ショーン・タンの世界

D2409851829a4a438b2077f40f3cedfc

先月、ちひろ美術館へ「ショーン・タンの世界展 」に行って来ました。

B8280e10d7eb4930ab0f985890b49dcc

絵本作家のいわさきちひろさんの住居兼アトリエの跡地に建てられたちひろ美術館は、東京の西武新宿線・上井草駅下車数分という立地。

私の住まいからはバスで30分くらいの住宅街にあり、途中、畑もけっこうあったりして、こんなのどかなところで、あのショーン・タン展が?・・と、思わず思っちゃいました(笑)

3b39a72c83dd491d88baf5360e9681b1

美術館は、中庭を囲むように棟があり、図書室やカフェコーナーも充実していて、長居したくなる居心地の良さ。

F03b7f0cd97344cd8ff10d9235d5878c

ショーン・タン展もよかったし、美術館自体も楽しめました。

企画展が終わっても、絵本を読みに、また行きたい場所です。

| | コメント (0)

メルカドごはん

Cm1

メキシコはメルカド(市場)がそこかしこにあり、写真↑のCIUDADELA(シタウデラ)は民芸品の巨大市場。

↑この塀の中に100以上のお店があります。

Cm2

当初、メルカドでメルカドバッグ(荷造り用のビニール紐で編まれたバッグ)や、刺繡が施されたクロスなどを買おうと楽しみにしておりました。

が、刺繡の布は、なかなか高価だし、メルカドバッグは色合いがキッチュで、いえ、メルカドバッグはそのキッチュさが魅力なんですけど、はて、日本に持ち帰ったところで出番はなさそうと買わずじまい。

旅の思い出は、お土産というモノではなく、ホントに「心に残すだけ」というミニマリスト思考に染まってしまった今日この頃ですが、シタウデラ市場、魅力的な場所ではありますので、ご興味ある方はコチラをどうぞ

Mercado1

さて、巨大民芸品市場シタウデラのそばに、サンファン市場(Antigo Mercado de San Juan)という食材のメルカドがあります。

新鮮な野菜や肉や魚介類の店の前にカウンター席が設けられており、市場で売られている食材をその場で調理してくれます。

Mercado4

まずは、ボイルされたエビとカットされた野菜のマリネをオーダー。クラッカーもつけてくれます。↓

Mercado3

↓帆立のような二枚貝を食べている人を見て、私も同じものをと追加注文したところ、またマリネっぽいやつでした~

てっきり焼き貝だと思って頼んだのですが、言葉の壁に見事、阻まれました(笑)

Mercado2

このメニューには白ワインでしょうとワインを頼んだところ、市場内の酒屋さんがワインボトルを持って走ってきて、「これでいい?」的なことを聞かれ、そのチョイスしてくれたワインはとても美味しかったのですが、もし「それじゃない」なんていう客だったら、また走って、別のボトルを取りに行くのかしら~?などとぼんやり思いました。

その日のメルカドごはんはけっこうな量で、完食できなかったので、テイクアウトにしてもらい、そのまま散歩して公園で本を読んでいたら、日本語を勉強しているという地元の青年に話しかけられました。

今回の旅では、wifiレンタルしたおかげでGoogle翻訳に頼りっぱなしで、日本から持ってきた「旅の指さし会話帳・メキシコ」という本をほとんど開かなかったことを思い出し、彼によかったらどうぞと差し上げたところ、「イクラデスカ?」というので、いえいえ差し上げるんですと言ったら、ラテン系とは思えないほど恐縮してました。

迷惑なのかなと思ったら、とても喜んでくれていて、お礼に植物園などを案内してくれるというので、地下鉄で移動したところ、乗り換えのときに、まったく知らない人が、市場でテイクアウトしたメルカドごはんを指さし、何やら話しかけるのです。

日本語勉強中の彼(名前が覚えられなかったので仮に青年Aくんとしよう)が訳してくれたところによると、「それ、食べないなら、ちょうだい」とのこと。

持って歩くのが面倒になっていたのもあり、どうぞと渡すと、にっこり笑って受け取っていきました。

青年Aくんに「知っている人?」と聞くと、「知らない人だよー」と事も無げに言ってましたが、日本では絶対あり得ない出来事に遭遇した瞬間で、なんかすごく心に残っています。

