« タック入りクッション | トップページ | 善意と悪意 »

IN NEW YORK-2

hotel
【ホテル】

フロントでの初対面後、部屋でガイド役をかってでてくれたSさんと作戦会議。あ、その前にホテルの立地条件など少し。
窓からは摩天楼とセントラルパーク、少し遠くにダコタ・アパートも見えるパークビュー。
同じブロックにカーネギーホール、徒歩で公園・五番街・MoMAなどに行ける距離、と事前に確認はしていたが、いやぁ、それから数日間で名所といわれる場所ほとんどに行けちゃったのは、もちろんSさんのおかげです。

写真は宿泊したホテル。贅沢な吹抜けと鏡張りホテルのロビー。室内は紺と木目ベースのモダンな内装。最上階にはガラス張りのプール。摩天楼のなかで泳いでるみたい

【ダイナー】

NYの日暮れは遅く午後8時すぎても明るい。とはいえ、到着した夜から街に繰り出すなんて、この地に初めてやってきた私たちだけでは出来なかっただろう。
部屋での作戦会議もそこそこに、Sさん案内でまずはホテル近くのダイナー(気軽なレストランというカンジ)へ。
アメリカは飲酒に関して厳しく、公共屋外での飲酒は厳禁、NY洲の飲酒の法定年令は21歳。身分証明書(顔写真・生年月日入)不携帯だと飲ませてもらえないと、Sさんから事前に知らされていましたが、身分証明書の提示をうけることなく、地ビールで乾杯♪(ちなみに娘、法定年令ぎりぎり)
ミートボールとベトナム風(タイ風だったかも)サラダを注文したら、あまりのテンコモリ状態にびっくり。
3人でも食べきれず、テイクアウトに(もちろんウェイターに伝えたのはSさん)。これが翌日の朝食となりました♪

【ジェイウォーク】

ダイナーを出、徒歩範囲の五番街・MoMAなど地理関係を整理するように案内してくれるSさん。
彼女は交通量の多い街中を軽やかに横断、つか、軽く信号無視しながら「ジェイウォークっていうの」と教えてくれた。

ジェイウォークとは、信号を待ちきれない人が、信号無視したり、信号のない車道を横切ったりする行為で、ニューヨーカーは待つのが嫌いな人が多いようで、あらゆるところで普通に見られる行為。
もっとも、処罰の対象になるそうで、「警官がいるときはしないように」と伝授(笑)
日本では運転者に反則切符はあっても歩行者にはナイよね?ところが、このジェイウォーク、警官に見つかると切符を切られ罰金を払わされるそうです。

覚えたてのジェイウォーク。すぐやってみたくなる私らですが、良いコのみなさんは真似しないでね♪(笑)

【ドラッグストア&デリ】

着いたその日に、ホテルの周辺の地理がわかるようになったおかげで、その後頻繁にデリとドラッグストアに通うことができました。
ドラッグストアは化粧品から日用雑貨、雑誌にお菓子に文具など見ていても飽きない。英語で書かれたパッケージって、どうしてかっこよく見えちゃうんでしょうか。洗剤やペーパータオルなど購入意欲を抑えるのに必死でした(笑)

デリは、お惣菜やサラダやフルーツやなど量り売りをしている。好きな量だけ容器に入れレジに持っていき、ついでにコーヒーなども注文。テイクアウトしても店内のテーブル席で食べてもOK。
ガラスのショーケースに陳列(サラダバーを想像してね)された惣菜の種類はたくさん!店内には寿司、うどんもあったし、食品は消費税がかからないそうで安い。
例えば日本のコンビニの380円位のサラダって直径10cmくらいの容器でしょ?
デリは、その倍の量で同じ値段ってカンジ。フルーツの盛り合わせなんてあまりの安さに涙モノよ♪(笑)

