ホットケーキと台所

Ca1
 
コロナウイルスによる自宅待機がそこそこあった先週
 

Ca2
 
テレワークの娘が焼いてくれたホットケーキを三世代の女子で食べる平日の昼間。
  

Ca3
 
うちは昭和に建てられた住宅で、台所の昭和感といったらハンパない。
   
Ki1

  
 古くて、狭くて、お世辞にも使い勝手がいいとも言えないけれどキライじゃないのよね。
 
Ki2

  
↓このガステーブルなんか、古すぎて、汁受け皿に穴が開いてるの。
(汁受け皿があるガステーブルって、最近ではめずらしいよね。いや汁受け皿って言葉自体知らない人、多いかもね!)
Ki3
  
製造メーカーに問い合わせたら真っ先に言われたのが「長い間のご使用、誠にありがとうございます」でした。
感じの良い対応(社員教育が行き届いてました!)でしたが、その一言で、替えたほうがよろしいですよ。という本音も優しく伝わってきました。
 
とっくの昔に製造中止になっていて、部品もないとの回答もいただいたんですが、けっきょく、その後も使い続けている。
先日、東京ガスの点検があり、ガス漏れなどの指摘もなかったので、うん、まだまだ買い替える気なしの今日この頃。
  
Kodemari
 
さて、東京は今週末の不要不急の外出は避けるようにとのこと、その後、欧米のように外出禁止とかになるのかしら?
とりあえず今日の山手線は、すごく空いていました。
この時期、日本のたいていの会社は年度末のはず。テレワークが難しい仕事は出社せねば処理できないのだけど…
ま、なるようにしかならないわけで・・・いや、なるようになるのよね☆

| | コメント (0)

しずく対策

Am1

以前つくった傘のチビバッグは、濡れた傘を入れるとしみてきちゃって、数回使ってみたけれど処分した。

新しい傘になったところで、付属品の使いにくい袋を捨てちゃう前に再チャレンジ。

しずくを防ぐカバーを作ってみました↓

   An2

↑ご覧のように、① 付属品の傘袋の縫い目をほどき広げる(透明ビニールは処分)、② ①を手持ちのハンドタオルと中表に縫い、③ ふたつに折り底側だけ縫い、④ スナップボタンをつけて完成。(マリメッコのタグも捨てずに使いたい場合は②の中表に縫い合わせるときに挟み込んで縫っといてください)

 

An3

で、濡れた傘をタオル地側に入れ ↑

くるっと包んで2か所のスナップボタンを止めます↓

An4

先週の大雨の日、びっしょびっしょの傘を入れ、通勤バッグの中にINして電車の乗りました。

一時間ほどその状態でしたが、しずくが外に漏れることなく、つまり通勤バッグの中も濡れることなく駅に到着。

Am1

つまりは成功ってことかな☆

干すときも、全開にはならないけど、底しか縫っていないので、乾きもよかったですよ☆

| | コメント (2)

落とし物と拾い物

Fb87578bd5a0421589fc5578208b9b1e

一昨日のこと。

燃えないゴミを出しに行ったら、ARABIA のお皿が5枚捨てられているのを発見してしまった!

モノを持ち込みたくないミニマリストだけど、これは見過ごすわけにはいかにない!と、一瞬の判断で持ち帰りました☆

E12e6d8290cc46bfb28a8725152943e7

しかし、いったい誰が何で捨てたんだろう?

一枚五千円前後するお皿、しかも5枚よ?!

贈られたものの趣味が合わず、その価値もわからなかったのか、それとも他にも良い食器がたくさんある人なのか・・・謎と憶測の妄想がふくらんでしまった(笑)

1b31e25c7b50439c8694ccfd96d0ebbc

一応、裏側も撮影↑

さて、こんなお宝を拾う幸運に遭遇する事もあれば、先週はカシミアのマフラーを落としてしまった。

気に入っていただけに惜しいことしたなと思ったのだけど、なんと娘が、使ってないカシミヤのマフラーあるから使う?と聞いてくれたので、問題解決。

落し物と拾い物の不思議な巡り合わせが頻発する今日この頃です。

| | コメント (2)

当番制出勤

Frencht

コロナウィルスの影響がいたるところに及んでいます。

マスクは売り切れ、うちの9才児も新学期まで休校、娘もテレワークに(写真はそんな中、娘が使ったフレンチトースト)

私の心の糧である海外旅行も、コロナウィルスによる受入拒否があるかも知れず、旅行の計画もたてられなず・・・なんて中、朗報が!

