« 雪になるかも | トップページ | 安っ・旨っ・早っ! »

タイムスリップ

昨日の金曜日。
本業は有給休暇をとり、副業の「こんなのできた」関連の仕事へ。
撮影現場はエディターさんのご好意により、我が家から車で20分くらいのトコロ。
自宅⇔駅間しか知らない地元音痴。平日の昼間、地元を車で走るなんて何年ぶりだろう、なんて妙な感動を覚えながら目的地を探す。

実はソコ、ワタシが生まれ育ったトコロにものすごく近い。
そんなに遠いところじゃないのに、もう実家もないし行く機会がなかった。十年以上足を運んでいない。
撮影が終わったら懐かしい地へ寄り道してみようかな、なんて思いながら目的地へ到着。

とある社宅が今日の現場。
築30年とか40年とかおっしゃっていたから、正真正銘・昭和レトロ。
団地と呼ぶと雰囲気が伝わるかな?広い敷地に低層の集合住宅ってワタシすごく好き。
記憶が刺激される。くすぐったいような想いがこみあげてくる。「やさしい昭和」ってかんじかな。

芝生、アイボリーの四角い建物、重たそうな鉄のドアは何度かペンキで塗りなおされて…ペンキの質感も好き。
北側の外階段下には自転車や三輪車が並び、南側の大きな窓には洗濯物がはためく。
団地前の広場に、午前中の家事を終えたお母さんと子供が集うシアワセな陽だまりみたいな時間。

車を降りたワタシは、タイムスリップしたような感覚に襲われた。
ものすごーく懐かしい。記憶を刺激するのは日差し?影?ニオイ?空間?
この仕事が終わったら行ってみよう。いや「行く」と確信した。子供の頃暮らしていたところへ。

サクサクと撮影は終わり、午後の日差しの中、車で向かった東京郊外。
車から見る景色は、暮らしていた頃とはまったく違う。
木造の家屋は当然のことながら低層ビルに、小奇麗な今風の住宅も立ち並ぶ。
道幅だけが変わらない、こんなに狭かったんだな、って少しびっくり。

暮らしていた家はすでになく(取り壊されたのは知っていました)、街並自体がまったく変わり、大きな集合住宅が建っていた。
車のまま、登下校の道、商店街など走り、あ、まだある!なんて、懐かしいお店の看板を通り過ぎる。
あの頃のワタシの世界観ではかなり広範囲だと思っていた街は、実はちっちゃい・ちっちゃい、おままごとサイズだったんだなーって、思ったりして。それは、マイナスの発見ではなく、優しい気持ちにしてくれるプラスの発見。

懐かしいダレカに合うこともなく、つか、コレはひとりで味わいたいコトだよなーって、わずか数十分のタイムスリップをして我が家へ帰宅。
胸の中がめちゃくちゃ暖かい今日この頃です。

----------------------------------------------------------

さて。今日の更新は「毛糸のモチーフ」。
かぎばり編みなんて、ものすごーく久しぶり。つか、編み物で完成作品がないという不名誉な経歴をお持ちのアナタ向き(ワタシもですが)。
100円ショップの毛糸でちょこちょこっとね(笑)

そうそう、フエルトのスミレのコサージュのお問い合わせをたくさん頂いてしまいました!正直嬉しいっ♪
えっとですね、来月早々発売の「サンキュ!」最後の連載作品が、それとちょこっと似てるモノなので、まだサイトでの公開は控えています。
つか、いろんなバージョンで作ったので「どれを公開するか迷ってる」って事と、なによりも「作り方を作らなくちゃねー」というのが公開できない本音でした~(笑)

sumire

|

« 雪になるかも | トップページ | 安っ・旨っ・早っ! »

コメント

Whokoさん、懐かしいって話、ありがとうございます。
私は静岡県清水市(ちびまるこちゃんの小学校のすぐ近く)生まれなんですが、もう清水市は静岡と合併してしまいました。
道!そう!当時110cmそこそこの背丈で見る道路はもっと広かったんです。
そして、Whokoさんも感じている日差しや風が当時を思い出させるんです。
でも、そういう場所があるってだけで、いいと思うのです。ずっとそこで育ち、そこ以外は知らないって事もある訳だし、どっちがいい訳ではないけれど、私は大人になってから、かないジプシー生活(笑)したので、あっちこっち懐かしい土地があるんですが・・・。
今、行ってみたいのは、学生生活をした練馬や板橋かな~・・・・。

それから、マフラー、パリジェンヌのようだわ!
へへへ、編み物、完成させた事のない代表のような私。

投稿: chiaki | 2005.01.22 14:18

whokoさん、こんにちは。
遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。
(スゴイ遅れてしまい・・・・。汗。)
素敵なお誕生日を過ごされましたか?

懐かしい場所、誰にでもありますよねぇ~。
目にした瞬間に、『あの日』に戻れちゃう場所って・・・・。
懐かしさと過ぎていった年月に想いを馳せる気持ち、ほんわかしますね。
あと、当時、流行っていた曲も瞬時にタイム・トリプしませんか?
曲を聴いただけで、昔に戻れるみたいな。
懐かしく想うのは、それだけ私も年を重ねてきたということなんですね。(笑)

投稿: HISAMI | 2005.01.22 16:43

こんにちは。
私は去年まで社宅に住んでいました。
いわゆる団地です。
去年の4月に一戸建てにお引越ししました。
Whokoさんのおっしゃる通りの築30年以上の昭和レトロでした。
狭い、古いで実際に住む者にとってはあまり「素敵」とは言いにくいところもありましたが、
窓の下がすぐ公園で、子供が多くて住みごごちのよいところでした。
今の家からも近い事もあり、子供たちと久しぶりに行ってみました。
そしたら子供たちが「わぁ~。私達のほんとの家だ~!!」と言ってました。
子供たちの中では全ての思い出が詰っているのでしょうね。
10年後、彼女達はそこを訪れてなんと言うのでしょうか・・・。
その頃には、自分達がそこに住んでいた事すら忘れてしまうのでしょうか。
その時までその団地が残っていて欲しい、そしてまたそこで子供達と思い出話をしたいと思う今日この頃です。

