« 気持ち。 | トップページ | 余裕。 »

苦手意識克服。

義父の入院していた間、その後の葬儀、さらにその後の所要と、義母宅へ頻繁に通う今日この頃。
東京での生活が長かった義父母が第二の人生を過ごす地として選んだのは、関東といっても東京から三時間位のところ。私ひとりで行くときは電車や高速バスを利用しておりました。

何を隠そう(別に隠すほどのこともないけれど)私は特急列車が苦手。
生まれてこのかた都内から出る機会がほとんどなかったためか、乗車券の他に特急券等を必要とするシステムがよくワカンナイんです。

んーとね、都内だったら切符1枚(パスネットやスイカでも)で乗りたい電車に乗れるじゃない。
もし行き先を間違えちゃっても、電車はすぐ来るから乗り換えればいいし、急行だろうが準急だろうが乗車券以外イラナイじゃない。

ところが地方への、つか長距離の列車は、乗車券のほかにも券が必要なわけで…
そういうのどこで買うの?緑の窓口とか?つまり、基本的なことすらわかんなくて戸惑うし、本数が少ないから乗り損なったらタイヘンと、私としてはドキドキするのです。

ふつーに急行列車を利用できる人に、私のドキドキ感を伝えられるとは思っていないけど、「東京の地下鉄のほうが複雑で苦手」と言う地方出身の知人もいることだし、要は「慣れ」の問題でしょうね。

ところで。しばらく通ううちに、義父母宅へは列車より高速バスのほうが便利と判明。
車中の2時間は寝ても良し、読書しても良しの快適さ。その上料金も安い。なんといっても、急行券がなくてもノンストップ、指定券がなくても絶対坐れる。乗車券の他に何も必要ないというシステムがワタシ向き(笑)

んで、まぁ、けっきょく、特急列車の苦手意識は克服できないままですが、先週、別件で苦手なことを克服しちゃった♪つか、快挙と言ってもいいかも~~
なーんと私、義母宅から車で、しかも初の高速走行というダブル快挙を達成し帰ってきたのです。

「なーんだ快挙って車の運転?」とみくびったアナタ。ワタシ的、家族的には一大事ともいえる事件なのですヨ。
もともと運転が得意なほうではない上に、スーパー・駅など「どう考えても車で行くより徒歩のほうが近いじゃん」てなところに住んでいます。
住宅密集地にありがちな「対向車がくると憂鬱になる道幅」でのすれ違いは頭痛・胃痛・吐き気の原因でもありました。(←大げさ)
それでも子供が小さい頃は、習い事の送り迎えに車を使ったりしていたのですが、子の成長と共に運転する機会も減り、ついには「運転してない歴ほぼ10年(ゆえに当然ゴールドカード)」となっていたのですから。

さて、そんな私がなぜ再び運転することになったかというと。。。先週末のことでした。

愛犬を連れ、夫の運転でひとり住まいとなった義母宅へ向かっていると「運転してみる?」と、突然夫が言いだしたのです。その口調があまりにもサラリとしていたので、つい「うん。もっと車の少ない道になったらね」と答えてしまった私。律儀な夫は交通量が少ない道になると車を止め運転席をあけたのでした。

10年ぶりに坐った運転席。まず聞いたのは「どっちがアクセルだっけ?」でした。
「えっ。。。そんなことも忘れているのか?」と事の重大さにやっと気づいた様子の夫。
でも、もう遅いもんね~。なんだか急に運転する気まんまんになっちゃった私は「たぶんこっちだったよね?アクセル。ほ~ら正解♪」と走り出しました。

いいねぇ、対向車の来ない道って。地元の道では感じたことのなかった開放感。なーんだ、アタシ、けっこう運転できるじゃん。すっかり調子にのり、義母宅付近での移動を自らの運転ですませ、交通量の多い道も平気になりました。
そして、さらには帰りの東京までの三時間に及ぶ運転(初の高速走行含む)を体験したのでした。
ちなみに、夫の「クーラー入れて」との要望には、ほんとの意味で「手がはなせないっ!」と断り、「車線変更すれば?」には「トンデモナイッ!」と答え、左車線のみ走行で東京まで帰ってきましたが。。。。(汗)

ところで、高速を下り、我が家の近所に近づくにつれ、狭い道なのに交通量が多くなり運転しづらいの。
苦手意識は克服できたけど、やっぱウチのそばの道はキライだ。。。。

------------------------------------

さてさて。今週は、お寺にお骨を預けるなどするため、またも週末から義母宅へ出かけます。なので今週末の更新はどうだろ?しばらくは隔週くらいで更新かもしれませんが、どーぞヨロシクです~

------------------------------------

|

« 気持ち。 | トップページ | 余裕。 »