なんと私の職場、今月に限り、出勤が当番制になったのです。

これまで月曜から金曜までの週5日出勤だったところ、交代制で出社することになったので、週、2日から4日程の出勤。お給料が減額される事もないのがありがたいです。

仕事の量は変わらないので、少なくなった出社日で終えることができるか不安はありますが、まずは、突然の休みを楽しもう・・・と言っても、外出は控えねばならない状況。来年の定年後の予行練習でもいたしますか。

何はともあれ、コロナウィルスの収束を強く願う今日この頃です。

| | コメント (2)

Soap Dish

Soap1

 
花粉症対策で、コロナウィルスが流行りだす前に買ってあった我が家のマスクの在庫、残り20枚をきった今日この頃。 
娘が、麻の葉模様の手ぬぐいでマスクを数枚縫ってくれたので、市販品マスクの在庫がゼロになったら、それを使おうと思います。
 
でもね、マスクが入手できない人、これから増えてくると思うのよね。
願わくば、マスクせずに電車に乗っても(今現在の通勤電車内のマスク率は90%くらいよ!)、常識知らずだとか決めつけないような、のんびりした心持ちを忘れないようにするのも、コロナウイルスに負けない対策のひとつなんじゃないかしら。
    
Soap2

 
さて、最近入手した陶器とステンレスでできたソープディッシュがコレ。
ほんと、お気に入りなのです☆
  
以前は珪藻土のを使っていたのだけど、珪藻土って表面は水分がさっと消えるけど、底がカビてくるのが悩みでした。
お風呂上り足ふきマットは珪藻土で快適に過ごせているのですよ。
使わないときは立てかけたりして底面も乾かせるから。
 
でもソープディッシュはソープを入れている間は乾かせないという問題点が。。
 
で、外出するたびに探していたのだけど、なかなか気に入ったものがなくって。。
 
そしたら灯台下暗し!
 
Soap3
 
いつもソープを買っているMARKS&WEBにあるじゃない!
 
お店で何回も見ていたはずなのに、なぜか、商品だと思っていなかった(笑!)
 
Soap4
   
さて、この記事を書くにあたり、「〇〇難民」という表現をあえて使いませんでした。
いいろいろ試したけどしっくりくるものが見つからないときの表現として「〇〇難民」は、とてもぴったりくくるし、センスもあると思うのです。「〇〇迷子」という表現よりぴったりくるなーとも思います。
 
が、そう思うと同時に、本当に難民となってしまった方々のこともちらりと脳裏に浮かぶのです。
 
ま、感じ方は人それぞれなので、自分がざわつくなら自分が使わなければいいんだねってことでオシマイ☆
 

| | コメント (0)

ほうれん草と夫の進化。

Hourenso
先々週、めまいが頻発。
 
朝、目が覚めると世界がぐるぐる。(決して二日酔いではなく!)
 
起きても立ち眩みで冷蔵庫に支えてもらい、歩く時も倒れるのが怖いので壁際を選んで歩行。
 
なんて日々を過ごしていたら、夫が、たくさんのほうれん草を買ってきた。
 
そのときの夫の脳内回路は「めまい=貧血→ほうれん草食べる」だろうなと想像し微笑ましかった。
 
更には、普段めったに料理をしない夫が、ほうれん草入りのうどんを作ったのだから、微笑ましさ倍増。
 
ほうれん草買うだけなら、まぁ、夫の行動としてめずらしくはないのです。
 
けどね、夫は進化していた!
 
買ってきた野菜を自分で料理して私に食べさせるという行動は、たとえて言うならば、よちよち歩きの幼児が自転車に乗れちゃうくらいの成長ぶり(祝!)
 
