジャパニーズ母娘は、すっかりこの店に魅了されたのでした。

言葉では伝えきれない雰囲気。よろしかったらSHOP BY CATALOGを。洋書をめくるように楽しめます♪

【花*花BAG】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記ANTHROPOLOGIEを教えてくれたSさんからメールをいただいてから数年後にリアルでお会いすることができ、初対面にもかかわらず旅行期間中ほとんどを一緒にすごすことができた偶然と運命の不思議。

素晴しい人との出会いは、美しいものを見たり、美味しいものを食べたことよりも心を振るわせる。
実に魅力的な女性であるから(これがまた美人なのヨ)、友人や恋人はいる(いた?)であろうが、異国で10年以上暮らし、しかもそこで専門的学問を専攻し身につけようとすることは、ちょっとやそっとの行動力ではできないだろう。
彼女の柔軟性、精神力、もちろん人間だもの、モロイところもあるであろうからこそ、そこで生きている彼女の姿に強く惹きつけられた。

なーんちって。たった数日で彼女のことをわかった気になった書き方をしたら失礼というモノね(笑)
ただ、これだけは紹介させてください♪


hana


旅行二日目だったかな?その日はソーホー方面に同行してくれるとのこと、ユニオンスクエアで待ち合わせしたのね。地下鉄で乗り過ごし(やっぱやっちゃったよ)、時間に遅れて到着したワタシたちを笑顔で迎えてくれたSさんの肩にかけられていたのがこのバッグ。

右が「こんなのできた・むかし編」で、娘が着古したジーンズから作った「花*花バッグ」
なんと、ワタシのサイトでそれを見て、異国の地でSさんがチクチクと作ってくれたのが左。
内側にホックなぞつけ、カスタマイズを怠らないところがサスガです。
撮影したのが夜だったので色がきれいにでなかったのが残念。

海を越えた花*花バッグ。簡単手作りは世界を結ぶ(かもしれない)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 掛け軸風パネル | トップページ | ペーパー照明カバー »

コメント

素敵ですね、ANTHROPOLOGIE。
大人の女って感じ。でも可愛さも忘れない・・・みたいな。
自分のお気に入りのブランドを見つけたときってわくわくしますよね。
買わなくっても見ているだけで楽しい。
もう三十路も半ばを過ぎてしまった私は、未だにどの路線に進みたいかも分からない。
情けない事です。
強いて挙げればwhokoブランドが1番のお気に入りです。
これからもよろしくです。

投稿: ひらぴょん | 2005.09.07 17:44

■ひらぴょんさん♪

whokoブランド!嬉しいこといっていただいて、大テレです(笑)
どう考えても、ひらぴょんさん作のもののほうが立派だしなぁ。
でもサンキュです!

投稿: whoko | 2005.09.08 13:17

whokoさん、こんにちはっ!
おしゃれな人には共通点があるんですね~
ANTHROPOLOGIEのページ見てきました。
誰かと顔を合わせるわけではないのに緊張しました^^大人の女性ですね~。

花*花バックはNYにぴったりはまってますね。
whokoさん見に来てくれてありがとうございます。あ~、また緊張^^

投稿: momo | 2005.09.08 14:54

■momoさん♪

アンソロポロジー、見てきてくださってアリガトウ(笑)
へへへ。緊張なんて可愛らしいですねぇ、momoさん♪

え?ワタシが行くと緊張ですか?
怖くないですよんアタシ(笑)

投稿: whoko | 2005.09.08 16:09

whokoさん、こんにちは!
ANTHROPOLOGIE可愛いですよね!
私も大好きなんです。7月にセールをしていて大量購入です(苦笑)
アメリカらしくなくて、日本の手の込んだ服に近いですよね。

投稿: yuko in Northridge | 2005.09.10 17:26

■yuko in Northrodgeさん、こんにちは!

いいな♪セールで大量購入!うらやましいぞ!

>アメリカらしくなくて、日本の手の込んだ服に近いですよね

ははは、やはりアメリカらしくないんですね。
在住のyukoでも思うんだなぁ(笑)

投稿: whoko | 2005.09.12 10:30

こんにちは♪
以前に4周年プレゼントで応募し、
whokoさんにも私の「花花バック」を見ていただいたこいたです。

私はおしゃれに使いこなせてませんが(^▽^;)
やはり何度見てもステキですね♪

私は子供のお散歩にしか今は活躍の場がないのが
残念です。

whokoさんの作品にはいつも元気になります(^▽^ )
アリガトウございます♪

投稿: こいた | 2005.09.13 13:39

■こいたさん♪コンニチワ♪

ひゃぁ~!!!
かわいいベイビーちゃん!
花*花バッグはもちろん、和柄を組み合わせたチビちゃん服など可愛いですね!
お子さんとの生活を楽しんでいる様子、とても楽しく拝見しちゃいました。アリガトウです♪

投稿: こいたさんへ | 2005.09.14 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IN NEW YORK-4:

« 掛け軸風パネル | トップページ | ペーパー照明カバー »