投稿: ひらぴょん | 2005.01.22 23:02

WHOKOさん、東京生まれの東京育ちですか?
懐かしく、ほんわかした感じがしますね。
街というと騒がしい感じですが、WHOKOさんの文章からは、とても落ち着いたお洒落な街っぽいですね。私の生まれたところは、昼は海や川や丘などで、滑って遊んで血だらけになりながらデンジャラスな日々を送って夜は飲み屋街という騒がしい環境で何度か引越しを繰り返してたので、大人になってから行く機会もなく過ごしてます。
WHOKOさんのタイムスリップの話を見て「どうなってるのかなぁ?」っと機会が有れば行って見たくなりました。
毛糸のモチーフ結構難しそうですね。
とても可愛かったのですが不器用なので出来ません。100円には見えない技!凄いです。

投稿: ぷうこ | 2005.01.24 10:25

■chiakiさん!
ジプシー生活?ほぉ♪
ふふ、chiakiさんて「真っ直ぐさ」と「行動力」をお持ちの方だと感じているのですよ(ワタシの勝手な感想なので間違っていたらスミマセン♪)
懐かしい土地や行きたい場所があるって、いい思い出を作ってきたということと、現在も充実してるってことかもしれないな、なんて思ったりします。

■HISAMIさん!

あ、誕生日、ありがとうございます♪
これといったイベントはしないのですが、娘からラルフローレンのシャツをプレゼントされました。しかし、なぜか半そでの夏物。。。着るのは数ヶ月先になるでしょう(笑)

>流行っていた曲も瞬時にタイム・トリプ

そうですね。懐かしい曲に記憶が刺激され時間旅行へ旅立っちゃうこと、あります・あります。
とつぜん過去にすべり落ちるかんじ、けっこう心地ヨイです♪

■ひらぴょんさん!

いいな~アコガレの団地に一度も済んだことがないワタシとしては、羨ましいかぎり(笑)

>子供たちが「わぁ~。私達のほんとの家だ~!!」と言ってました。
子供たちの中では全ての思い出が詰っているのでしょうね。
10年後、彼女達はそこを訪れてなんと言うのでしょうか・・・。

ほんとの家という表現が、たくさんのイイ思い出をカンジさせてくれますね♪
できることなら、思い出したくない過去より、忘れたくない思い出をたくさん胸に詰めていって欲しいですね、親心としては♪

■ぷうこさん!
はい。ワタシは東京生まれの東京育ちです。
もっとも、都会ではなく、ベッドタウンのような住宅街をてんてんと移動。コドモ時代は東京とはいえかなりローカルなたたずまいを感じさせるところでした。

>昼は海や川や丘などで、滑って遊んで血だらけになりながらデンジャラスな日々を送って夜は飲み屋街という騒がしい環境

自然と都会が共存?面白そうな場所ですね♪
海と丘があって飲み屋もある。なんかスゴク贅沢な環境ねっ?あこがれるなぁ(笑)

投稿: whoko | 2005.01.24 14:59

whokoさん、こんにちわ。

私は南国の島育ちで、現団地妻(笑)です。
ウチも築30年くらいみたいです。
集合住宅に住んだのは初めてで、最初は団地内で迷子になったりもしました。
東京に出てきた時に、駐車場にお金を払う・・・という意味がわからなくて
「月極駐車場」という漢字が読めませんでした(笑)。

そんなカルチャーショックも経験しつつ、
地元を出た時も数えて今までに全部で5回も引っ越しをしてきましたが、
私は寂しがり屋なので、その土地を、その部屋を離れる前日には、
必ず泣いていたなぁ・・・なんてことを思い出します。
それでその時には、また将来ここに住んでみたいなぁ、また絶対遊びに来るんだぁ、と思うのですが
「住めば都」
いつも「ここが一番いいなぁ」と、結局その時に
住んでいるところが最高に思えてしまうのです。
だから、かつて住んでいた所に遊びに行ったことは結局なかったり。

今住んでいるのは、都会でもあり観光地でもある
海のある街です。海が近くあるとやっぱり落ち着くんですよね。
生まれた島と繋がってる・・・という想いが本能的にあるのかもしれません。
そういえば、学生時代をすごしたのも、湘南の海のある街でした。
久々に行ってみたいかも。

投稿: シノ | 2005.01.25 06:02

■シノさん、こんにちはぁ♪
団地妻!そーゆー言葉がありましたっけ(笑)南国の島育ちというのは、シノさんのおおらかさの基礎となってるのかもしれませんね♪

団地内迷子というのはステキすぎます!視力1.5でうろたえたエピソードに匹敵する、愛らしさが感じられ、ますますシノさんの魅力にはまりますなぁ(笑)

ところで「駐車場にお金を払う・・・という意味がわからなくて」には、ワタシのほうがナゾに陥っています(笑)
もしかして、シノさんが育ったところは駐車場を貸すというシステムが存在しないとか?
広い敷地のお宅しか存在しないということでしょうか?
ちなみにウチは庭に車を入れると車のドアも玄関も開けられなくなるため借りている駐車場は月1万円です。

投稿: whoko | 2005.01.25 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイムスリップ:

« 雪になるかも | トップページ | 安っ・旨っ・早っ! »