コメント

わーいwhokoさん、仲間!
あたしも運転が超キョウフです。
しかしながら最近「乗らなくてはならない」ということが多いため、
うっしゃ一丁やったろかい的なノリで毎週毎週乗り回すことに。
今年のお正月にはヨコハマのばーちゃんちまで運転しましたし!下道でッ!<すげー快挙でしょ?
ちなみに父に、「車線変更したほうがいいかね」と調子に乗って聞いたら、
「地道にゆっくりイキナサイ」とたしなめられました。チェッ。
ゆるゆると、お義母さまとゆっくり過ごしてくださいね。
ゆるゆるが一番イイって最近よく思ううたこでした。

投稿: うたこ | 2004.10.27 21:25

whokoさん、一応始めましてです(プレゼント応募はしてましたが)。
あまりにも「わかる~」と言う内容だったので、つい顔を突っ込んでしまいました。
私も運転は8年以上してないです(なので当然ゴールドです♪)。独身の頃は田舎だったので足代わりだったんですけどねぇ。今はwhokoさんと同じ区につき運転しづらいのはよくわかります(そちらのほうへはたまに買い物に行きます)。まだ「田舎だったらまだ乗れそう」な気分はあるんですけど…(気分だけで機会はないんですけど…。運転好きの夫は私に絶対「運転する」なんて聞きません。結婚前に事故ってるので余計ですが(^^;))。
高速乗れるなんてすごいです、尊敬です!

ところで(覚えてはおられないでしょうけど)以前「傘たて」をセロテープでとめて作ったとお知らせしたんですけど(HNが違うかも?)、結局傘の重みに耐え切れなく結局結束バンドでとめました。
HPにもアップしましたので、下手なものばかりですけど、お暇つぶしにでも見ていただけたら嬉しいです。
長々と失礼しました。

投稿: chie | 2004.10.27 21:56

わ~、車の話、共感!
私もゴールドなのは、乗っていなかったからですぅ。
都内に住んでいた頃は、晴美通りで一度ぶつかり、恐怖感から抜け出れず、神奈川で生活した時は、16号がみんなイライラして運転している感じで、怖くて、米軍基地へ英語に習いに行く道のみ、運転。
しかし!静岡に帰った以上、運転できないと話しにならないので、やっとこさ、運転できるようになりました。
高速も父が横にいて、なんとか。
一人だと、まだやばいかも。考えただけで、心臓バクバクしそう。
なんだか共感してしまいました。リンクさせて頂いた後、友人から、反響あって、「ランプシェード作りたい。」って言ってましたよ。

投稿: chiaki | 2004.10.27 22:21

■うたこさんっ!
あっはは!パピィにたしなめられちゃったんですね。身近にそういう人がいるのはナニヨリ。
なんたってホラ、気がちっちゃいクセにお調子もん…あ、コレ自分に言っております(笑)
ところでnekonikkiの事件現場は落ち着かれましたでしょうか?

■chieさん、こんにちは!
chieさんもゴールド?あははっ♪乗らなきゃ自然とゴールド、保険も安くなるってのは、なんだかナですよね(笑)
同じ区内在住なんですね~。あのあたり、どれだけ運転に適していない道路だかお察しします。
傘立てより強化したんですね~♪秋口から雨が多かったので大活躍だったでしょう?ほかにもイロイロ楽しませていただきました。サンキュです♪

■chiakiさんもゴールド♪
ワタシはかつて車にぶつけちゃったことがあり、大惨事に至らなかったものの、「なんで、こんなんところで、しかも止まってる車にぶつけられるんだ???」と不思議がられる事故をおこしました。なので自信がないんですよね~運転。
高速、ひとりじゃないから乗れたんですよ、私も(笑・つか汗)
そうそう、chiakiさん熱は大丈夫かしら?なかなか休んだりできないかもしれませんが、朝晩など冷え込みます。体調気をつけてくださいね♪

投稿: whoko | 2004.10.29 10:37

まずは義父様 ご愁傷様でした。
私も義理の祖父が悪くいろいろ心配ごとの多い日々です。
(ついでに先週末から4日ほど子供が熱を出し。治ったら私にうつってしまい見舞いどころでもないのです)

さて車の運転ですがわが街大分では車がないと生活できません(きっぱり)
JRもあるけど不便だし。バスも不便。地下鉄なんてないし(大分県の下には3本の活断層があって地下掘れないらしい)そうなったら自家用車しかない。
背に腹は変えられないかんじです。
でも免許を取ってはや10年。未だに高速は運転できません。
だからWhokoさんそんけ~~~~~です!!