ちなみに作ってくれたうどんの調理方法は私が過去に教えたの。
 
「冷凍うどんを深めの皿に置き、ちぎった(まな板&包丁はハードルが高そうだから)野菜をのせ、めんつゆをかけ、ラップしレンジでチンするだけよ。卵をのせるときは黄身を楊枝でさしてね。」てな具合。
 
最初は、めんつゆの適量が見極められず、しょぱかったりしたようなので、「そういうときは後からお湯かお水たして適当に調節してね」とワンポイントアドバイスをしたところ、「冷凍うどんwithちぎり野菜」はめでたく夫の料理レパートリーとなったのです。
 
あ、眩暈のほうは、ほうれん草のおかげなのか1週間ほどで治まりました☆
 

| | コメント (2)

お財布

6c935c2d477241bebf13a6e3efe800b3

昨年、持ち歩くものたちのコンパクト化を図り、手帳とカードケースを廃止し、お財布も上記写真のものにチェンジした。

 5ecef2eecfcb41838c4e350ca1108c26

大きさは、以前使っていたカードケースよりひと回りほど大きく

スマホを少しだけ縦に短くしたくらいのサイズ感

 641fb1f118e5468896a846708f23c65c

 二つ折りを広げるとこんなかんじ↑

ファスナーがあるところには小銭とたたんだお札を入れ、

仕切りのある所にはsuicaとカードを収納。

改札を通るときは、これごとかざす。

13378b068a7c45bc9402ffe1aa732c2a

数か月使ってみて、カードケースと手帳を処分しても何も困らないと実感。

ただ、この入れ物(お財布として売っていたわけではない)の素材は合皮。

劣化が早いかもしれないことが少しだけ懸念材料となっている。

| | コメント (2)

ムスカリ水栽培と透明ビニール

6add40235a8d418597519c074ed7fd97

先月ムスカリの鉢植えを購入。今年もまた、土から取り出し、水洗い。

そしてガラスの器に移し替え、なんちゃって水栽培。我が家の風物詩となっています。

 

95a728554c1c4f9f9cb179b60e2315cb

 

先週あたりから花が咲きだしました。

 

2309568e3c7c4303b1d5227e41cd0c0f

このガラスの器に対し、育ち始めのムスカリは背が低くバランスがとりずらかったため、透明ビニール袋をくしゃっと入れてから水をはり、その上に球根を配置しています。

ちなみにこの方法は、青山フラワーマーケットで見かけて真似させていただきました☆

ビニールひとつで、高さ調節ができるってすごくいいアイデア。切り花なんかにも試してみようと思います。

| | コメント (2)

三つ編み

2ea4f445a3a344d9b69cd1a998e8e56b

 

読んだ本の履歴を作りたいけど面倒だなーと思っていたら、「スマホで表紙を撮る」という方法を何かで知り、お!それいいじゃんと、面白かったものも、つまらなかったものも、とりあえず写真に残しておこうと、その方法を真似させていただくことに。

ほら、テキストでタイトルや著者、読んだ日なんてのを記録しようと思うと面倒ですが、履歴だけならこれで十分。

てことで、先日の記事の「僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー」と、上の写真の本「三つ編み」から、履歴写真始めました。

前後にほかの本も読んでいるのですが、この「三つ編み」は、図書館予約で半年待ち、やっと借りたもので、読み終わり返したものの、私にとってとても大事な本となりました。

国も生活環境も全く違う3人の女性の物語が三つ編みを編むように交互に語られていくのですが、最初は全く接点などないように思えた3人が本の最後では、だれ一人かけても成立しない結末を迎えるのです。

3人のうちのひとり、インドの不可触民スミタの物語は、最初、あまりにも理不尽で読むのが辛く、成功者であるカナダのエリート弁護士サラの痛みは、エリートではない自分なのに共感することができ、ジュリアが住むシチリアは進歩的なヨーロッパかと思いきや、いまだ男性中心の家長制度をひきずっていたりと、日本で暮らす一女性として反応・共感することが多々ありました。
  
本の後書きだったか(返却したのでちょっと不確かなのです)に、「男性優位な社会を変えるために、まずすべきことは、男性ではなく社会に訴えかけることだ」みたいなことが書いてあり、ものすごく共感しました。

me too運動が始まったことは、とても大きな一歩で、個人的に大きな喜びです。

が、正直、私の周囲の男性はme tooにあまり関心がなく、ただ、訴えられないように時代の流れに乗るくらいにしか思ってないように見受けられることが少なくありません。いや、女性にだってそのような受け止め方をしている人もいるかもしれない。

だからこそ、社会へ訴えることのひとつとつとして、この本が誕生したこと、そして出会えたことが、とてもうれしいです。

| | コメント (0)

