« ただいまっ!!! | トップページ | タック入りクッション »

IN NEW YORK-1

【出発】

前日まで仕事で準備の出来なかった私たちにとって、当日荷造りしても間に合う成田発17:55の便は有難い。しかし、あまりの時間的余裕に、ついつい日ごろで出来ないガスレンジと換気扇の掃除をしてしまい汗だくに。おかげで出発前に2度シャワーを浴びてしまった(笑)
初めて乗る成田エクスプレスは池袋から乗車できるため、乗り換えは1度だけ。スーツケースを引きながらの移動はわりとキツイので、正解だった。

搭乗のチェックイン。ここで早くもやっちゃいました。
係員に「プラス600ドルでビジネスクラスに…」と言われ、「600円?」と聞き返すワタシ。
係員も娘も、間違えるにもホドがあるだろうと、聞こえなかったふり。
「あ、600円のわけないわね。6百㌦だから、6千円ちょっと?」と、さらに、とりかえしのつかない発言。
娘の「6百㌦は6万4千円くらい」との冷静な対応が痛い。しかも係員は娘とだけ会話することに決めたらしい。もうワタシと目すらあわせようとしない。
ま、いいです。当然、ビジネスに乗る余裕はないしぃ、アメリカン航空はエコノミーでも広めらしいしぃ。。。

日本以外の航空会社は初めて。日本人とおぼしき客席乗務員もいるが、会話は英語でとっても親しげ。
日本のサービス業とはちょっと違うけど、悪い雰囲気ではない。
席は前が通路側。足を伸ばせるのはうれしいけれど、向かい側に座ったフレンドリーな乗務員(けっこう年配)のミニスカートの中が見えそうな位置で、目のやり場に正直困る。。。(笑)

機内では映画2本と食事3回。あとは爆睡という非日常の心地よさ。
ちなみに映画は「MONSTER‐IN‐LAW」と「THE INTERPRETER」の2本を。(アンド帰りの機内で「ANCHORMAN」 と「THE UPSIDE OF ANGER」を観たからあわせて4本!非日常空間に乾杯♪)

ところでJFK空港。トムハンクス主演の映画「ターミナル」で観たきらびやかさはなく…映画はセットだったそうだけど、それにしてもショボい。たぶん映画に使われた場所は見逃しているのだろう。残念。

JFK空港着が17:30。13時間飛行機に乗っても出発時より前の時刻に到着というのが時差の不思議。

【もしやこの人?】

出国審査をすませホテルに向かう車の中で、「今夜の外出はムリだな」と思いながら、しだいに日が落ちていく街並を眺める。ふと、信号待ちの人々に眼をやると、日本人らしき女性を発見。
街に馴染んだ様子から、長年NYで生活していると思え、そこから「もしやこの人?」と閃いた。

ハナシがちょっと反れますが、さすが人種の坩堝といわれるNY。
東京だって外国人はたくさん見かけるけれど、圧倒的に日本人が多いでしょ?例えば通勤に使う山手線。毎日必ず外国人を見かけるけれど、比率は日本人9対外国人1から、せいぜい8対2ってとこでしょう。(by自分調べ)
ところがNYの地下鉄や、信号待ちの集団を見ると、肌の色も髪の色もそれこそ十人十色。
ただ不思議なことに、ニューヨーカー(単にこの街の住人ではなく、この街にその存在価値を認められた人々をニューヨーカーというらしい)と、観光(もしくは出張)との違いは数日滞在しただけでわかるようになる。あくまでも「なんとなく」だけど。

で、ハナシを戻します。
信号待ちの集団の中にいる女性を「NY在住の日本人」と直感するのは、大したことではないけれど、「もしやこの人…?」と、思ったのは、さほど感が鋭くない私にしてはめずらしいこと。
実は今回、サイトを通じて知り合ったNY在住者ふたりの方と会う予定があったのね。
ひとりの方は顔写真をメールしていただいたいたので明らかに違うのだけど、日暮れの摩天楼をいかにも地元と言う雰囲気で歩く様子から、なんとなく「Sさんでは?」と思ったわけ。

その数分後、ホテルに着き、チェックイン。
部屋に入るなり、さきほど見かけた女性がSさんのような気がして彼女の携帯に電話。何回かの呼び出し音のあと、初めての会話。なんと、彼女はホテルの近くにいるとのこと。
ロビーでの待ち合わせを約束し、下まで降りていくと、そこには、あの街角でみかけた女性が、流暢な英語でフロントマンと会話していたのです。!!!!