さて、青年Aくんに植物園を案内してもらい、次にチャプルテペック城に向かったのですが、閉館時刻で入館できず。

まだ明るい空でしたが「ありがとう。サヨナラ。」をいうタイミングとなり、一期一会を感謝しました。

| | コメント (2)

CASA LUIS BARRAGAN

Lb1

メキシコシティで一番楽しみにしていたのはバラガン邸(CASA LUIS BARRAGAN)へ行くこと。

メキシコ人建築家であるルイス・バラガン氏設計の建造物は、シンプルなモダニズム建築がベースでありながら、ピンクや黄色など大胆な色使いの壁や、庭の木々や室内に水を張った空間などを取り入れられ、斬新でありながら住まう人がくつろぐことを第一に考えられた居心地の良さが、多くの人を惹きつけているらしい…

といっても、私がルイス・バラガンを知ったのは、メキシコへ行くことが決まり、メキシコ関連のあれこれを調べてから。

図書館でバラガン邸など彼が設計した建造物の写真集を借り、絶対見に行く!と強く決意し、日本からネットで見学の予約を入れたのでした。

 

Ib15 

さて、バラガン邸。

噂には聞いてましたが、住宅街にあるそこは、うっかりすれば通り過ぎてしまいそうなほど、何の変哲もない外観↑

各国からの見学者らしき人々がいたので、「CASA LUIS BARRAGAN(バラガン邸?)」と聞くと、皆、「うん、ここで間違いないよ。わかりづらいよね」みたいな笑顔でうなづき合う。

Lb

しかし、一歩、中に踏み入ると、床や壁の材質、光の取り込み方など、そこは間違いなくバラガン氏の空間!

Lb6

リビング、アトリエ、図書室、ダイニング、寝室などに置かれた家具はどれもシンプルで、居心地、間違いなくよさそう。

Lb11Lb10

Lb8

これ!この窓!(写真下)

ガラスの窓の内側に採光を調節する扉のようなものがあってね、開ければ溢れんばかりの光だし、閉じた状態では十字架も様な隙間から、優しく光がこぼれだす。

4枚の扉の1枚だけ開ければまた違った表情の空間となるのが面白い。

Lb12

↓この十字架も遊び心とセンスが感じられ、好きでした

65a25252a6c743fa8d02bfab9d8b5803

庭は、ほとんど手を入れていないんじゃないかなと思わせるほどナチュラルで、窓越しに深い緑の木々を眺めると、部屋との調和がしっかりとれたいて、いつまでも、そこに居たくなりました。

Lb9

↓水が張られた中庭。土の容器はメスカルというメキシコのお酒を貯蔵する容器で、オブジェのように配置されてました。

コンクリ剥き出しの高い壁、上から伸びてきた蔓性の植物、水、土器。

Lb14

そこから室内に入る扉は鮮やかなピンク

Lb15

 

シンプルな部屋でありながら、こういうピンクの食器棚の空間も現れたりして、でも、それは見事に溶け込んでいて違和感を感じないの!

Lb5

↓屋上のピンクは、蛇口までも染めれれておりました。Lb3

バラガン邸の外観からは、はまさか屋上がこんなにカラフルだなんて想像つかなかった。

見に行けてよかった~!

 

Lb2  

ヘルシンキのアアルト邸に行った時くらい嬉しい体験となりました☆


| | コメント (2)

口コミよりずっと良かったホテル

Ho1

オアハカからメキシコシティへは国内線フライトで1時間ほど。

ホテルは、場所と値段の安さで決めたので期待していなかったのだけど、ドアを開けたとたん、きゃぁ!ここ好き!って思いました。

Ho2

古いけれど掃除の行き届いた広い部屋。ぎしぎしと鳴る年代物のフローリングすら愛おしく、なんといっても、両開きの高い窓と、そこから見える街路樹の緑で、ここに来れて良かった!と思ったのです。 

