« 安っ・旨っ・早っ! | トップページ | それは突然…発見編 »

それは突然思いもかけずに。

人は突然のあからさまな悪意に遭遇したときどんな反応をするのだろう。

通勤ラッシュ。毎朝乗っていると憂鬱な事柄に遭遇する確立は高い。
先日などは「わざと押さないで!」と言う声が聞こえてきた。
「混んでるのは皆我慢してるのだから自分だけが不愉快と思うなんて」「押してもわからないだろうと思ってる?!甘ったれないで!」という声に、反論なのか、もうひとりのボソボソした声も聞こえた。
声のする方向にカラダを向けることも出来ない満員の車内。

リュックやショルダーバッグの自分では見えない部分、足元に置かれた大きなスポーツバッグ、新聞や雑誌や本、アタッシュケースの角、しずくの落ちる傘などなど、お互い気がつかずに迷惑かけていることって多々ある。
夏場、むき出しの腕に紳士物の麻ジャケットのゴワゴワ感が痛くてしょうがないときだってある。ヘアケア用品や香水に不快感をもつ人だっているだろう。気になりだしたら、いくらだって書くことができるくらい満員電車は不快感もりだくさん。

たいていの人は「お互い様だから」と自分を納得させ、文句を飲み込む。
というより、ラッシュ時の車内という空間では、それが正論であろうとも、声を発する行為は「奇異な事」になってしまのを認識しているのだと思う。つまり「お互い関わらないことが正しいラッシュ時の過ごし方」で「沈黙が一番の配慮」みたいな。

中には、「辻褄の合わない論理で自分の正義を強要する人」や、先に書いた「声は出さずに押し返す、不快感を表現せずにはいられない人」もいる。
そういう人に遭遇したときは、なるべく無視したほうが正解。関われば、車内の注目を集めてしまい、どちらに非があろうとも、いっしょくたに「非常識な人」とされちゃうこともある。

一瞬のことではあるけど、乗客の神経はそちらに集中したりするから、身動きの取れない車内で、そんな立場に立たされたら、いたたまれないだろうな、と他人事で思っていた…のは、昨日まで。そう、他人事じゃなくなったのは昨日の朝の出来事だった。

乗り込んだ車内で文庫本を読んでいると、バシッと打たれた感覚。何が起こったのか解らず「?」と顔を上げると、目の前の女性が、私の体を手で突くように押し、逃げるように動く姿が目に入った。
「???なに?」思わず声にすると、その人は気づかれたことが意外だったようで気まずそうな表情。不審に思い「私が、なにか?」と相手の視線を捉えて問うと、その人の表情に「悪意」が見て取れた。

「あなたっ!邪魔なのよっ!本に夢中でぶつかったことも気がつかないのっ?!もっと回りに気を使いなさいよっ!!」と言われた。
あ、面倒なことに巻き込まれちゃった?と思いつつ言い返さずにはいられない。
「それは気づかなくて申し訳なかったけれど、手を出すことはないんじゃないですか?」と私。

反論されるなんて思ってなかったのか、口をアワアワさせながら「自分で気がつかないなんて…いっ、いい年のクセに!」ときた。それ、あきらかに言葉の暴力じゃん。自分よりも年上かもしれないその女性に「いい年」呼ばわりされたのは、この際聞き流す。私の本を読む行為が邪魔になったというのも百歩譲って認めるとしよう。しかし、無言で手を出し、気づかれなきゃそのまま知らん振りするような素振。まったくもって陰険じゃん?

「邪魔になったことは申し訳ないですが、手を出すことはないんじゃないですか?」と再度言うと「ほらっ、大きな声ださないでよ、迷惑でしょ。オトナ気ないわね!」ときたもんだ。悪意の上に理不尽さも感じ取れる姑息なやり方だ。
「大声ではありませんし、会話しているつもりです。あなたのほうがオトナ気ないと思いますが?」と言うと、「ふんっ!」とそっぽを向いて黙ってしまった。

ちなみに乗っていたのは急行。終点までノンストップ。
シンと静まり返った車内では、想像していた「いたたまれなさ」よりも「なんで巻き込まれちゃったんだろう?」感が強かった。
自分の行動に絶対の自信なんて持っていないから「悪いのは本に夢中になっていた私なんだろうか」という想いも頭をよぎる。
しかし、無言で突き飛ばすってのはどうなんだ?それも突き飛ばしておいて、気づかれたら逆ギレ?畳み込むように自分を正当化しようとしてたけど、最後の会話で言葉に詰まっちゃったのはあっちだし。