やめたこと。

E6a09e4b929e4356b6c3953ef635b44e 

ずっと続けてきたコトやモノで、やめたことを列挙。

【ネイルサロン】
かれこれ10年ぐらい通っていたのではないかしら。
指先ってけっこう目に入るので、綺麗になっているとテンション上がるし、逆に、長年のネイルで爪がボロボロで、見せられる状態じゃなかったこともあり、毎月5千円前後かけてネイルサロンに通っていたのです。
ところが、去年の11月頃、そろそろ予約しなくちゃと思いながらジェルネイルが数か所剥がれたところ見ると、ボロボロじゃなくなっていたの!
色も薄っすらとしたピンクだし、ゴワゴワガサガサじゃなくなっている。
あれ?これなら自分の爪で生きてける!と思い、その日から次の予約をいれることなく過ごしています。

【ヴィトンの手帳とお財布とカードケース】
手帳・財布・カードケースのほかに、キーケースもヴィトンというのが、かれこれ30年くらい定番の持ち物でした。途中二度くらい買いなおしたものもあるけれど、バッグの中にヴィトンが揃っている状態が心地よかったのです。
が、去年、手帳を持つのが面倒になってきてスマホのカレンダーとメモ機能に移行。
 
カードケースにはSuicaや免許証・保険証のほかに診察券を入れていたのですが、診察券は診察券番号がわかるようスマホで撮影。外出先からネットや電話予約の時は番号さえわかっていればオッケーだし、急遽、仕事の帰りに受診するときも、診察券は後日持参で大丈夫ですから。
あと、Tポイントなどはスマホアプリで代替えできるものは極力そっちへ移行したので、カード自体もだいぶ減らすことができました。

お財布にいたっては、去年から始めたPayPayと、カードとsuicaを使うことがほとんどで、現金の使用頻度が減ったのを機会に、ブランド財布へのこだわりを捨て、コンパクトでカジュアルなものに変更。
近所の八百屋さんもPayPayが使えるので、お財布から現金が動くとはほとんどなく、もしものためにお札を数枚入れているだけ。
小銭は以前からお財布が膨れるのが嫌で、おつりで4~500円ぐらいの小銭がたまると、すぐにATMで預入する癖がついています。

なので現在、使っているヴィトンはキーケースのみ。
これだって、お財布の中に鍵を入れちゃえばキーケースも処分できるのだけれど、会社の鍵などもあり、紛失した場合に備えて今のところはキーケースは持ち歩いています。

【本・雑誌】
昔は、本や雑誌は持っていたい派だったのですが、ミニマリスト思考になってから、持っていること自体が煩わしくになり、それからはもっぱら図書館利用です。
新刊などすぐに読めないけれど、持つことより待つことのほうが今の私には快適だなんて、昔の私には想像つかないことだわ(笑)

【長傘】
ビニール傘がやたら増えていくのが嫌だなぁと感じ始めた数年前。ふと、長傘って必要?と思い始め…いらないじゃん!と強く思い、自分の傘はマリメッコの折りたたみ傘ひとつだけに。
去年、その傘をさして外出中に突如壊れ、駅ビルにはいっている靴と傘の修理スタンドに持ち込んだところ、修復不可能と言われ、雨はやみそうもなく…ってことがあり、とりあえずの傘を買おうかとも思ったのだけど、いや、とりあえずのモノを家に持ち込みたくないわと、駅から5分ほど雨に打たれながらマリメッコ路面店に行き、速攻買いなおしました。
なので、今現在も所有している傘は自分にとってお気に入りのマリメッコのみです。

【柔軟剤】
何年か前は絶対的必需品だった柔軟剤。
あるとき、詰め替え時に化学変化を起こしたのか、ものすごく変な匂いになってしまい、それ以来使うのをやめてみたところ、ぜんぜん困らなかった!
柔軟剤絶対主義だったときは家族もイイ香りだね~と喜んでいたから、やめたらきっと不満が出るものと思っていたのに、皆、あっさり香りなしの生活に慣れちゃいました。
そういえば、最近はテレビでもあまり柔軟剤のCMを見なくなったような?…いや、テレビ自体、見る時間が減ったので、そのへんは不確かですけども。

| | コメント (4)

«一年間一年後のことを考えてみる