Ho4

ダブルサイズのベッド側の黄色い壁も好き。 

Ho3

↑大きくて重たい革張りの椅子を窓側に運び、外を眺めながら本を読んだりビールを飲んだりも最高でした。

 Ho6

↑水回りのクラシックな洗面台もお気に入り。

ホーローの洗面台や蛇口が年代物でいい雰囲気なの。

↓クラシックな雰囲気は窓の桟やガラスの模様などからも感じられ、あーここに住みたい!って強く思っちゃったほど☆

Ho8

 ↓の写真は窓から見た外の眺め。

ホテルの正面は賑やかな通りに面しているのだけど、私の部屋は、静かな通り。人々が並んでいるのはメトロバス乗り場。

このメトロバスは30ペソ(180円)という安さで空港にも行けるのですが、チャージするカードを作らなくてはならないので私は利用せずでした。

 

 

Ho10

メキシコは地下鉄も安くて、改札を出なければ乗り換えしても5ペソ(30円)。メトロはたくさん利用させてもらいました。

もっとも、タクシーもお手頃価格。日本では料金加算が怖くてなかなか乗りませんが、メキシコではタクシーも気軽に利用しました。

 

さて、↓はこのホテルの中庭です。

Ho9

メキシコのこういった中庭を囲むように部屋がある建造物は、スペインのと似てる。

スペイン人が持ちこんだ文化なのでしょうね。

 

| | コメント (2)

オアハカチーズと屋台のモーレ

Oa2

オアハカは、色褪せたカラフルな建物も魅力的だけど、サボテンと教会の組み合わせにも心奪われました。

スペイン人侵略の歴史があるから、西洋文化であるキリスト教や洋風建築は当たり前のように根付いているのだけれど、旅行者の私からすると、とても不思議な組み合わせでした。

Oa1

さて、オアハカ第一日目の朝は、地元の人々がひっきりなしに買いにくる公園の屋台にて、身振り手振りで「あの人と同じものを」と注文(↓画像)

Oaxaca3

これはタマレスといって、トウモロコシの粉と具をまぜバナナの皮に包み蒸したもの。

なんか黒いのはモーレというチョコレートベースのソース。甘くはなく、いろんなスパイスとチョコが混ざり合った、初めての味でした。

タマレス自体もさほど美味しいとは思えずで、色々な種類と組み合わせがあるらしいのですが、その後はチャレンジしませんでした(笑)

 

Oaxaca4

ちなみに、オアハカではバナナの皮ですが、他の地域はトウモロコシの皮をつかうそうです。

トウモロコシの皮は、料理だけでなく、ドアや窓の飾りでもよく見かけました↓

Oaxaca2

あれ?今この記事を書きながら思ったのだけど、この飾りの材料はバナナの皮かもしれないぞ??

どっちだかわかりませんが、こんなふうに布と組み合わせた華やかな飾りもありました↓

Oaxca1

さてさて、オアハカ名物といえば、オアハカチーズ。

太いひも状のチーズを毛糸玉のようにぐるぐる巻いたので、市場で売られていました。

手のひらよりも大きいサイズで、みっちり巻かれているからけっこうな重量感にもかかわらず300円くらい(安い!)

Oaxaca5

日本で売られている「さけるチーズ」のもとになったものだそうで、手でさいていただきます。

Oaxaca6

買った当初はモッツアレラのように淡泊でしたが、日にちがたつにつれ、発酵が進み(気温30度前後なのに冷蔵庫のない部屋だったからだろーな)、味が深まってくるとかなり私好みになりました。

が、匂いも強くなってきたのでオアハカからメキシコシティに移動するあたりで処分。

美味しかったのに残念。帰国日前日くらいに入手しないと日本に持ち帰るのは難しい食材です。

| | コメント (2)

いつも助けられている!