そう。相手が言い返せなかったことで、少し自分に自信が持てた。
そのことで、周りの目は気にならなくなり、意識して真っ直ぐ顔を上げてみた。
目の前には私が怒らせた人(いや、勝手に怒った人とも言える)
その人はコチラを見ようとはしないけれど、私の存在が気になってるのが痛いほど伝わる。
終点に着くと吐き出されるように降りる多くの人に紛れ消えていった。
私は電車を降りたら何か言われるんじゃないかと思っていたから拍子抜けしたような、ホッとしたような?(笑)

とはいえ、遭遇した突然の悪意は、気持ちを凹ますには充分。引きずっていないようで、今朝電車に乗るとき、あの人がいないか目で探しちゃったし、文庫本読むのも躊躇。。。

でも。この先ずっと、車内で文庫本を読めないほど打ちのめされちゃったなんてのも、なんだか悔しい。
そっと文庫本を開いてみた。自分の体につけるよう、小ちゃく小ちゃく。いつもだって小さく広げるけど、いっそう気を使いながら。
誰からも悪意は向けられていない。というよりも、お互いの存在などないかのような、いつもの車内の様子。
やっと、安堵し、本の世界にはいっていった。いつものように。

今は思う。
昨日のことで私に非があったかどうかは正直わからないし、多くの人の前で非常識呼ばわりされたことが私を凹ませたのではない。
ただ、あの人はあきらかに私に悪意を抱き、見知らぬ人のあからさまな悪意に私はかなり打ちのめされた。
悪意に自信を崩されたり、自分を否定されるのは嫌だ。悪意に振り回されるなんてバカみたいじゃん。
私自身、悪意を抱くことはあっても、持続するのは耐えられないと強く再認識した。

|

« 安っ・旨っ・早っ! | トップページ | それは突然…発見編 »

コメント

ああー、ラッシュ電車、思い出しちゃった~。
今はそれとは無縁な生活してますが、過去数年間は朝、夜の満員電車で郊外から都心に通っていたんです。
それはそれはイロイロ嫌なこと、ありましたよ。
そして、自分に非がなくても…へこみますよねぇ…。
whokoさんの言いたいこと、ものすごーくわかります。
満員電車の中は、なぜだか沈黙・静寂が暗黙の了解。
普通の会話さえ、憚られる空間ですよね。
「痴漢にあっても声が出せない」って気持ちもよくわかります。
そんな中、冷静に対応したwhokoさんはすごいと思いますよ。
やっぱりこういうちょっと理不尽なことは、吐き出すのが一番です(笑)。人に話すと幾分すっきりしますよね。
また明日からの電車通勤、気を新たにいってらっしゃ~い。


投稿: chibi | 2005.01.27 21:18

「あたしが悪いんかー!!」と心の中で大絶叫したことのある方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうかね?ちなみにそのウチの一人。
でもホント、その「一度」のせいで何もしなくなっちゃうなんてつまんないですよ。つかただでさえ憂鬱な満員電車の通勤途中(ここ重要。デートだったらそこまで憂鬱じゃナイ)、楽しみである読書も出来ないなんてそれこそストレス大盤振る舞い。やってられませんよぅ。
お互いの気遣い、ホントに大事です。
それと同時に、「キチンとしたコミニュケイションが図れるオトナ」に皆がなれればいいのになぁ、と相変わらずコドモ以上オトナ未満な思考のうたこです。

投稿: utako | 2005.01.27 23:17

電車での暴力的な行為手を出すなんて、とても最低ですよね。故意に、ぶつかった訳でもないのに、不可抗力であるのに対し相手は明らかに二度も手を出してるから完璧に相手が悪のでは?
WHOKOさんは、全然悪く無いですよ!本を読んでいても誰にも悪意は持たれない筈です。
色んな人が居ますが、言葉が言えるのですから、お互いに、まずは、言葉で話すのが大事なのに、それが判らない人こそ「いい年してるのに」ですよね。許せません。
その人に羞恥心というものが有れば二度と現れない事を願います。
WHOKOさん凹まないで嫌な事忘れて下さいね。

投稿: ぷうこ | 2005.01.28 01:49

大変でしたね。お気持ちお察しします。
これは、もう災害です。
きっとその相手の方は、誰でもよかったんですよ。
本人の何かしらの事情で、自分をコントロールできない状況だったのでしょう。
誰かに悪意をぶつけたかったのでしょう。
それがたまたまWhokoさんだっただけで・・・。
本を読んでいたとか、ぶつかっても気づかないとかは、後から付けた理由にすぎないのでは。
他の場所でも、誰かに理由をつけては悪意をぶつけているのでしょう。
ある意味、かわいそうな人です。