つづく

|

« ただいまっ!!! | トップページ | タック入りクッション »

コメント

こんにちは。
トムハンクス主演の映画「ターミナル」で出てきた空港ターミナルは、旅客機の格納庫をひとつまるまる使って、中にセットを全部組んだはずなので、おそらく見逃しは無いと思いますよ。
撮影中、スタバやいろんなショップがセットの中で本当に買い物可能だったとか。
ですが、トイレだけはあの広さの中に無く、もよおすたびに長い距離を急いでトイレに向かったそうです。

投稿: ターミナル | 2005.08.19 16:25

もーうwhokoさん、大好き!!
600ドル、600円なんていいよぉー
さらに追い討ち6千円ちょっとなんて大好きだよ~ん。

Sさんとの出会い方がこれまたドラマチィックで
つづきが楽しみ!!

投稿: momo | 2005.08.19 20:33

おっ、続き物ときましたな(笑)
すっかり、ここまでの第1話で引き込まれてしまった私を どうしてくれるんでしょぉぉぉぉぉ。

ううう、これは、ひたすら第2話を待ちます・・・・はい。

きっと数字の苦手な私も、whokoさんと同じよ!

投稿: chiaki | 2005.08.19 22:14

この連載、お昼のドラマよりも引き込まれます。
Sさんとの直感的な出会い、ドラマチックですね。
続きが気になります。
JFK空港は他にアクション物の映画にも出ていたような気がします。
(ダイハードか何かで)
円→ドル計算・・・私には一生縁がないかも・・・。
いいんダイ!そんなの出来なくても。

投稿: ひらぴょん | 2005.08.19 22:30

Whokoさん、おかえりぃ♪(と一応ここでも言っておこう・笑)
いいぞいいそ、ツカミはオッケーだッ
なんてったって600円のビジネスクラス、サイコーだッヾ(^▽^*おわはははっ!!
思わず吹き出したさ。
後はノンストップで読み進んで。。。うわっち「マテ、次号!」ときたか~~
ハイ、待ってます、次号。

投稿: めい | 2005.08.19 23:39

■ターミナルさん♪
ほぉ~トイレはセットになかったんだ(笑)
あ、笑い事じゃないわね。
役者さんもスタッフもたいへんだったろうに。。。
ターミナルはワタシの中でベスト3にはいるくらい好きな映画なんですよ♪

■momoさん♪
失敗談は今後も出てくる予定。
タクシーや地下鉄でのヤッチャイマシタがめじろおしなんです(笑)

■chiakiさん♪
第2話ね、もちろん書くつもりですが、亀の歩みの連載となりそうな予感(汗)
どうぞ長い目でおつきあいくださいませ♪

■ひらぴょんさん♪
ね!いいんだよね?ドル計算なんかできなくてもね!
しょっちゅう行けないもん、ドルの国・・・
円だって、実は苦手だけどワタシ(笑)

■めいさん♪
おつかれさま~
例の雑誌発売日をぜひぜひご一報を!

しかし、係員のかたもさ、「超うけるぅ!よっしゃ!600円でビジネスにしたる!」とか言ってくれてもよさそうなもん。。。。なわけないね!(笑)

投稿: whoko | 2005.08.20 15:55

遅ればせながらコメント。

登場チェックインでの料金の会話・・・
微笑ましい・・・というか面白くて笑えました♪すごくイメージしやすい状況な感じ。その後は係員と娘さんで・・・係員の人ももっとノリよければいいのに♪

投稿: カナコ | 2005.08.23 13:17

■カナコさん♪こんにちは~
はははは。面白かったですか~?
でも係員さんと娘はしらっとしてました。
きっとその場にいたら凍りついちゃう雰囲気だったのかもしれません・・・(笑)

投稿: カナコさんへ | 2005.08.23 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IN NEW YORK-1:

« ただいまっ!!! | トップページ | タック入りクッション »