Montealban2

 

メキシコの人種構成はメスティーノ(インディオとスペイン人の混血)が60%、先住民(インディオ)が30%、白人9%、その他1%という割合だそうです。スペインが植民地支配をした時代を経て、今ではなんと半数以上が混血というのは、ほぼ単一民族の日本人の私としては実に驚くべきことでした。

今回の旅は、オアハカとメキシコシティという二つの場所を訪れたのですが、オアハカは、いくつもの少数民族が暮らしている地域だそうです。

色褪せたカラフルな街並みも魅力的なオアハカは、街から離れた場所に、各少数民族の村があり、刺繡や織物、陶器や銀製品などの工芸品も有名です。

市場では、カラフルな工芸品がたくさん売られていたのですが、ここ数年来のミニマリスト思考のせいか、購入には至らずでしたが。

オアハカにはピラミッドなどの遺跡があるモンテ・アルバンという世界遺産もあります。

当初、バスで行く予定でしたが、ホテルのロビーに、モンテアルバンを含む4か所をめぐる現地ツアーが220ペソとあったので、速攻、申し込みました↓

 

Montealban

1ペソ約6円ですから、1,300円ほどです。

途中、メキシカンレストランでのランチビュッヘの10ペソ(600円くらい)は別料金ですが、10時から夕方4時くらいまでのツアーでこの値段。メキシコは物価が安いです。

Montealban1

さて、当日、ワゴンのドライバーが各ホテルまでピックアップしてくれるのですが、次々と乗り込んでくる人々は各国からの旅行者。

ガイドはスペイン語で、まったくスペイン語がわからない私にはチンプンカンプン。

もっとも英語ガイドでも30%くらいしか理解できないけど、スペイン語はマッタクワカリマセン(笑)

この状況、さすがに、ちょっと辛いなーと思い始めた時、日本語で話しかけられたのです!

え?と振り向くと、同じツアーの3人家族の方で、なんとメキシコで暮らす日本人だったのです。

ワゴンの中では、ガイドさんがそれぞれに話を振ってくるのですが、みなさんスペイン語で返答していたし、アジア人の顔立ちのご家族も、きっと原住民の方だろうなーと思い込んでいたのです。(うん。原住民と日本人は割と似てるのですよ)

Montech2

おかげで、モンテ・アルバンでもクリッパン(↑教会の遺跡)でも、民芸品の工房でも、孤立感を味わうことなく過ごせたのです。

Montech1

いえ、孤立感は、まぁいいのです。スペイン語ができないのに、このツアーを選んだのは自分なわけで、私としてはバスやタクシーを使うより効率的だからとチョイスしたのです。

むしろ、親切なガイドさんが、スペイン語で解説した後に、他の参加者を待たせて、私のためだけに英語で話してくれることが、炎天下の中(遺跡って日影がないのです)ゆえ、申し訳ないなーと思ったりしてたから。

現地に住む日本人家族のおかげで、ガイドさんに「彼らは日本語ができるから、私のためだけに英語を使ってくれなくて大丈夫です」と伝えられ、心が軽くなりました。

メキシカンレストランでも同席させてもらい、食べなれないメキシコ料理を解説してもらったり、楽しい時間でした。

Montelunch

あのね、よく海外で、ピーンチ!って事態に遭遇しても、いつも誰かがそっと現れるんですよー

なんか、昔、CMで、通りを歩いているといろんな災難降りかかってくるのだけど、その災難は通り過ぎた後だったり、直前の一瞬手前くらいで回避できて、本人全く気が付かずに、歩いていくという映像なのだけど、ワタシはそれをよく思い出し、自分に重ねるのです。

なんだか、いつも、助けられているなと。

| | コメント (2)

不具合のお知らせ。

Funy

ココログ(このブログ)のリニューアルから数か月たつのですが、未だ不具合が続いております。

コメントが受け付けられなかったり(設定上は海外からのコメントも受け付けられるようにしたのですが)、受け付けられたとしても表示されなかっり・・・

せっかくコメントくださったのに、反映されず、がっかりしちゃうかもしれませんが、ココログのリニューアルが落ち着くまで、しばしご迷惑をおかけします。ヨロシクお願いいたします。

| | コメント (0)

その色合わせのセンスときたら!

