スワッグ

Swag5

スワッグ(SWAG)ってご存知ですか?
枝や葉物や花を、花束のように束ね、壁に飾ったりするアレです。

壁に飾るといえばリースが主流でしたが、最近では無造作に束ねられたスワッグを見るようになりました。


Swag6

先日の三連休のとある一日、所要で出かけた帰り道、花屋さんの前を通りかかったらば、「リース・スワッグ講習会 参加費3500円」という張り紙を発見したのです。

開催時間を見たら、少しだけ時間をつぶせば参加できそうだったので、定員に空きがあるか聞いてみたのです。

すると、「今からでもいいですよー」と明るい返答。

ならばと参加費3500円を払おうとすると、それはリースの材料費だそうで、スワッグならば好みの枝葉を店内でお選び下さいとのこと。

Swag7


ドライに適したものを店員さんに教えていただきながら選び(そう。スワッグはドライでも楽しめるのもポイントです)、会計すると1680円で講習会代は不要とのこと。
3500円で習うつもりだったので、なんだか得した気分になりました。

でも、確かに、リースと違い、教えてもらうテクニックは少ないのです。
大きな枝葉を背景に、自分好みに配置したら、輪ゴムで縛り、ラフィァやリボンなどをゴムを隠すように巻けば完成ですもの(笑)

Swag3

完成したスワッグを持ち帰り、元・娘の部屋に飾ったところ、ちょっと甘くなりすぎ↑

ピンクの花が甘くなりがちの原因だなー

ドライになっても、けっこう色が残るタイプというアドバイスで選んだのだけど、イメージしていたのとは、かなりずれちゃった!(笑)

で、玄関のドアへ移動↓

Swag1

ユーカリの葉の香りがさわやかです。

ここならチャンプ、届かないよね?

Swag2

ネコさんと暮らすというのは、たいがいの植物をあきらめるということでもあるのです(笑)

あ、でも、私にはそのほうが都合がいいのです。

ゴットハンドとは真逆の、植物を枯らす「魔の手」の持ち主だし、ミニマリスト的発想でいけば、飾るモノは最小限でいいのですから☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花梨とセロリと台風と

Cookkarin

台風の翌朝、道に花梨(かりん)の実が落ちていた。

そこの花梨は街路樹で、所有者を問うたら区か都のものなのかな?

とりあえず個人所有のものではないので有り難く持ち帰り、重さを量ってみたら小さいほうが300gで大きいほうは800g。

はちみつ1キログラムを買ってきて、はちみつかりんを作ることにした。

しかし、かぼちゃくらいの硬さと噂に聞いていたのだけど、いやいや、かぼちゃどころではナイ!
私の力ではまったく歯が立たないので、夫に頼んだところ、夫の腕力をもっても、かなり手強い硬さ。

どうにか半分にカットしてもらい、切った面を下にしたことで安定が良くなると、そこからは私でも切ることができるようになった。

Cookkarin1

上の写真のガラスジャーのほかに、琺瑯の容器も使い、1キロ強の花梨と、しょうがを入れ、上からはちみつを投入。
2週間から3週間ほどしたら、花梨としょうがは取り除き、エキスだけ移し替えるのだそう。

そう。はちみつかりんは初めての試みなのです。
取り出した花梨って捨てちゃうの?ジャムとかに出来ないのかな?

Cookcelery

さて次は先週末、一束200円で売っていたセロリの話題。

200円なのに抱えるほど大っきい束で、茎も葉もみずみずしいセロリをいそいそと買って帰りました。

そして台風の日曜日。出かける予定だったけど、激しい雨風のため予定は延期。

ぽっかりあいた時間で、セロリを全部を使い切ることに(といっても一時間もかからなかったけど)

イカのくんせいとマリネにしたり(↑写真右)、きんぴらにしたり(↑写真左上)、葉っぱを湯がいて絞り、シーチキンとマヨネーズで和えてみたり(↑写真左下)

