ROMAだけど、そこはメキシコ。

Roma

アカデミー賞などたくさんの賞を受賞した「ROMA」

映画館での公開ではなく、Netflixでの配信で受賞したというのも非常に驚いたのですが、その舞台が、なんと、イタリアではなくメキシコと知り、これは是非とも見なくては!と強い意志で思ったのには理由があります。

あのね、今年のGW、メキシコに行くのですよ!

しかしなんでメキシコが舞台なのにタイトルがROMA?と当然の疑問がわいたのですが、それは、メキシコシティの中の地域で「ローマ地区」というのがあるのだそうです。

メキシコシティにも三泊するので、そちらの地域も散策したいなと思い調べると、東京でいうと代官山や原宿のようなモードやアートの発信地みたいな感じらしい。

で、色々調べるうちに、なんと、3/9からイオンシネマで上映と聞きつけ、早速、観に行ってきました!

メキシコ人であるアルフォンソ・キュアロン監督が、1970年代のメキシコを舞台に、とある中産階級の家庭に訪れる激動の1年を、若い家政婦の視点から描いた作品で、あとでじわじわくるくる感じの映画です。

モノクロで撮られた映像はほんとに美しかった。
こういうのを、映像美というのだろうなと心の奥底から思いました。

ストーリー展開としては、1970年代のメキシコは政治的に大揺れな上に大きな地震もあるのですが、そういった史実を背景に、わりと淡々と進んでいきます。

中産階級の家族と、オアハカから来た若い家政婦クレオの暮らしぶりを、主人と家政婦といった対照的な視点でとらえ、ときには主人からキツイことを言われたリするのですが、4人の子供たちもその母親や祖母の彼女に対する愛情がきちんと伝わってきました。(正直、上から目線の愛情だけど…それでも彼女を愛しているのは間違いない)

Mx1_2

さて、メキシコに行くにあたり、メキシコ関連の本を4.5冊読んでます。

写真はその一部で、フィガロジャパンはアマゾンの中古を入手。

カーサ・バラガンという本は、ルイス・バラガンというメキシコの建築家の建造物の写真集です。
メキシコシティにあるバラガン邸見学をネット予約しました(事前に予約しないと入れないのだそうです)

あとフリーダ・カーロ博物館のチケットも予約したほうがいいらしいと小耳にはさんでいるものの、まだ5月の分は受け付けてなさそう。

Mx2

そうそう、メキシコ旅行の準備として、ESTAもネットでとりました。
行きはメキシコシティの直行便なのですが、帰りはアメリカのヒューストン乗り継ぎがあり、たったの1時間半の乗り継ぎ時間にもかかわらず、アメリカ合衆国へ入国・通過する者はESTA必須なのだそうです。

そのほかの手配として、オアハカの到着が夜遅くなので、ホテルへ、空港からの送迎依頼を英語でメールしたところ、うんともすんとも返事がない。

2週間後、スペイン語の翻訳ソフトで変換して送ったところ、速攻返事が来ました。
そっか、ホテルなら英語が万国共通なんてのは、勝手な思い込みだわーと学習いたしました。

ちなみに、今年のGWは10連休で、どこへ行くのも高いので、あきらめかけたのですが、上司に「一日帰国日をずらすだけで、8万円もフライト代が安くなるのです~」と泣きついた結果、「え!8万も違ってくるの?!」と、驚かれ、有給、延長していただきました!
ありがとうございます!です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かえどき。

Balmuda_2

先月、湯沸かしポットが壊れ、新たに購入しようと大手家電量販店に行くと、魅力を感じる製品がない。

「なんか、どれも欲しくないなー」「私が一人暮らしなら間違いなく、いらない家電だよなー」と思ったところで、ミニマリスト的思考になったとき、ヤカンがわりのホーローのポットも処分しちゃってるので、家族のために、お湯を沸かすための何かは必要。

ふと、湯沸かしポット売り場の隣を見ると、保温せず、お湯を沸かす機能だけの電気ケトルがずらりと並んででいる。

むしろ、電気ケトルのほうが種類が多いくらいで、あれ、もしかしたら昨今は、電気ケトルのほうが主流になってるのかもと思ったり。

実際、夏場は保温機能って無駄だよなーとか思ってはいたの。

さっそく、デザイン的に一番気に入っているBALMUDAの口コミなどを調べ、さらには、某カードのポイント交換アイテムの中にあるかもと調べると、ビンゴ!ありました!

そして先日、届きました。
ポイントだけで入手できたのは間違いなくうれしいけれど、お金を出しても、やっぱこっちのほうがいいわー(笑)

家族それぞれ、使いたい分だけのお湯を沸かす方法に移行した我が家。
すぐに沸くし、使いづらさは全くありませんでした。

家電でも、モノでも、慣れ親しんだモノが壊れた時は、習慣を考え直すチャンスでもあるのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熊と牛

20190214

バレンタインに美味しい美味しい八丈島のプリンが送られてきました。(SHINOさん、THANKS!)