私も以前、何のいわれもなくひどい目に合わされたことがあります。
通りすがりに、いきなり顔を殴られました。
いわゆる通り魔です。
相手は何か訳の分からない事を大声でわめきちらしながら走って逃げていきました。
後に残されて、痛みと恐怖で立ち上がれなくなり、注目の的になっている私の立場は・・・。

そういう事をする人達はホント許せません。
でも、心の中に闇を持っている人達はたくさんいると思います。
私達も少なからず持っているのかもしれません。
もしかしたら、自分が人を傷つける立場になるかもしれません。(内面的にも)
私達(私だけ?)の場合、それが家族だったり、友人だったり、物にぶつけたり・・・。
自分の中に闇が生まれそうになったとき、しっかりと自分をコントロールできるようになっていたいと思います。
また、私には自分の中の闇を照らしてくれる沢山の人達がいる事を感謝しています。

Whokoさん凹まないで、ファイトです!!


投稿: ひらぴょん | 2005.01.28 08:47

whokoさんの、心理のひとつひとつが、よ~く分かります。都内で通学、通勤でやはりいろいろありました。
でも、電車降りた時に、何か言われたり、されたりがなくて、本当に良かったです!!
ぷうこさんの言うとおり、こういう人は、どこでも同じ事をしています。
おばちゃんにこういうタイプが多いかと思いきや、割とおじちゃん、おじいさんにも多いのです。
私だったら、あんな風に冷静に言えたかな?と思いながら読みました。
冷静に処理したwhokoさんは偉い、落ち着いていたと、自分を褒めてあげて下さいね。


投稿: chiaki | 2005.01.28 10:21

whokoさんの冷静な対処、心から尊敬します。
もしも自分だったら、小心ゆえに、自分が悪くても悪くなくても「すいません」と無意味に謝ってしまうか、
もしくは逆ギレ(この場合「逆」でもないですが)して、ただただ怒りに満ちて訳がわからなくなってしまい、
手を出し返してさえしまうかもしれません。

自分に余裕がなかったり、身近な人でも慣れ過ぎてしまったりすると、
思わずやさしさのナイ行動に出てしまうことがあります。
周りの人への思いやりは忘れないようにしたいな、と思いました。

そしてwhokoさんのように、自分の信念を持って、
それを冷静に対処できる人になりたいと思います。
それでこそカッコいい大人・・・いいえ、人間ですよね。

投稿: シノ | 2005.01.28 12:17

いいコメントじゃなくてすみません…。

…私的にはわりと満員のラッシュの中で、いくらちっちゃくでも本を読む行為はちょっと迷惑…とは思いますケド…すみません…。
だって、自分は本の世界に入ってしまって気がまぎれるかもしれませんが、電車の中でなにもできない人にとっては本を持つ手や俯く顔が気になったり、気持ちが本に向いてるので他のところに気が回らなかったりしちゃうじゃないですか…?
ちょっと小突いて(向こうは小突いたつもりでも打たれたと感じることもあると思いますし…でもそれは向こうも悪いと思いますけど…)周りに意識を向け直してくれればということもあるじゃないですか…?
誰もかもが冷静に対処の会話できるわけじゃないですし…。

なんだか、Whokoさんの書き方が、すごく気持ちはわかるんですが、ちょっと気になったので…。
あーすみません、こういう風に感じる人もいるんだ、程度に流してやってください…!
差し出がましくてほんとにすみません…。
ああ私も「不快感を表現せずにはいられない人」なのかも…。

でも確かにイキナリ手を出してくることはないですよね!
ひとこと、「すみませんちょっと…」と言ってくれればこっちだって気をつけるのに~って思いますよね。
こんなコメントでごめんなさい、でも応援してます。ごめんなさい。次からはいい話題で話しかけたいです…。

投稿: pino | 2005.01.28 12:32

昼休みのwhokoです~
みなさん、憂鬱な話題にたくさんのコメントを…ありがとうです。少し恐縮しつつうれしいです♪

■Chibiさん。
冷静に対応なんて、ちっともできなかったんですよ!最初は相手の怒りの原因すらわからなかったし、ドキドキしたし。。痴漢にあった人の気持ち。うん。そっちのほうが言い出しづらいでしょうね。

■うたこさん。
「あたしがわるいんかー!!と心の中で…」←まさにソレでした(笑)
いや、自分がまるきし間違っていないとは言い切れない、中途ハンパな気持ちもあるから、心で叫んだのでしょうねワタシ(笑)

■ぷうこさん。
振り返れば、「いい年して」と言われたことで、こっちはムリして冷静なふりをしたような気もします(笑)
「いい年して!」「なによ!その言い方!」なーんて展開だったら二度とあの電車に乗れなかったかも私(笑)