いかくんせいマリネは安定の美味しさ。

ニンニクと唐辛子とめんつゆで作ったきんぴらは、うどのきんぴらに匹敵する美味しさ。

セロリの葉っぱはいつも捨てちゃっていたのだけど、今回初めて使ってみたら、夏に八丈島で食べた明日葉の和え物と似た感じで相当美味しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅とネイルの日程調整。

2017octnail

このネイルは初めてのマットネイル。
カラージェルの仕上げのトップジェルをつや消しタイプにしてもらいました。
ビビットな赤も和らいだ仕上がりとなり気に入っています。

が、しかし。
数週間後には先っぽが欠けてしまいました
(↓人差し指の爪)

2017octnail1

その欠け方が変形のハートのようだったので、手持ちの白のマニュキアで、「欠けたんじゃないの。こういうデザインなの。」感を偽装アピール↓

2017octnail2

欠けたらさっさとネイルサロンに行けばよいのですが、実は来月下旬に、またもひとり海外でエジプトへ行くの予定でして。
旅先でネイルサロンとか行けないから、ベストなタイミングでネイルやカラーができるよう、日程調整をはかるのです。

出発まで2週間ちょっとなので、ネイルは今週末くらいに行っとけば旅の間もつだろうとか、カラー(白髪染め)は出発直前にしとかなきゃ、とかね。

さて。
エジプト旅行のフライトチケットはエミレーツで買ったのね。
なぜなら長時間の乗継時間の場合、カタール航空と同様に、ホテルや食事のサービスがあるし、なかなか安めお値段だったから。

が、しかし。
そのサービスを利用しようと問い合わせたところ、安っい航空券だったせいか、「お客様のチケットはそのサービスの適用不可です」とか言われちゃってさー

え!13時間もの乗継時間だというのに!!って、ガーンとなっちゃたのだけど、気を取り直して、乗継先のドバイで遊ぶことにしました。
2カ国行くと思えば、ガーンな気持ちがウキウキに変えられるんです(←負け惜しみ・笑)

航空券のサービス適用の目論みは上記のとおり失敗に終わりましたが、エクスペディアでカイロで泊まる部屋を探していたらね、宿泊料が0円って表示されるの。

んん???サーバーで何か障害でも発生してるのかな??と思いつつ、画面を見直すと、いつのまにかエクスペディアのポイントがたまっていて、それで数泊分がゼロ円となっていたのでした。

エジプトは物価が安く、宿泊費もワタシが選ぶようなチープなところは一泊2000円以下だったりするんだけどね、それでも宿泊費ゼロ円ってすごく嬉しい!
ましてや、エクスペディアのポイント、まったく気にかけてなかったところで、いつのまにかたまっていたから、喜びも倍増☆

ふだん、ポイントはあえて無視するほうなんだけど(ポイントをためようとがんばると、ソレに縛られることが疲れちゃうの)、こうやって知らない間にたまっているみたいのはイイものねー☆

さてさて、エジプト旅行に向けてのネイルは何色にしようかなー

2017sepnail

↑これは、秋の初めにしていたグレージュ。(だいぶ伸びてるとこはご容赦下さい)
パープルとグレーのブレンドで、わりと気に入っていたので、またコレにしようかなーなどと考える今日この頃です!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ねこさんのために。そして肩透かし。

Champ20171029

ちょっと「おっさんすわり」をするだけで、きゃぁきゃぁ・いそいそと写真を撮ってしまうのだけど、ねこさんに、その熱い気持ちは伝わらない。

そんな素っ気無いところがずっきゅんポイントなのねーと猫の魅力(というか魔力)に翻弄されてる猫暮らし歴一年ちょっとのワタシと夫。

さて、秋も深まった今日この頃、ねこさんのために冬支度。

↓の写真のドア、冬支度したのだけど、おわかりになりますでしょうか?