あまりの美味しさに、届いたその日に完食。

美味しい上に空きビンも可愛いので、育成中のチューリップの水栽培を移し替えました。

20190214b

ところで、後ろの牛さんの写真に気づいていただけたでしょうか?

送られてきたプリンの箱に入っていた八丈島乳業株式会社のフライヤーです。

八丈島の自然と牛さんたちの表情が気に入ったのでポスターのように貼ってみました。

20190214c

さて、今日の記事のタイトルは「熊と牛」で、牛のほうは美味しいプリンの材料である八丈の牛さんのこと。

熊については、先日、義母から聞いた子供の頃のお話で、ずいぶん可愛らしいエピソードだったので記録しておきたいと思いました。

20190214a

現在84歳の義母の、何十年前に亡くなったお母さんの名前は「熊」というのだそうです。

なぜ女の子に熊と名付けたのかはわかりませんが、その頃は流行ったのかもしれないし、特別な意味があったのかもしれません。

が、娘である義母は、お母さんの名前が「熊」というのが、恥ずかしくて恥ずかしくて嫌だったそうです。

義母が小学校に入学したばかりの頃、先生が、「明日は両親の名前を発表してもらいます」と言ったそうで、家に帰るなり、父親の胸をたたきながら

「なんで熊さんなんて女の人と結婚したんだ!明日、みんなの前で、お母さんの名前を言わなくちゃいけないなんて、恥ずかしくて嫌だ!」と泣きながら言ったそうです。

すると、お父さんは、「熊さん、美人だったんだ」と答えたそうで、私は「きゃー素敵じゃない☆」と、思わず義母に言ったのだけど、当時の義母は、そんな答えもうれしくなく、ただただ、明日の発表が嫌だから学校へ行きたくないと訴えたそうです。

義母の両親は、先生にそのことを伝え、先生は「明日のことは心配しなくて大丈夫よ」と言ったそうで、翌日、義母はドキドキしながら学校へ行ったそうです。

クラスメイトが次々に両親の名前の発表を行い、とうとう、義母の番になりました。

「お父さんの名前は文次郎、お母さんの名前は・・・」と言いかけると、すかさず先生が、「おかあさんの名前は、くーちゃんよね!」と言ってくれたんだそうです。

義母は、心からほっとしたそうです。

認知症が進み、5分前のことは忘れてしまい、生活に支障がある現在の義母ですが、子供の頃のそんなエピソードを話してくれるようになり、私は、全く知らない義母の小さい頃の面影をみているような、温かい気分になりました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

去年の球根物語

201902kyukon

先月、ふと思い出し、しまっていた球根を見てみると、すでに芽が出ていたのでびっくり!

その球根は、去年のチューリップの水栽培↓のもの

2018tyu

植物を枯らすことにかけては定評のあるワタクシ、いつもなら、花が終わるとあっさり処分していたのだけど、去年は何故だか、球根の保存の仕方を調べてみる気になったのでした。

すると、葉や茎を切り、暗いところに放置するだけという手軽さ。
ものは試しと、保存してみたわけです。(といっても、ほぼ忘れていたのです)

で、何の気なしに物入を片付けていた時に、去年、球根を保存したことを思い出し、袋から出すと、すでに芽が伸びている!

本来なら、暗いところで放置後、まわりの茶色の皮をむき、冷蔵庫に入れ、根が出るのを待つという工程らしいのですが、すでに芽が伸びちゃっていた、この球根たち…

生存確認を目の当たりにしちゃったわけですから、あわてて、水を入れた容器に挿し、冷蔵庫に入れました。

すると数日後には、ちゃーんと根が伸びてきてくれたので↓

201901kyukon

冷蔵庫から出し、玄関の棚の上で見守ることに↓

201901kyukon3

ガラス越しの陽の光にあてると、すぐに白っぽかった茎はグリーンになり、ぐんぐん伸びてきました↓

Kyukon_2

花、咲くのかな?
毎日どきどきしながら見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれの好み

201901b

我が家の1階は日当たりが良いとはいえないのだけれど、短い時間、不思議な角度で光が差し込み、心地よく感じられるときがある。


201901a

チャンプも無防備になる時間


210901c

さて、このクッションふたつ。
一目で気に入り、自分のための誕生日プレゼントにしたのだけれど、なんと、これを見た夫の一言が「キモイチワルイ」だったので、テンション下がりまくりでした。