投稿: ももん | 2004.10.29 13:37

お義父様ご愁傷様でした。
さて、運転の話。
私もペーパードライバーです。
でも、私の場合、結婚してから主人の実家に帰る為に、
免許をとったんです。
大阪から新潟まで約7時間!
1人で運転するのは大変なので、交代要員として・・・。
ですから、私は高速道路しか運転できないのです。
しかも、北陸道限定。
でも、気付けば時速130キロ近く出している事がしばしば・・・。
斜線変更バンバンやっちゃいます。
ハンドル握ると性格が変わるタイプみたいです。

投稿: ひらぴょん | 2004.10.30 00:16

遅くなりましたが・・・・
Whokoさんの義父様・・お寂しい事でした。
あらためてご冥福をお祈りいたします。
義母さんもきっとWhokoさんを頼りにされてたと思います。
みたらし団子のみたらしを洗うなんてそれはそれでアイデアではないですか!!(笑)お供えものの地域性というのは、私もいろいろ感じさせられます。こちらは御通夜に森○のミルクキャラメルがよく配られていました・・(笑)
気持ち・・そうなんです。
気持ちなんですよね(すいませんこちらに書いてしまって)
こちらには97歳のおじいちゃんがいらっしゃいますが・・
まだまだお元気ですが・・・
私は決めていることがあって、誰にも見せない・・
おじいちゃんへだけのお手紙を最後に書こう、そう思っています。
それを最後に御棺に入れたいな~と・・
まだお元気なのに縁起でもないことを書いていますが
気持ち・・気持ちを伝えられたら・・そう思います。

それから、最近よく霊柩車とすれ違うのですが
縁起がいいといいますよね。
こないだピカピカの霊柩車とすれ違って
思わず喜んでいました。
すると、運転していたパパが
[おまえ~いくら縁起がいいからといって
霊柩車に手を振るなよ!]
だって!!(笑)そう私は金ぴかの霊柩車に手を振って愛想してたらしいのです・・ぁ~~不謹慎でごめんなさい(汗)

話がそれましたが、
Whokoさん、運転再開はすごいです!!
でも目的があれば、Whokoさん何でもこなしちゃう
と思います。そういう女性ですよ!!

そうそう、ココア色のバック、とっても可愛かったです。
ボタンがまた素敵・・!!

ながながズラズラごめんなさい!!

投稿: ひろりん | 2004.10.31 17:47

ご愁傷様です 御身体気をつけてください
(いつも道を尋ねられるルーンです)
私は電車が苦手です いつも嫌というほど駅員さんに尋ねます「本当に○○へ着きますか?」改札を出る時も一苦労です「本当に行けますか?」何度も何度も尋ねます 同行の友人は 変な目で私を見ます この話を友人にしたら「あなた出かける時に、一旦鍵を閉めてから、もう一度コンセント、ガスを確かめに戻るタイプでしょ?」って言われました・・ハイ そうです

投稿: ルーン | 2004.11.02 09:38

■ももんさん♪
ももんさんがお住まいのところは車が必須なんですね。
>背に腹は…
ふふ。そのおかげで運転技術は間違いなく向上しますよね?

義母が住む地も正直、車がないと不便なところ。義父がいるときは車で行動できたのですが…今は義母の行動範囲が狭くなることが一番の心配です。

ところで体調はどうですか?お祖父様も心配ですね。

■ひらぴょんさん♪
なるほど!交代要員ですか!(笑)
北陸道かつ高速道路限定とはいえ、車線変更ばんばん出来ちゃうなんて私からしたらスゴイコトですよーー!!!その上130㌔ですとぉーーー!!

先週の金曜日から日曜日まで、やたら高速に乗っておりまして、東京-茨城-福島-茨城-東京-茨城-東京…ぜいぜいぜい……夫と交代しながら運転しておりました。
夫に言わせると、斜線変更のタイミングは「まだまだヘタクソ」とのことです~~とほほ。。

■ひろりんさん♪

>誰にも見せない・・おじいちゃんへだけのお手紙を最後に書こう、そう思っています。それを最後に御棺に入れたいな~と・・

ひろりんさんが愛情をもって97歳のおじいちゃまに接していること、メールなどからもうかがえます。
ひろりんさんが伝えたいことってなんだろう。きっと「ありがとう」ではないのかしら?なんて思います。

霊柩車の運転手さん、思わず手を振り替えしたり…なんてことはなかった?(笑)

■ルーンさん♪
あいかわらず道を訪ねられていますか?(笑)

>「本当に○○へ着きますか?」改札を出る時も一苦労です「本当に行けますか?」何度も何度も尋ねます

わかります!わかりますっ!!!
そうなんですよ。ワタシも、そーなっちゃうんです!
あ、でも慎重派ではないようですワタシ。かなりズボラです。
それなのに、長距離列車はパニくりますです、はい…

投稿: whoko | 2004.11.02 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦手意識克服。:

« 気持ち。 | トップページ | 余裕。 »