Catdoor1

↑8枚あるガラスのうちの、右側の一番下にご注目。

↓ネコドアをつけたのです。

Catdoor2

寒い季節はこのドアを閉じていたいのだけど、ドアの向こう側にねこさんトイレがあるので、こういう仕様にしたのです。

ガラスを取り外した窓枠のサイズと微妙に違うネコドアゆえ、見えないように木枠を取り付けるだの、夫婦ふたりの共同作業で数時間かかっています。

そのかいあってイイカンジでついたねーと、夫と喜び合ったのですが、かんじんのチャンプが使ってくれなーい!!!

Catdoor3

こうやって使うんだよーとレクチャーすると、激しくビビリ逃げ出しました。

しつこくしてもますます嫌がるだろうと、傍観してますが、かれこれ一週間以上たつのに、使う気ゼロなチャンプ。

ふう。。。ま、そーいうところが猫の魅力なんですけどねー。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刺繍糸とフォークで何ができたと思う?

Bon

お店でみたぽんぽんのピアスが可愛いなぁと思ったのだけど、お値段1000円以上。
うちにあるもので作れそうとトライしてみました☆

材料は刺繍糸とフォークと、使っていないピアスと接着剤。

小さなぽんぽんはフォークに刺繍糸を巻いて作るの。
(作り方は撮ってないのだけど、ネットで検索するとフォークを使ったぽんぽんの作り方、いくつかヒットします)

ぽんぽんの出来栄えは、ワタシならではの雑さがにじみ出ていますが、ピアスとして使ってる分にはさほど気にならないのでヨシとしております。

使っていない小さなカットガラスのついたピアスに丸く切ったフエルトを通し、接着剤でぽんぽんとくっつけて出来上がりです。

Bonbon1_3

          ↓RED
Bonred_2

          ↓GREY
Bongray_2

          ↓BLACK
Bonblack_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯磨きチューブのパッケージ

Tooth2_3

目にうるさい色柄使いの歯磨きはもうイヤだー!と、うん十年悩み続けていましたが、メーカーに私の心の叫びは届いていない模様。

でも、同じことを思っている人は少なくないようで、いろいろと工夫しているのをネットで発見。

Tooth3

クリアファイルをチューブの形に合わせてカットし、中に紙をはさむという方法、ワタシも真似してみました☆

ネットで作り方を公開されてる方は一般的なクリアファイルを使っていましたが、私はなるべくソフトなタイプを選びました。

Tooth4

チューブをぐるりと包みこむように紙などで試した後、クリアファイルをカット。

中にラベルを貼った紙を挟みこみ、筒状にし両面テープで後ろでとめます。

上部には折り込めるフタを作り、中身の歯磨きチューブを入れ替えられるようにしました。

Tooth5

クリップは、本体のフタにかぶり気味になってしまったのでとめています。
サイズをきちんとすればクリップは必要ないですよ~(笑)

Tooth1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持たない暮らし。ローンも完済。

2017room

我が家がまだ4人家族だった頃、今住んでいるこの小さな中古の家を30年ローンで買いました。

あっという間に子供たちは巣立ち、人並みの生活をするために必要と思い込んでいた多くのものも処分し、ずいぶん風通しの良い住まいとなりました。

やっと、この家の大きさに見合った量の持ち物になってきたような気がします。

最新のキッチンや水周りに憧れたときもありましたが、今では、この古くて小さい安普請の家が大好きです。

上の写真は、先日、手直しし、よりすっきりさせたテレビ周りです。

以前は下の写真のように、ホームセンターで買って来た組み立て家具のパーツを脚にしていました↓


2017room4

↑の仕様でも、雑然感はなかったのですが、冬場、ガスファンヒーターを出す季節となると、玄関からの通り道がせまくなるのが気になっていました↓

2017room3

テレビの下にファンヒーターを置けるようにすれば絶対スッキリするはず!と、夫を説得し、天板はそのままに、脚の部分だけ変えてみたのです。

2017room1

脚にしたのは、昔、100円ショップの園芸コーナーで買った鉢スタンドふたつです。なので今回かかった費用は0円!