Fl10
私のメキシコへの憧れはなんといっても「色褪せたカラフル」で、一番の目的は、その街並みの色使いを見てみたかったから。
その期待は裏切られることなく、多くの色とその組み合わせを見ることができてシアワセでした。
このカラフルな色づかいは、メキシコの気候や植物とも密接な関係があるだろうと推測するのも楽しく、日常、白・黒・グレーしか身近に置きたくない自分なのだけど、いや、だからこそ、旅先では自分では思いつかない色の組み合わせを浴びたい気持ちになるのでした。
Fl8
メキシコといえばサボテンで、通りの植え込みなんかにもサボテンがアレンジされていたりするのも(↑)、旅行者の目には新鮮なのだけど、花々も見事で、艶やかな花をつけた大きな木々をそこかしこで見れたのも、衝撃的喜び。
Fl2

↑高ーい樹木の先咲いたショッキングピンクの花。

↓落ちていた花はこんなんで、手のひらほどの大きさでした。

Fl3
そのほかにも赤や黄色や紫やピンクの花々が、壁の色に競うように咲き誇っておりました。
Fl6
なおかつ、窓やドアには宗教的なものなのか、トウモロコシの皮が素材の花が飾られていたり
Fl7
本来なら色の多さでうるさくなりそうなものなのに、かえって魅力倍増しているメキシコのセンス。素晴らしい体験でした♪
Mex

| | コメント (3)

インフルでした。(帰国後2日目で…)

Mex1

平成最後の日に成田から向かったメキシコは、超良かった!最高でした。

とんでもなくカラフルに彩られた壁の色落ち具合とか、教会とサボテンの組み合わせとか、私が夢見ていた通り。

一期一会の出会いも一人旅史上最多で、楽しいエピソードがたくさんできました。

あと、今回、初めてwifiレンタルを利用したのですが、超便利!

フリーのwifiのみを探し求めていた今までの旅と比べ、どこでも繋がる便利さに感動。マップもネットも使いたいときに使えるってほーんとストレスフリーです。しかも、値段も安い。今までなに我慢してたんだろうって強く思いました(笑)

さて、タイトルにもありますが、ワタクシ、連休明けの7日に帰国、8日から出社したのですが、9日の夕方から、のどの痛みと高熱が始まり、ふらふらになりながら医者へ行くと、A型インフルエンザに罹っておりました~

長期休暇後、すぐインフルで、またも休むという、職場に迷惑かけっぱなしな日々を経て、本日やっと復帰しました。

自宅にPCがなく、このブログは現在スマホではアップできないため、だいぶご無沙汰となりましたが、また、どうぞよろしくお願い致します!

 

| | コメント (4)

松庵文庫

2019shoan1

あまりにも天気の良い休日。

出先で、ふと思いつき、以前より行きたいと思っていた場所に足を運んだ。

その名称もうろ覚えであったものの、スマホ片手にてくてく住宅街を歩き、うっかり通り過ぎそうになったのは、決して目立たないからではなく、周りとしっくり馴染んでいるからこその佇まいのなせる業。

2019shoan3

 

築80年の住宅を改装し、カフェやギャラリーとして再生され「松庵文庫」と名付けられたそこは、たくさんの人々が訪れておりました。

2019shoan4

カフェは10数人待ちで、ショップの品々をゆっくり見たり、丸椅子がたくさんある2階のスペースでカフェの順番を待っていてもよいとの事だったので、待つこと自体は苦にならず過ごすことが出来ました。

2019shoan5

2階は畳敷きで昔ながらの姿をとどめており、木枠の窓や小さ流しも可愛らしく、窓を開けると南側の庭に大きなツツジの木が見えました。

2019shoan6

しばらくするとカフェの順番が回ってきたので1回に降りると、歳月を感じさせる木の床の、各コーナーに配置された椅子やテーブルやソファも年代物で、ああ、いい場所(くつろげて懐かしい)だなぁと、心が気持ちよかったです。

松庵文庫という名のとおり、背の低い本棚から気に入った本を選び、ジンジャーシロップのお湯割りを飲みながら数冊ほど読み、とてもいい時間を過ごしました。

2019shoan2

 

| | コメント (0)

«どうやら咲く気がないらしい