ところで、ホテルの向かい側にスタバ(スターバックスコーヒー)があったんだけど、注文したコーヒーのサイズを聞かれ「トール」と答えたら、ふたつ出てきた。。。「twoじゃなくてトールですから」と、ひとつ返しました。もちろん日本語で。スタバの店員さん不服そうでしたが。。。(汗)

つづく。
(ここまでで、まだ1日目。ソーホーやミュージカルなどなど、書いていく予定です)

|

« タック入りクッション | トップページ | 善意と悪意 »

コメント

いわゆる「観光地めぐり」だけでなく、
ニューヨーカーが普段利用している場所へ行くって
まさに「NYを体感してる」って感じですね。
てんこ盛りのフルーツ
私も涙を流しながら食べてみたいです。
我が家のそばの、めったに車の走らない交差点(ただの田舎)、
これからは「じぇーうぉーくだべさ」と言いながら渡ることにします。

投稿: ひらぴょん | 2005.08.22 13:53

おかえりなさい!NYの旅とてもよかったようですね!羨ましい限りです。今後のリポート楽しみにしていますね☆

投稿: yuko in Northridge | 2005.08.22 19:46

■ひらぴょんさん♪

てんこ盛りのフルーツで泣けるあたしたちって、可愛いのかせこいのか(笑)

>ジェイウォーク

単なる信号無視でも横文字にするとオシャレ感漂いますね(笑)

■yuko in Northridgeさん♪

ただいまです!
yukoさんの情報もたいへん参考になりました。サンキュです。
IKEAには行けなかったのですが、カタログだけはもらっております(笑)

そういえばNorthridgeもステキなところなんでしょうね♪

投稿: whoko | 2005.08.23 10:25

whokoさん、続きが楽しみです~、待ちきれない!!食に関してNYはわたしの街~って感じですよ^^。写真もステキ~~。
子供たちに”エヘン!って威張ってジェイウォーク教えちゃおう”

メールでwhokoさんのお名前を見て心臓が止まりそうになりました^^;ありがとうございました。

投稿: momo | 2005.08.23 18:02

■momoさん!こんにちは!
先日はコチラこそありがとうです♪

>子供たちに”エヘン!って威張ってジェイウォーク教えちゃおう

こっそりね。こっそり威張って伝授しちゃってください(笑)

投稿: momoさんへ | 2005.08.24 11:25

whokoさん、はじめまして。
whokoさんの作品&ブログ大ファンのかーかと申します。久しぶりにPCを開いて、素敵な写真&旅行記楽しく拝見しています。
29日にサンフランシスコ旅行から帰ってきたところで
タイムリーな話題で思わず微笑んでしまったので、コメントさせていただきます。帰りの飛行機での出来事。オムツ(ダイアパース)くださいと言いに行ったら、なんと”ダイエットペプシ”が届きました。ショックだったけど自分でも笑ってしまいました。そのあと旦那に言ってもらいました。旦那はNJとNYに住んでいたので、英語は問題ないのです。
それから先日の作品クッションの下に写っている雑誌の写真が気になっています。私の好きなデザイナーズギルドの色合いに似ています。
遅いコメント失礼しました。

投稿: かーか | 2005.08.31 19:30

■かーかさん!はじめまして♪

サンフランシスコへいってらっしゃったんですか!お帰りなさいっ♪

ほぅ、ダイアパースがダイエットペプシ。。惜しい。。。それは惜しいの部類ですよ(笑)

私の場合、自分の英語力のなさはわかっていましたが、「まさかあそこまで通じないとは!」でした(笑)

クッションの下に写っている雑誌の写真はですね、まさにアメリカ土産。
ANTHROPOLOGIEのカタログなんです。
さきほどデザイナーズギルドを検索していくつかの商品を見たら、確かにステキな色合い。
深みがある多色使い。うるさくならないのはまさにセンスですね♪

投稿: whoko→かーかさんへ | 2005.09.02 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IN NEW YORK-2:

« タック入りクッション | トップページ | 善意と悪意 »