しかし、この細いアイアンの鉢スタンドだけで支えるのはかなり不安定だったので、夫が壁に固定するように何箇所かねじくぎで止めてくれました。

この仕様にするにあたり、ほとんど使わなくなっていたDVDプレイヤーも処分。(今や映画はアマゾンプライムだし、ユーチューブとかのおかげで番組を録画することもなくなったもんねぇ・・・)

さてさて、この記事の冒頭に書いた家のローンですが、先日、繰上げ返済をし完済しました。以前にも一度繰り上げ返済をし、期間短縮をしていたのですが、今回残金を全額返済したところ、30年ローンを23年で返し終わったことになります☆

それでね、完済すると住宅ローンを組んでいた機関(銀行とかね)から、書類が届くんだけど、抵当権の抹消登記というのを行わねばならないのです。

ふつーは司法書士さんとかに頼むのだそうだけど、自分でも出来ないことはないらしいので、やってみました!

法務局のサイトから書式をダウンロードして、ネットで調べて記入してみて、最寄の法務局に持って行きました。
法務局の職員さん、丁寧に教えてくれて、すぐに提出書類が完成。
10日ほどで抹消手続きが完了するそうです。
かかった費用は、印紙代のみ。ちなみに一筆千円で、うちの場合は土地が二筆と家屋が一筆なので3千円となります。

司法書士に頼むと、最低でも一万から二万円と聞いていたので、ちょっと自慢したくなりました(笑)

これでやっとローンも持たない暮らしになった!と書きたいところですが、夫名義のローンは完済したものの、私名義のマンションのローン(現在、義母が住んでいる)がまだあるのです。
こちらのローンの返済額は、私の定年に合わせて組んであるし、負担になるほどの額ではないので、繰上げ返済はしない予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傘はひとつだけ。そしてチビバッグのこと。

2017am1

台風21号による雨風、昨晩は激しいものでしたが、現在の東京は雨も上がり、これから久々の晴れ間となるようです。

さて。大雨、小雨にかかわらず、私が持っている傘は5月にヘルシンキで買って来たマリメッコのおりたたみ傘ひとつだけ

以前は家族数の何倍もの数の傘を所有していましたが、断舎利を開始した早い段階で、夫の長傘一本と私と夫のおりたたみ傘ふたつの計三つだけにし、それ以後、この本数で困ったことはありません。

つまり、私は長傘は持っていないのですが、通勤時、濡れた長傘を持ち電車に乗るのは手が疲れるし上、周囲に気も使うので、断然「おりたたみ派」なのです。

おりたたみ傘なら、駅に着いた時点で小さなビニール袋に入れ、バッグにしまうことができますから。

2017am_2

さて、もともとついていた傘のふくろ(画像上。Amazonさんからお借りしました)は、濡れたかさをサッと入れるのには適していないので、いつのまにか持ち歩くことすらしなくなっていたので、共布で作られた袋は捨てちゃおうかと思っていました。

捨てるつもりで手に取ったところ、小さな傘袋は二重になっていることに気がつきました。

で、ほどいて縫い直し、写真のちびバッグに作り変えました↓

2017am2

内側の袋と持ち手はビニール製のショップの袋を使いました(タグもアクセントとして持ち手のほうにつけてみた)

2017am3

もとの大きさの約2倍になったので、濡れた傘をささっと収納しやすくなりましたよん☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

減らすと増えるのは心地よさ。

2017octhiyamugi

モノを減らせてヨカッター!と思えるときがあるのだけど、それは、昔に比べてガランとした部屋を見るときはもちろんのこと、クローゼットを開けたときとか、使った食器を流しに置いたときによく感じるの。

クローゼットはね、ぎゅうぎゅうに収納していたときより、当たり前だけど風通しがよく、見た目にも圧迫感がナイのが心地よいの。
あとあれよ。今現在着ている物しか持っていないという状態は、ずいぶんと心の平安に結びつくのよ!(笑)