210901d

ロープで編まれているから、オールシーズン使えるし、なんてウキウキしながら買ったのになー

でも、娘と孫娘は「かわいいじゃん!」って言ってくれたので、夫の感性は無視することにした!(ワタシは世の中のオジサンのセンスは信じない傾向があります・笑)

210901f

ところで、たいがいの猫は箱好きだし、隠れることができる箱を用意してあげるのがいいよ、なんて情報もよく聞くので、こんなのを作ってみたのだけど・・・

210901g

やはり、うちのチャンプは入らない。。。。

人間も猫も、好みはそれぞれなんだよねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めずらしい

1901nail

ネイルデザインを選ぶとき、たいていは服に合わせやすいワンカラーなのだけど、今回はイエローのフレンチに。

私にしては、かなり、..めずらしいコト。

一年の中で一番寒い今頃は、冬にあきてくる頃で、春らしいものに惹かれるのだと自己分析しいる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

力技。

190118a

テレビの下に複数の箱があるでしょう?

これらの箱は、宅配おせちの3年分の白木の重箱。

五段重ね×三年分のうち、テレビ下に丁度収まるよう、12箱とふた3つを使用。

中には文具など入れているのだけど、深さ5㎝ほどの重箱は、入れるモノの高さが限定されるので、案外使いづらかったので、今年は改良。

箱の底を取り除き、二段分、三段分の高さにしてみました!

190118b

やり方は、底面の周囲をカッターを差し込み隙間をあけ、手のひらで強く押すという力技なので、真似される方はどうぞ自己責任でね。(って、真似する人いないか!笑)

ちなみに、側面も多少はずれたりはするけれど、接着剤で修復可能な程度。

底を抜いていない箱に、底のない側面だけの箱を積み重ね、接着剤でくっつければ、二段分、三段分の高さの箱になるわけです

(↓写真参照。左のポスターカラーと筆が入っているのは二段分にした箱。真ん中の奥のテープ類が入っているのが三段分にした箱で、手前が元々の箱です)

190118c

↓普段はこのように配置していますが、

190118d

↓必要な箱だけ持ってきて、作業します。

190118f

難点は、重ねた状態だと中身がわからないこと。

デザイン性があるシンプルなラベルを考案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有り合わせで飾り付け




新年二日目は駅伝を観ながらおせちをつつきました。



おせちは例年通りネット注文ですが、伊達巻きは昨年より娘と孫娘作。
市販のより美味しいので今年も作ってもらいました。



さて、室内のお正月の飾りつけ、家にあるものだけでアレンジしてみました。

鏡餅にのせたみかんに見立てたものは、孫娘のスーパーボールに葉っぱをつけたもの。

吊るした金と赤の折鶴は、クリスマスの飾り付けに使ったチョコレートの包み紙(↓クリスマスのときの写真)



白の折鶴も欲しいねという事で、白い紙を探した結果、孫娘の算数のプリントでいいやとなりました。
つまり、鶴の内側は計算問題がビッシリな状態です^_^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平成最後の元旦




あけましておめでとうございます。
2019年のお正月、ひっそりと迎えております。
紅白歌合戦も何十年ぶりに最初から最後まで観ましたところ、あれ?紅白って、けっこう楽しいじゃん?と少しだけびっくりし、これまでの思い込み(紅白なんかつまらない)を見直す機会となりました〜

今年も皆さまにとって良い年となりますように!

あ!写真の水引の正月のお飾りは一昨日作りました。

紅白の水引で作ろうとしたのですが、100円ショップに買いに行ったら、すでに紅の水引は売り切れ、仕方なく白とシルバーにしたところ、我が家のドアの白と同化して、インパクトに欠けるお飾りとなりましたが、ま、それも悪くないなと思う今日この頃です。

今年もどうぞよろしくお願いします〜^_^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デニムのリース



今年の玄関リースは、いろいろな色合いのデニムから、葉っぱをたくさん作り配置した娘の作品。

ひとつひとつ葉っぱをつくる、大変だったろうなー

でも、きっと作るのが楽しかったんだろうなー

ここ何年も、何かを作ることをしなくなった私は、作ることに夢中になれた頃のことをぼんやり思い出してみたり。

モノづくりの情熱の落差に我ながら驚いてしまう。

今は、何かを作るために材料を所有することことが億劫になってしまった。

それでも、たまに裾上げをしたり、ボタンをつけたりした後は、なんとなく楽しい時間を過ごしたような気になる。

うん。今の私にはそのくらいの針仕事が丁度いい。

誰に見せるでもなく、ひとりで楽しむ手仕事が。
 

さて、娘の作ったデニムリースに話を戻そうっと。




ロゴがプリントされたレーザーパッチや↑

リベット(ジーンズのボタン)もアクセントになってますね↓
 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ボヘミアン・ラプソディ