■ひらぴょんさん
通り魔ですか!それは、それは。。
ワタシなんかと比べ物にならないほど傷ついたのではとお察しいたします。。

>自分の中に闇が生まれそうになったとき、しっかりと自分をコントロールできるようになっていたいと思います。また、私には自分の中の闇を照らしてくれる沢山の人達がいる事を感謝しています

ありがとう。ひらぴょんさん。上記抜粋してきちゃった言葉、キチンと受け止めたいと思いました。誰かや、事件があってこそ、自分の闇も見えてくる。自分に闇があるということを忘れないことが、コントロールできるということに繋がるのかもしれない、、なんて思いました。うん。

■chiakiさん。
ち-っとも落ちついてなんかいなかったです(笑)
今振り返れば、ムットしてるのに異様な敬語使い。それ、熱くなってる証拠なんです(汗)

■シノさん。
だから、ちっとも冷静じゃなくて、、、、
相手があわあわしてくれたから、というか、「いい年して!」が実はけっこう堪えたから、あえて堪えていないよう振舞うことが出来たような。。。
はぁ~。。。ほんと信念をもったカコイイ人間になりたいです。うん。

■pinoさん。
はい。正直に書いてくださって嬉しいです。ホントですよ(笑)
ワタシ、自分の気持ちの持って行き場をアレコレ探っていたんだと思うけど、自分を正当化するよう思考が働いてるかもしれない。
だから「文庫本くらいでなにさっ」てな感情もあるのは事実だし。
逆に、本に夢中になっている人に寄りかかられて不愉快な思いをしたこと、ワタシもあるし。
うん。実際、ワタシ側の想いしか書いてないから正当性にはかけるしね(笑)
また、ぜひ感じたこと書いてくださいね♪

投稿: whoko | 2005.01.28 13:26

はじめまして。何ヶ月かぶりにおじゃましました。「このごろ。」の形が変わったのにも少しだけ驚きましたが、文章を読んで、びっくり!!
「エエー!!」と、思いました。あまり普段満員電車に乗ることがないので・・・・・。

投稿: ririope | 2005.01.28 15:42

whokoさん、血が上っていたかも(笑、ごめんなさい)しれないけど、そういう風に言えただけでも、すごいと思います。すごくドキドキしますよね。
シノさんの話も参考になりました。
私も気をつけなくては。

投稿: chiaki | 2005.01.28 16:52

たまにのぞかせてもらってます。
私も、同じような経験をしたりされたりしています。それをふまえたうえで・・・

私個人的な意見としてへ、
「満員電車で本を読む、新聞を読む」
という行為はナシですね。

物を持つため手が上にあがっている、それだけでも満員電車の中では大きな意味をもちますよね。

少しでも快適にすごしていきたいと、ひとりひとりが考えていければいい方向にいくんでしょう。大事なことはwhokoさんのように振り返って考えられることだと思います。私もそうでありたいです。

投稿: ryuna | 2005.01.28 23:50

難しいーーーー!
理由がなんにせよ、いきなり手を出した相手の方はまっとうではありません。
「不快」というきわめて主観的な感情を、公の場で声高に表してしまったら、もう、どちらが正しいとかいうモノサシは吹っ飛んでしまって、どちらにもいやな気分しか残らないですね。
別れ際にさらに捨て台詞など吐かれなくて良かったです。

投稿: つー | 2005.01.29 01:22

■ririopeさん、はじめまして。
はい。世の中びっくりはつきものようです。満員電車も人の感情も(笑)

■chiakiさん、笑ってくれてありがとう♪
熱くなると妙な敬語になる私。それでいて小心者に変わりはないからドキドキびくびく(笑)

みなさんのコメント、参考にしていただける機会になったら、それもまた嬉しいです♪

■ryunaさん、ご意見サンキュです。
正直、耳が痛いけど、きちんと発言してくれるって嬉しいです。
書きづらい場合もあるでしょうに、さきの投稿のpinoさんのご意見も含め考えるきっかけとなりました。ありがとう♪

■つーさん、こんにちは!

>どちらが正しいとかいうモノサシは吹っ飛んでしまって、どちらにもいやな気分しか残らないですね

うん。相手をやりこめよう、という意識しかないと、話し合いではなく罵り合いになっちゃうし。
ほんと難しいです。。。

-------------------------------

さてさて、たくさんのコメントをありがとうございます。
みなさんのコメントで自分の心の中の中…ずーっと中まで覗いてみて新規投稿しました。
よろしかったらそちらもご覧ください♪

投稿: whoko | 2005.01.29 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それは突然思いもかけずに。:

« 安っ・旨っ・早っ! | トップページ | それは突然…発見編 »