使った食器を流しに置いたときというのはね、減らしに減らし、自分の好みのものだけに絞り込んだ食器は、組み合わせ的にもイイかんじなのです。(あ、これ、服にもいえることです)

無造作にステンレスの流しに置いたグレーのお皿の上に白い小鉢がのっかっていて、その横にはブラウンのカップや、ガラスのコップがあるという意図的ではない構図と色彩なのに、自分好みでまとまっているため、なんとも心地よい気分にしてくれるのです。

以前はさ、服でも雑貨でも、手持ちのものを活かしたい貧乏性ゆえ、「このスカーフで挿し色を」とか「明るい色の食器も可愛いよねー」と加えてみたりするんだけど、案外、なにもプラスしないほうがよかったりしてさ(笑)

そっか、ワタシはやはり、色がたくさん溢れているカンジが苦手だったんだなとあらためて思う今日この頃。
自分が心地よくいるためには、つまんないくらいの色と数の持ち物で十分なんだと気がついちゃった。
あ、もちろん、それは私の好みであって、カラフルなのがお気に入りって方を否定するわけではありませんよー(笑)

2017octhiyamugi1

さて、写真はたった2枚しかないグレーのお皿に、そば用のざるをのせ、冷麦を盛り付けたとこ。

このお皿にサイズ的にもぴったりだったので、本来のざるとセットである器のほうは処分できちゃう♪と喜んだんだけど、冷麦は、こういう盛り付け方をすると、くっついちゃって食べるのがタイヘンだった!

そーだよねー
冷麦はたっぷりのお水に泳がせるように盛り付けなくっちゃいけなかったねーと、夫に言い訳しながら、くっつき、かたまった冷麦を食べた肺炎休暇中の、とある昼食での出来事なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肺炎休暇。

Pi2

先々週の金曜日の午後、デスクワークの最中に、急におそってきた悪寒。
あと数時間で帰れる時間帯だし、翌日はお休みなわけだから、ふだんなら、なんとかやり過ごすのだけど、これまで例のないほどのものすごい不調感に、座っていることも苦痛で早退。

帰りの電車では立っているのも辛く、駅に着くとすぐに夫に電話して「ごめん、めちゃくちゃ体調悪くてご飯作れないから自分の分だけ何か買ってきて」と伝えた。

やっとの思いで家に着き、熱をはかると38度を超え、ああ辛いはずだと、顔も洗わずベッドにもぐりこんだ。

その日の夜は、悪寒と節々の痛みにくわえ、右胸が恐ろしく痛みだし、それはまるで骨折したかのように痛いの!
とりあえず心臓のあるほうではないので、なんとか朝まで耐え、翌朝、医者に行くと、熱は40度を超えていた。

レントゲンなどの検査の結果、肺炎と判明。最低一週間は安静にするよう言われ、この時期、仕事休むのは相当な迷惑になると思いつつ、仕方がないわけで…

幸いにも上司の対応が優しくて、もうこの際、ゆっくり休養するしかないもんねーと腹が決まり、その予期せぬ休暇は神様からの贈り物と受け止めることにした(←プラス思考。図太い神経ともいう)

Pi1

肺炎の胸の痛みは抗生剤などのおかげで2.3日でとれ、熱も微熱程度まで下がると、カラダはぐっと楽になり、「いやもう働けそうなんですけども!」と力強く思ったりもしたのだけど、数時間、動くと、熱が上がったりしたので、やっぱここは安静にするべきなんだと自覚。

娘がご飯を作りにきてくれたり、夫も、私に用事を頼まないなどしてくれたので、ほんと、ゆったりすごすことが出来ました。

入院ならともかく、自宅でなんにもしないで休むなんて無理でしょーと思っていたけど、案外休めちゃうのねー。
トータル10日ほどの休暇の、痛みと熱のあった数日間をのぞいた自宅療養は、ほんと、神様からの贈り物でした☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«ふきん